Logo家電BOAT
イヤホンの寿命はどのくらい?寿命を伸ばす方法や買い替え時期を紹介

目次

イヤホンの寿命について

音楽を聴いたり、ラジオを聞いたり、映画鑑賞をしたり、こういう時一番必要性の高いアイテムがイヤホンなんかじゃないでしょうか。ヘッドホンとは違って、小さい体積で持ち歩くのが便利なイヤホンは、通勤や登下校の途中など、いつでもどこでも使えるのが、人気な理由です。

いまは、ヘッドホンに負けないぐらい音質がいいイヤホンも販売されています。買い替えたイヤホンは、一体どれぐらいの寿命があるでしょうか?

答えは、コンパクト高級なイヤホンを購入しても、寿命は扱い方次第です。少し高めなイヤホンを購入したら、イヤホンのプラグの根元が折れにくく、壊れにくいかもしれませんが、不良な扱い方をしたら、いいイヤホンでも、すぐ寿命が迎えます。

この記事では、そんなイヤホンの寿命や寿命を縮める原因、寿命を伸ば方法など、寿命に関することを徹底解説していきます。

イヤホンの寿命はどのくらい?

有線のイヤホン

イヤホンの寿命は扱い方次第です。一番良く見かける有線のイヤホンも、使用状況によって異なります。

自分はいままで、有線のイヤホンしか使ったことないですので、自分の経験について、少し書いていきたいと思います。イヤホンを使う主なタイミングはバスや電車の移動中です。買い替え約5回しており、一番古いのは8年前で、半年で寿命になりました。

それからの買い替えで、平均半年から1年の寿命で、長くでも1年半の寿命でした。最後の買い替えが二年前、今も使っていおり、今回のイヤホンは2年を超えて使ってもまだ丈夫です。寿命が延びた理由は、扱い方を変えたからだとおもいます。

やはり有線のイヤホンの一番の寿命の原因になりやすい部分はプラグの根元です。この部分を守るために、専用ケースを購入し、必ず専用ケースに収納することにしました。それと太いコードを選びました。これらの対策により、寿命もそれなりに延ばせました。やはり、寿命は扱い方次第ですね。

Bluetooth/ワイヤレスのイヤホン

完全独立型をはじめとしたBluetoothのイヤホンは、コードが絡まないメリットがあって、便利でトラブルレスなイヤホンです。コードの断線問題が比較的少ななくて、代わりにバッテリーの不具合が寿命の原因になることがあります。

Bluetooth/ワイヤレスイヤホンの寿命の長さは、基本的にはバッテリーの寿命に起因することが多くなります。

イヤホンの寿命の症状や目安

症状①音が聞こえなくなる/片耳しか聞こえない

イヤホンの寿命として一番よく起こる症状は、使用しているうちに、だんだん片耳しか聞こえなくなったり、音が全然聞こえなくなったりすることです。

原因については下記で詳しく述べますが、音楽プレーヤーやスマホにぐるぐるにイヤホンを巻きつけたり、イヤホンを引っ張ったりして、コードが断線してしまったことに起因すると考えられます。

症状②音質が劣化して来た

雑音が入って来たり、普段よりだいぶ音質が落ちたときは、寿命の症状ということです。

大体コードの接触不良が原因になります。また、耳に当たる部分のクッション(イヤーピース)が破損したことも、原因のひとつかもしれません。

次のページ : イヤホンの寿命が縮む原因
前へ
1 / 3次へ

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Small 20171227033221
Written By
KOU
台湾出身の24歳です。日本語はまだまだ勉強中です。よろしくお願いいたします。

このカテゴリのおすすめ記事

スポンサー

この記事に似ている記事

スポンサー