Logo家電BOAT
プラズマテレビの寿命は何時間?寿命の症状や買い替え時期を解説!

目次

プラズマテレビの寿命について

昔のブラウン管テレビはもちろん、液晶テレビや有機ELテレビよりも寿命が長いと際われているプラズマテレビ。果たして買い替え時期となる寿命になるのはどれくらいなのでしょうか?

プラズマテレビは液晶テレビとのシェア争いでは敗れたなんて言う人もいますが、テレビは安い買い物ではないので、まだまだ現役で使っている人も多いですよね。今度のテレビ買い替えはいつくらいになるのか、計画的に予算を立てる意味で寿命を知っておくことは大切。プラズマテレビの寿命についてまとめてみました。
  

また、こちらでは液晶テレビこちらでは有機ELテレビの寿命についてまとめています。興味のある方は合わせてご覧ください!

プラズマテレビの寿命は何時間?

冒頭でも述べた通り、他の種類に比べても寿命が長いとされるプラズマテレビ。平均的寿命時間は100000時間と言われています。この時間は、使用している(視聴している)時間なので、仮に1日8時間テレビを観る人でも、34年以上使える計算に。24時間つけっぱなしのヘビーウォッチャーでも11年以上もつということですね。

ただあくまでもこれはプラズマの画面(プラズマパネル)の寿命です。寿命となるのは、半導体やコードの劣化など他の要因もあります。それらも踏まえると約10年というのが目途になりそうです。それではメーカーごとにプラズマテレビの寿命は異なるのでしょうか?口コミなどを参考にまとめてみました。

日立

都市伝説のように日立製のプラズマテレビは寿命が長いとまことしやかに広まったようですが、実際はどうでしょうか?口コミを見る限りは、極めて平均的といえ、上記で述べたように約10年くらいとみておくべきでしょう。

引用元:価格.コム

パイオニア

日立と並んでプラズマテレビの代表的メーカーであるパイオニア製はどうでしょう。こちらも日立同様程度とみておくべきでしょう。なかには8年程度という声もあるようですが、やはり液晶テレビなどに比べると比較的寿命は長いようですね。

引用元:価格.コム

パナソニック

どこのメーカーもプラズマテレビの寿命は違わない?のかと思いきや、寿命が長いと評判だったのがパナソニック製です。実は日立製などでも国内でプラズマパネルを作っているのはパナソニックだけで、中のパネルは全てパナソニック製なのです。それもあって、パネルと他の部品との相性も当然良いパナソニック製が寿命長いと言われているのでしょう。

引用元:価格.コム

プラズマテレビ 寿命

プラズマテレビの寿命の症状や目安

症状① 色が出にくくなってきた

プラズマテレビの映し方は、プラズマを発光させて色を出します。そのため、プラズマを発光させる電子回路が劣化などにより不具合をきたすと、色合いが出なくなり、酷いとレトロ感溢れる白黒テレビのような状態に。色再現性が高いことも売りであるプラズマテレビだけにブラウン管テレビ並みに感じてきたら一つの目安と考えるべきです。

症状② 画面が真っ暗

これも根本的理由は上記と同じの電気回路の故障ですが、画面が真っ暗な状態になります。これはプラズマパネルの異常ではないので、やはりプラズマパネル自体は丈夫と言えるでしょう。他の原因も考えられるので一度電源を抜いて、再度入れても画面が真っ黒のままだったら寿命である可能性を疑うべきです。

次のページ : プラズマテレビの寿命が縮む原因
前へ
1 / 4次へ

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Small 4ce2400c 9694 4203 b90b 2302af60ea53
Written By
yt_united yt-united
サッカーとケツメイシ好きのアラフォーです
こんにちは! サッカーとケツメイシをこよなく愛するアラフォーです。 最近、腰が痛くて老化を感じる日々であります。

このカテゴリのおすすめ記事

スポンサー

この記事に似ている記事

スポンサー