体温計の寿命や耐用年数を紹介!電池やテルモ、水銀体温計の寿命は?

目次

体温計の寿命について

体温を知るために毎日使う人や風邪かな?と思った時や風邪を引いた時などで使用する体温計。

頻繁に体調を崩すわけでもないので、使おうとした時に体温計が壊れていたりしますよね。

毎日体温計を使用している人でも、体温計の寿命や前触れは把握していないものです。

病院に行くとなっても、熱が何度あるのか、が分からない事には行くのを躊躇ってしまいますよね。
ですので、体温計はとても重要だと言えます。

また、体温計の寿命や耐用年数が分かれば、予備の体温計を購入しといたり、とできますよね。

ですのでこの記事では、体温計の平均寿命と平均耐用年数、水銀体温計の寿命、体温計の電池の寿命、体温計の寿命の症状や目安、体温計の寿命が縮んでしまう原因、体温計の寿命を長持ちさせる方法、体温計の処分方法、寿命が長いおすすめ体温計、をご紹介したいと思います。

体温計の寿命や耐用年数は平均何年?

テルモ

約1.5年~約5年。

体温計の種類により短いのもあれば長いのもあります。

また、電池が交換式の場合は、体温計の寿命は長くなります。

引用元:テルモ

オムロン

体温計の種類により異なりますが約3年。

寿命や耐用年数が3年よりも短いものもあれば、3年以上の寿命を持つ体温計もあります。

シチズン

体温計の種類により寿命や耐用年数は異なりますが、だいたい約3年です。

1日3回、1日10分使用の場合です。

ですが、モニター電池は3年以下で消耗する場合があります。

引用元:シチズン

水銀体温計の寿命はどのくらい?

体温計 寿命 耐用年数

ガラスの管の中に金属水銀が入っているもので、管の中の水銀が熱膨張して体積が増える、ということを利用して温度を測ります。

水銀が使われていることから、取り扱いには十分に気をつけないといけません。

今は、電子体温計が主流となっているため、水銀体温計を使用している人は殆ど居ないと思いますが、少なからず使っている人が居るのも事実で、水銀体温計の寿命はどのくらいなのか?と疑問に思っている人も居ます。

水銀体温計は、半永久的に使用する事ができます。
電池切れや寿命で使えなくなる、ということはありません。

ですが、ガラスでできているため破損して水銀が漏れてしまう、といったことがあります。
その場合は注意が必要で、水銀は気化すると有害物質になるので、吸い込んだり、素手で触ったり放置しないようにしましょう。

体温計の電池の寿命はどのくらい?

一括りで体温計と言えばそれで終わりですが、種類は豊富で電池の寿命も様々です。

一般的な脇で測る体温計は、電池の寿命が約数年、と長いのが特徴です。

ですが、婦人体温計といったモニターが大きい体温計や高性能な体温計は、一般的な体温計に比べて電池の寿命が短くなっています。

一般的な体温計は約3年ほどで、モニターが大きい体温計や高性能な体温計は約2年前後となっています。

体温計の寿命の症状や目安

体温計 寿命 耐用年数

症状① 体温表示の数字が薄くなる

一番経験したことのある現象ではないでしょうか?

表示されている数字が薄れてきたら、捨ててしまう人もいるとおもいますが、電池の寿命が切れそうになると出る症状ですので故障ではありません。

ですが、使用している体温計の電池が分からない事には交換は出来ませんよね。

最初に体温計を買った場合の電池は、テスト用の寿命が短い電池ですので、体温計を購入したら電池も購入しておくことをおススメします。

症状② 体温が測れない

体温計で測った時に自分で感じているよりも体温が低い、といった経験があると思います。
また、高すぎると思う温度も同じです。

こういった症状が出た場合、体温計本体の寿命の症状と考えられます。

また、電池を交換してみても直らない場合は、体温計本体の寿命と言う事になります。

体温よりも少し高いぬるま湯に体温計に先端のみ付けてみてください。
温度が測れたら体温計本体の寿命は大丈夫です。
この時に、高温に付けてしまうと壊れてしまうため必ず、体温よりも少し高いぬるま湯で試して下さい。

また、体温計本体は、壊れる事が少なく情報も少ないため、体温計本体の寿命や目安について寿命はこれです言い切ることはなかなか難しいのも現状としてあります。

また、体温計の耐用年数を越える年数も使っていると、いつ体温計本体の寿命がきてもおかしくありません。

体温計本体の寿命に関しては、極端に温度が低い場所や温度が高い場所に置いておくと、体温計本体の寿命を早めてしまったり、寿命の症状が起きてしまう原因にもなりますので注意が必要です。

体温計の寿命が縮む原因

原因① 水

最近では、防水仕様の体温計が発売されているのですが、全ての体温計が防水ではありません。

また、モニター付きの電子体温計が多くなっている事から、水がかかったりすると壊れやすくなっています。

ですので、いくら防水といえども電子ですので、水がかからない様にしましょう。

水がかかってしまいしっかり拭いたつもりでも、体温計の内部に水が入ってしまっては、体温計の寿命を縮めてしまう原因にもなりますので気をつけて使用しましょう。

原因② きちんと保管していない

体温計といえど電子機器ですので、使わない時はきちんと保管しないといけません。

小さく壊れにくい体温計ですが、雑な扱いをしていては体温計の内部が壊れてしまう場合があります。

風邪を引いて体温計を使用して、風邪が治ったのに体温計が出しっぱなしでいては、踏んでしまったりする可能性があります。

また、壊れなくとも部品が損傷すると、体温計の寿命を縮めてしまう原因にもなり、使えなくなってしまいます。

ですので、使わない時はきちんと保管しましょう。

体温計の寿命を長持ちさせる方法

方法① 使わない時は電池を抜く

面倒くさいと思われるかとおもいますが、毎日体温計を使用している人を除いて、風邪の時にしか使わない人は体温計を使用する頻度は少ないと思います。

ですので、長期間使用しない場合は体温計の電池を取り外して保管しておくと寿命を長持ちさせることができます。

交換式の場合、電池を交換することで長く使う事ができますが、交換式ではない場合はそれまでで捨てるしかありません。

ですので、体温計を長持ちさせたいのなら電池が交換式の体温計を買う事をおススメします。

方法② 正しい使用方法を

体温計は一つしか使い方がないですよね?

