Logo家電BOAT
プリンターの寿命や耐用年数は何年?印刷できる枚数や買い替え時期も

目次

プリンターの寿命について

プリンターには印字方式によりいろいろな種類がありますが、ここでは現在汎用的に使用されているインクジェットプリンターとレーザープリンターについて、寿命あるいは耐用年数の面から考察してみましょう。プリンター単能機のみとして、ファックスや電話機能を有するいわゆる複合機は除きます。

インクジェットプリンターは、デジタル信号によってインクをノズルから印刷媒体である紙に直接噴射させます。

レーザープリンターは電子写真方式と呼ばれる方式で、レーザーを光源としてデジタル信号でスキャンさせ、静電気により感光体に潜像を形成させ、潜像にトナーを付着させて顕像にして、紙に転写させます。

レーザープリンターは高速で大量印刷に適し、企業向けでしたが、最近は安価で小型のレーザープリンターが出回り、個人でも購入される方が多くなっています。インクジェットプリンター、レーザープリンター両者ともモノクロとカラーの両方の機種があります。

下記の記事にインクジェットプリンターとレーザープリンターの違いの比較をまとめておりますので、詳細な違いが気になる方は合わせてご覧ください。

記事:『インクジェットプリンターとレーザープリンタの違いを徹底比較!

レーザープリンターは企業向けが多かったため寿命よりも耐用年数ということばが使われていますが、ここでは寿命を用います。国税庁による減価償却資産の耐用年数では、プリンターは事務機に入り、5年です。

参照元:国税庁 耐用年数

家電製品には補修用性能部品の保有期間が定められていますが、プリンターにはありません。メーカーは減価償却資産の耐用年数の5年を参考にして、メーカーあるいは製品によりますが、5~7年を部品の保有期間にしています。

この5~7年が、メーカーのいう寿命になります。償却資産にならないものは制約がありませんから、部品の保有期間はメーカーの一存になります。実際は、プリンターの寿命は、プリントする枚数で目安を決められます。

インクジェットプリンターの寿命や耐用年数は平均何年?

インクジェットプリンターの寿命を決めるのは、インクを噴射するヘッドの劣化、軸受けやスライドガイドの摺動部の摩耗です。インクジェットプリンターの他の構成要素には、紙を送る機構とヘッドを動かす機構があります。

廃液パッドあるいは廃液タンクも欠かせない部材です。エレクトロニクスの面ではコンピュータとのインタフェースと制御装置があります。ヘッド、廃液パッドあるいは廃液タンク以外は消耗部品でありません。

設計上は、プリントする枚数で寿命を決めることになります。上記の機構部品が壊れたときが寿命になると考えてよいでしょう。

ただし、これらの部品は、機構部品を含めて、すべて交換可能です。プリントする枚数で、A4サイズ2万枚が寿命になります。インクの吐出の仕方で各社に違いがあります。寿命の面で理論上は方式によって差がありますが、実際上で方式による違いが出る要素は少ないといえます。

インクジェットプリンターのインク装着部

エプソン

エプソンのプリンターのヘッドは、ピエゾ方式を用いています。ピエゾ素子は電圧をかけると変形する性質を有し、その変形によりインクを吐出させます。

熱がかからないのでその分、劣化は少ないといえます。ただし、インクが固まっても熱による回復がないためにクリーニングの回数が多くなり、インクの使用量が多くなります。ヘッドの構造が複雑なために交換しにくいことが欠点として挙げられます。寿命の面から考えますと優利といえます。

Canon

キヤノンのプリンターは、バブルジェット方式と呼ばれます。ヘッドに熱を加えて、液体インクを瞬間的に蒸発させて形成されるバブル(泡)によりインクをノズルから吐き出させる方式です。

ヘッドには常に熱がかかり、劣化しやすいといえます。ヘッドが劣化したら交換すればよく、交換は難しくありません。

ブラザー

ブラザーのプリンターは、エプソンと同じピエゾ方式です。ブラザーはインクジェットプリンターでは後発で、シェアも高くはありません。

レーザープリンターで強みを有しているので、そのプリンター製品の技術を生かして、特色を出しています。例えば、インクジェットプリンターでA3用紙の印刷可能の製品を上市しています。

寿命の点を考えれば、ブラザーだから格別寿命を延ばす技術は見当たりません。しいていえばレーザープリンターと共通的な機械部品で耐久性があるものがあるということが挙げられましょう。

インクジェットプリンターの寿命のまとめ

インクジェットプリンターの寿命は、プリントする枚数で2万枚ととらえてよいでしょう。毎日使って1日10枚です。メーカー側はプリンターの製造終了後サービス部品を保有するのが5年としているところが多く、そのときは完全に寿命になります。インクジェットプリンターは、個人使用が多く、パソコンの進歩の影響を強く受けます。パソコン側のソフトが5年すれば大きく変わるので、インクジェットプリンターそのものの寿命よりも、ユーザー側が寿命を決めてしまう節も無きにしも非ず、といえます。

レーザープリンターの寿命や耐用年数は平均何年?

レーザープリンターの構成要素は、感光体、帯電ユニット、レーザーとスキャンを含む露光ユニット、現像ユニット、転写ユニット、定着ユニット、紙の搬送ユニット、および電気制御系です。

消耗品は、感光体,トナーあるいはトナーカートリッジ、定着器ローラー、給紙ローラーです。これらのユニットが壊れたときが寿命になります。


ただし、これらのユニットはすべて交換可能です。レーザープリンターは、インクジェットプリンターに比べると寿命が長いといえます。元々レーザープリンターは業務用から出発しているので、耐用年数は5年と設定されていて、プリントされる枚数も多く、5年で5万枚が要求されていました関係で、機械がその仕様に対応してきた経緯があります。

エプソン

エプソンのレーザープリンターは、ページプリンターと呼んで、大量の枚数を処理します。エプソン自身で製造してなく、富士ゼロックスのOEM製品です。

富士ゼロックスのレーザープリンターの寿命は、製品によりますが、家庭用では10万ページまたは5年の早い方となっています。富士ゼロックスは、メンテナンスの関係でしょう、家庭用には販売していません。

参照元:富士ゼロックスHP

Canon

キヤノンは、レーザープリンターの複合機を多く販売しています。小型のレーザープリンター単能機では、寿命ということばを使っていませんが、各ユニットの交換目安の時期を、例えば、定着器ユニットの交換目安は15万ページ、というように示しています。

参照元:CanonHP

ブラザー

ブラザーのレーザープリンターの寿命に関しては、各機種によって耐久枚数を、例えば、耐久枚数5万枚、というように記しています。

参照元:ブラザーHP

リコー

リコーのレーザープリンターの寿命に関しては、ブラザーと同様に、各機種によって印字枚数を、例えば、印字枚数10万枚、というように記しています。

参照元:リコーHP

レーザープリンターの寿命のまとめ

各社ともレーザープリンターは業務用途が多いためでしょう、耐用年数5年というのが寿命になります。

次のページ : レーザープリンターのトナーの寿命はどのくらい?
前へ
1 / 5次へ

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Small bb9b808f 3b7d 4352 af44 f93aa66e5927
Written By
花透 PEACE43
家電情報を提供するライターです
家電の選択・購入あるいは使用のための情報を整理して、皆様がご覧のなれるように提供します。よろしくお願いいたします。

このカテゴリのおすすめ記事

スポンサー

この記事に似ている記事

スポンサー