Logo家電BOAT
アイロンの寿命や耐用年数は何年?コードレスは?買い替え時期も紹介

目次

アイロンの寿命について

日々、使用するアイロン。
ある日、突然壊れてしまったりしたら、困ってしまう方も多いのではないでしょうか。
修理するべきなのか、それとも、新しいのに買い替えるべきなのか。悩んでしまいますね。
そこで、アイロンの寿命は何年くらい?買い替え時期はどうなの?耐用年数はどのくらいなんだろう?コードレスのアイロンとコード式のアイロンでは寿命は違うの?などについてや、アイロンの寿命を延ばすにはどうしたらよいのか、メンテナンスの方法や捨てる時の注意点まで、いろいろとアイロンについての疑問を解説していきます。

アイロンの寿命/耐用年数は平均何年?

アイロンの寿命ですが、実際どのくらいなのでしょうか?
5年で壊れた方と言う方がいれば、10年で壊れた、と言う方もいらっしゃいます。
日々の使用頻度で違ってきますので、一概に言うのは難しいですが、アイロンのタイプによっても違ってきます。
メーカーが部品の保有期間として定めている期間は5年です。ただしメーカーはもちろんたくさん買い替えてほしいと考えているためこの5年よりも少し長い6〜7年が寿命であると考えるのが妥当でしょう。

ドライアイロン

アイロンのタイプでは一番シンプルで古いタイプになります。
構造がシンプルなだけに、長持ちします。使用頻度の多い方でも10年以上使っている方は多いです。

スチームアイロン

スチームを布に吹きかけて、シワをのばしていくのが特徴なので、水を入れるスチームタンクからスチームが出てくる穴までのどこかで目詰まりをして壊れてしまう、ということもあります。
7年以上が寿命の目安です。
ただ、しっかりとメンテナンスをしながら使用すれば、10年以上使っている方もいらっしゃいます。

コードレスアイロン

コードがないため、取り回しのよいコードレスアイロン
内臓されている電池の寿命がアイロン自体の寿命になることも。
よほど日々の使用頻度の多い方では、5年くらいで使えないくなる場合もありますが、7年が目安になるでしょう。

アイロンの寿命の症状や目安

症状① 電源が入らなくなった。

スイッチを入れてもランプが点かず、もちろん暖まらない。
単純に断線しているか、スイッチ部分、マイコンの不具合かもしれません。
      

症状② 暖まらなくなってしまった。

電源は入るが、暖まらない。
アイロンの温度調整には、サーモスタットという部品が使われています。サーモスタットの寿命の可能性が高いです。

症状③スチームが出なくなった。

スチームの出口からアイロン内部のスチームの管部分までのどこかが目詰まりを起こしています。

症状④アイロンのかけ面のコーティングが剥げてきた。

よっぽど古いアイロンでない限り、アイロンのかけ面はフッ素樹脂などのコーティングがされています。
このコーティングが長年の使用、または傷がついたりしますと、だんだんと剥がれてきます。
こうなりますと、すべりが悪くなり、アイロンの使い心地は悪くなりますね。
もう完全に寿命です。

次のページ : アイロンの寿命が縮む原因
前へ
1 / 4次へ

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

このカテゴリのおすすめ記事

スポンサー

この記事に似ている記事

スポンサー