Logo家電BOAT
一眼レフとデジカメの違いを比較!デジカメと一眼レフどっちがいい?

目次

一眼レフとデジカメの違いについて

自然の風景や子供の運動会などのきれいな写真を撮って残したいと思ったら、やはり一眼レフがいいのでしょう。

しかし、値段や利便性などから考えると、少しハードルが高いと感じる人も多いでしょう。一眼レフとデジカメの違いを比較してみましょう。

一眼レフは、幾つものレンズを使い分けて高画質の写真を撮ることができます。その半面、たくさんのレンズを持つことになり、レンズの重さにカメラ本体の重さも加わります。そのため値段も高くなります。

一方、デジカメは、レンズ一体型なので、レンズを替える必要がなく、コンパクトで軽く、初心者には扱いやすいです。また、比較的お手頃な価格で購入できます。高画質のものもでてきていますが、一眼レフに比べると基本的に画質は低くなります。

一眼レフ デジカメ 違い

一眼レフとはそもそも何?

一眼レフの「一眼」とは、撮影するレンズと光学フィンダー用のレンズを指しています。

この2つが1つ、つまり同じという意味です。そして、「レフ」とは、reflex(レフレックス)の略で、光を反射するという意味です。

撮影に使うためのレンズと撮像面であるフィルムまたは、個体撮像素子の間のミラーに反射させ、実際に撮影されるイメージを光学ファインダーというの窓で確認できるカメラのことです。

一眼レフカメラの構造は、前方から、レンズ、絞り、ミラー、シャッター、撮像素子と順番に並び、シャッター上部にファインダースクリーン、その上にペンタプリズムまたは、ペンタミラーがあり、ファインダー接眼窓から覗けます。

そして、幾つかの用途によって使い分けるレンズをカメラ本体に付けることによって、プロ並みの本格的な撮影ができます。また、初心者でも簡単に扱える機種も発売されています。

デジカメとはそもそも何?

デジカメとは、デジタルカメラの略で画像をデジタル信号に変換して、メモリーカードなどに記録させるカメラのことを言います。

画素数はそこそこあり、コンパクトサイズなので、カバンやポケットにスッと入って持ち運びにも困りません。使い方も簡単なので、手軽に使いたい人には良いカメラでしょう。

一眼レフ デジカメ 違い

次のページ : 一眼レフとデジタルカメラの違いを比較
前へ
1 / 2次へ

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Written By
08cebon

このカテゴリのおすすめ記事

スポンサー

この記事に似ている記事

スポンサー