体温を測る事しかない体温計ですが、間違った使い方や使用方法を守っていないと、体温計の使用年数が短くなってしまいます。

体温計をなるべく壊れないように長持ちさせたいのであれば、正しい使用方法をしてください。

体温計の寿命を縮めてしまう原因でも書いたのですが、防水仕様の体温計であっても、なるべく水がかからない様にしましょう。

体温計を正しく使用していても、間違ったお手入れをしていては意味がありません。

体温計の取扱説明書に必ず書いている事ですが、使用後のお手入れで消毒してから保管する人が多く居ると思います。

消毒する場合は、

・熱湯で消毒しない事

・長時間アルコールに浸けない事

・消毒するのは必ず体温計の先端のみ

・軽く拭く程度

・消毒した後は水気をしっかりふき取る

以上の事を注意しながらお手入れをすることで、体温計を長持ちさせる事ができます。

体温計に寿命がきた時の処分方法は?

体温計は不燃ごみでの処分になりますが、住んでいる地域で分別方法が異なるため注意が必要になります。

また、体温計といっても種類がありますので注意が必要になります。

ですので、必ず自治体に従って分別しましょう。

プラスチック製の体温計ならば、分別さえしっかりすれば問題ないのですが、ガラス製の体温計や水銀体温計の場合は、割れ物になりますので、新聞紙に包み、何が包まれているのかを明記する必要があります。

水銀体温計ならば、『水銀体温計』や『危険』などしっかり表示しましょう。

寿命の長いおすすめ体温計

① オムロン 電子体温計 MC-681 けいおんくん

モニターが大きいのが特徴です。

ですが、電池の寿命は長く予測検温の場合、約15,000回測定できる長寿命の体温計です。
検温終了時にはブザー音でお知らせしてくれます。

前回値メモリで、前回の測定結果の確認ができます。

また、電源を切り忘れても15分後に自動でオフにしてくれます。

電池も交換式ですので、長く使う事ができます。

電池を買っておく事で、電池切れでもすぐに交換できるので買いなおす必要がありません。

モニターが大きいので見やすく、測定時間も約20秒と短くなっています。

ですので、子どものいる家庭やお年寄りの方や毎日の健康管理におススメの体温計です。

参考元:オムロン
オムロン 電子体温計 けんおんくん わき専用 MC-681

画像をクリックするとAmazonに移動します

② テルモ 電子体温計 C231

約20秒で測定完了。水洗いも可能。電池は交換式です。

収納ケースも付いているので、清潔に保つことができます。

バックライト点灯で見やすい液晶となっています。

検温完了時にはピポピポ音でお知らせしてくれます。

こちらも子どもが居る家庭やお年寄りの方におススメですが、水洗いができるので清潔に保ちたい人におススメです。

参考元:テルモ

テルモ 電子体温計 【スピード検温式 平均20秒】 ET-C231P

画像をクリックするとAmazonに移動します

③ シチズン電子体温計 CT422

抗菌・防水仕様で水洗いが可能です。

収納ケース付きで、清潔に保って保管する事ができます。

前回検温値を呼び起こすことができるので毎日の使用に。

約3年の使用が可能で、電池も交換式です。

カラーも3種類あるので、家族で分かりやすいように色分けしたり、使用用途別に使用する事もできます。

ですので、毎日の健康管理をしている人や体温計を分けて使いたい人におススメです。

参考元:シチズン

シチズン・システムズ シチズン電子体温計 ホワイト CT422

画像をクリックするとAmazonに移動します

まとめ

体温計について、寿命や耐用年数・寿命の症状や処分方法・寿命が縮んでしまう原因と長持ちさせる方法、など書いていきましたが、あまり使う事がない体温計で、使おうとした時に限って使えなくなっている体温計。
毎日の健康管理のために体温計を使用している人も居ます。

特に、一人暮らしや子どもがいる家庭では自己判断は禁物です。

必ず体温計が必要となります。

体温計の寿命や耐用年数・寿命の症状などを知っておく事により体温計が壊れてしまっても、予備の体温計や電池を買っておくと、緊急事態を避ける事ができます。

基本的には風邪を引いたときにしか使わない体温計ですが、定期的に壊れていないか確認したり、体温計を少しでも長持ちさせる方法を試してみてください。
  

関連記事

他にも気になる家電製品の寿命について解説している記事がいくつもあるので、気になった方はぜひ読んで見てください。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

更新履歴

更新日時更新内容
2018/08/02関連記事の更新

この記事を書いた人

Small 20e79f82 0430 47e7 9539 2ea40e12659b
Written By
x. Cheyon
皆様の検討・比較に役に立ってもらえる様な記事執筆を心掛けています。
色々な記事を執筆させて頂いています。皆様にとって「知りたかった事!」「知っていてタメになった!」と思ってもらえるように頑張りたいと思いますので宜しくお願いします。

この記事に似ている記事

スポンサー