Logo家電BOAT
【圧倒的低音の強さ!urBeats】

目次

こんにちは、maggyarです。音楽は普段から洋楽邦楽問わずよく聴いていて、ジャンルを問わず幅広く好きです。イヤホンにはそこまでこだわりはないので、その視点からの感想として参考にしていただけると幸いです。今回は、Beats by Dr.Dreから発売されている、urBeatsについてレビューをしていきます。urBeatsはカナル型の有線イヤホンで、価格は10,000円ほどで購入することができます。Beatsと言えば、低音域の強さが特徴のメーカーとして人気があります。urBeatsも例外ではなく、低音域に関して期待ができるイヤホンです。

urBeats maggyar01

urBeats maggyar02

【音質】☆☆☆☆★

・高域☆☆☆★★

 urBeatsは高音域に関して、全体的に同価格帯では水準レベルいう印象です。urBeatsの高音は、決して主張が強いというわけではありません。しかし、細かい音まで丁寧に拾ってくれるため、聴きやすさは抜群です。どんな音でも素直に発してくれるので、原曲に近い音を楽しめます。ただ、ノイズキャンセリングの音と相まって、音割れっぽく聴こえる場合があるのが残念です。

・中域☆☆☆★★

 urBeatsの中音域に関しては、まずまずといったところです。全ての音域で一番主張が弱いと感じました。ボーカルの声がギターやバスドラムに埋もれて聴こえることがあります。しかし音自体は悪くなく、透き通ったすっきりとした音で聴けます。バラードなど、ボーカルメインの楽曲にはあまり向いていないかもしれません。

・低域☆☆☆☆☆

 urBeatsは低音域に関して、申し分ないレベルと言えます。もともとBeatsのイヤホンは低音に関して力を入れているという特徴があります。今回のurBeatsも例外ではなく、低音の強さが非常に目立ちます。主張がとても強く、低音が強めの楽曲を聴くと中音域帯が埋もれてしまうほどです。そのため低音の強さは、urBeatsの特徴でもあり弱点とも言えます。

・音の透明感☆☆☆☆★

 urBeatsは音の透明感に関して、満足できるレベルだと感じました。高音域は比較的透明感が強く、ギターの音が綺麗に聴こえます。対して中音域はそこまで透明感があるというわけではありません。ボーカルの声やドラムの音がこもっているとまでは言いませんが、透き通った音と表現することは難しいです。低音域に関しては透明感というよりは力強さがあります。

【コストパフォーマンス】☆☆☆★★

urBeatsの価格は10,000円程です。音質に関しては好みが分かれやすいイヤホンだと思います。EDMなど、低音が鳴り響く楽曲をよく聴く方の場合、価格以上の価値があると思えるでしょう。一方、ボーカルメインの楽曲に使用する場合、満足できる音質とは言えない可能性があります。同価格帯のイヤホンの中でも低音はかなり強い方ですが、全体的な音質でいうと他にも良いものはあると思います。総じて、Beatsのイヤホンが好きでよく利用している方であれば、十分おすすめできる商品です。

【デザイン】☆☆☆☆★

・デザイン ☆☆☆☆★

urBeatsのデザインについては、万人受けするデザインだと思います。コードは細長く設計されていて、スタイリッシュに見えます。イヤホン部分が小さく、再生・停止や音量を調整するボタンも小さいため、全体的にコンパクトにまとまっている印象です。好みが分かれる部分としては、イヤホン部分に大きく描かれた「b」という文字でしょうか。Beatsのイヤホンには良く描かれているこのロゴですが、個人的には正直カッコいいとは思えません。

urBeats maggyar03

・装着感 ☆☆☆★★

urBeatsの装着感としては、まずまずといったところです。全体的にコンパクトなため、装着時に邪魔になるようなことはありません。長時間使用時の疲労度も他のイヤホンと大差ないです。ただ気になる点としては、イヤホンがずり落ちやすいことでしょうか。装着時、しばしば耳から落ちてしまうことがあります。最初はイヤーピースが合っていないのかと思いましたが、普段使っているイヤーピースに付け替えても変わらなかったです。おそらく、イヤホン部分が若干重いのが原因だと思われます。

【オリジナリティ】☆☆☆☆★

urBeatsは音質、デザイン共にBeatsのイヤホンらしい商品だと言えます。他製品のイヤホンと比較すると、特徴的なのはやはり低音の強さです。中高音域は正直それほど良いわけではありませんが、低音はしっかり出してくれます。コードが長細いため、絡まりにくくスッキリ見える点は好印象です。デザインに関しては、ロゴを除けば万人受けすると感じました。

【機能性】☆☆☆☆★

urBeatsはカナル型の有線イヤホンです。ハンズフリー通話に対応していて、マイクがイヤホン左側の少し下に付いています。マイク部分の他に、音量調節ボタン、再生・停止のボタンもついていて、端末に触れなくても操作ができるのは便利です。専用のイヤホンをしまうケースも付属していて、そちらは柔らかいシリコン製でとても手触りが良いです。

urBeatsの遮音性については、カナル型のイヤホンとしては標準的と言ったところです。しかし、ノイズキャンセリング機能が優秀なため、楽曲を流している最中に外の音が気になることはあまりありません。音漏れについてもよっぽど大音量で聴かない限りはほとんどないので、電車やバスでも快適に使用することができます。

【利用シーン】

urBeatsの利用シーンとしては、幅広い用途で使用することができると感じました。遮音性の高さから電車やバスでも使用しやすく、音質もそこそこなため家でゆっくり音楽を聴くのに使用するのも良いと思います。逆におすすめできないシーンとしては、スポーツ時が挙げられます。有線イヤホンなので小回りも効きにくいですし、タッチノイズもそれなりにあるので快適には使用できないと思います。徒歩で通勤・通学をしている方も少し使用し辛いかもしれません。

【ジャンル】

urBeatsは、低音が鳴り響くような楽曲を聴くのに向いています。分かりやすいジャンルとしてはEDMが挙げられます。また、ベースラインが特徴的な楽曲や、バスドラムの存在感がある楽曲でも、他のイヤホンとは違った聴き方ができて楽しいです。歌謡曲にはあまり合わないと思います。私がurBeatsを使用する際は、ダンスミュージックを中心に聴いていました。

【総合評価】☆☆☆☆★

urBeats maggyar04

urBeatsは、良くも悪くもBeatsらしさが詰まったイヤホンです。強めの低音を楽しめますが、その分中高音域は埋もれがちになってしまいます。デザインに関してもBeatsらしく、スタイリッシュな感じが前面に出ています。もともとBeatsのデザインは評価が高いため、万人受けするデザインだと言えるでしょう。価格もそこまで高いというわけではないので、Beatsの製品が好きな方や低音を鳴らして楽しみたいという方は手に取ってみるのも良いのではないでしょうか。

前へ
1 / 1
次へ

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Written By
maggyar

このカテゴリのおすすめ記事

スポンサー

この記事に似ている記事

    スポンサー