Logo家電BOAT
テレビのアンテナの寿命や耐用年数を徹底解説!

目次

テレビのアンテナの寿命について

テレビを何年、何十年も使用していると買い替えを検討しますが、中々テレビのアンテナについては買い替えを検討することはありませんよね。

そもそもテレビのアンテナに寿命があるということを知らないという方が多いのではないでしょうか?

そこで今回の記事ではテレビのアンテナの寿命、耐用年数をテーマに紹介していきます。

今テレビに不具合を感じているという方。

その不調の原因はテレビではなく、テレビのアンテナかもしれませんのでテレビの買い替えを検討する前に、アンテナの寿命、耐用年数について知ってみてはいかがでしょうか。

テレビのアンテナの寿命や耐用年数はどのくらい?

テレビのアンテナ 寿命 耐用年数

テレビのアンテナの寿命や耐用年数は平均して10年ほどと言われています。

冷蔵庫の寿命も大体10年ほどであると言われているため、テレビのアンテナも家電製品と同じくらいの寿命、耐用年数であることが分かりますね。

ただ、一概にすべてのテレビのアンテナの寿命が10年であるとは言えません。

というのも、アンテナが置かれている環境により、耐用年数が数年程度になったり、20年近くまで持つケースもあるからです。

例えば雪国で雪が積もりやすく、アンテナにかかる負荷も大きい地域、そして海沿いにある家のため潮風を目一杯浴びてしまう環境、それに台風等により風や雨にさらされる機会が多い地域等は耐用年数は低くなりがちです。

そういった環境にあるアンテナにも関わらず、20年以上現役であるというアンテナも実際に存在しますので、上記に当てはまる地域だからと言って必ずテレビのアンテナの耐用年数が短くなるというわけではありません。

しかしアンテナに悪影響を与えることは確かなので、アンテナが折れる等の事故により家や人に被害を与えないよう、そういった地域にお住まいの方は特に適宜アンテナの状態確認を行うようにしましょう。

テレビのアンテナの寿命の症状や目安

テレビのアンテナ 寿命 耐用年数

それでは次にテレビのアンテナの寿命の症状及び、寿命の目安について紹介していきます。

症状① 錆

テレビのアンテナの寿命の症状や目安の一つ目として挙げられるのは「テレビのアンテナの錆」です。

テレビのアンテナは雨の日はもちろん雪の日、台風の日でも変わらず外の環境にさらされ続けることになります。

現在のアンテナであれば大体ステンレス性の錆に強いアンテナが使用されていることが多いですが、それでもテレビのアンテナの使用年数が経てば経つほど錆が発生します。

この錆が大量についていると、台風や強風により折れる可能性が高まってしまいます。

よってテレビのアンテナの寿命の症状や目安の一つ目として「テレビのアンテナの錆」が挙げられるのです。

中々テレビのアンテナの錆なんてチェックしませんよね。

しかし折れるとなると上記でも紹介したように人や家、車等に被害を与えかねないため適宜チェックしておき、被害を未然に防ぎましょう。

症状② 素子の破損

テレビのアンテナの寿命の症状や目安の二つ目として挙げられるのは「アンテナの素子の破損」です。

アンテナには素子と呼ばれる電波を受信するのに非常に重大な役割を担う部分があります。

※アンテナによっては無いものもあります。

ちなみにどの部分かというと、アンテナにくっついている短い棒のようなものになります。

この素子はアンテナが経年劣化していたり、錆がついている等々の理由で破損することがあります。

また、アンテナが倒れた際にも破損する可能性があり、この素子が破損すると電波受信に多大な影響を与えるため、素子の破損がテレビのアンテナの寿命の症状や目安として挙げられます。

次のページ : テレビのアンテナに寿命や耐用年数が迫った時の対処法
前へ
1 / 2次へ

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Written By
タナカ タロウ
宜しくお願い致します。

このカテゴリのおすすめ記事

スポンサー

この記事に似ている記事

スポンサー