ヘッドホンの正しい付け方を解説!痛くない付け方とは?

目次

ヘッドホンの正しい付け方について紹介します

皆さんは音楽を聴く際はどのような形で聴きますか?
重低音や大音量で楽しむことができるスピーカーでしょうか。
それともすぐにポケットやカバンから取り出して聴けるイヤホンを使用されることが多いでしょうか。私はスピーカーもイヤホンも両方とも好きで良く使用しますが、最も使用するのが多いのはヘッドホンです。
あの両耳をまるごと密封されて再生される音楽の心地よさは、スピーカーやイヤホンには味わえない独特の気持ち良さがあります。
しかしヘッドホンはイヤホンに比べて大きく重量もあるため、どうしても耳が痛くなる、肩がこってしまうといった悩みがつきまといがちです。
今回はこれらの悩みを解決できる「ヘッドホンの正しい付け方」を解説してきます。

ヘッドホンの正しい付け方の定義とは?

まずはじめにタイトルに記載した「正しい付け方」とは一体どのような付け方になるのでしょうか。
調べていくと以下のような2種類のキーワードで考えることができます。

長時間装着しても違和感やストレスを感じにくい

ヘッドホン正しい付け方

1つ目のキーワードそれは「違和感とストレス」です。
ヘッドホンを付けている際、耳に違和感を感じる事はないでしょうか?
私自身もよく「何かしっくりこない、音楽に集中できない」と感じることがよくあります。このような違和感や何らかのストレスを感じた時点で、ヘッドホンが正しく付けれていない可能性が高いです。
正しい付け方が出来ていれば頭や耳、そして首や肩などに負担がかかることが少なく長時間付けていたとしても、疲労感やストレスを感じにくいと思います。
ですので、まずは日頃の付け方でどの程度まで付けていられるのか?またストレスを感じることがあるのかを知ることが大事です。

適切な音質と音量で楽曲を聴くことができる

ヘッドホン正しい付け方

2つ目のキーワード、それは「適切な音質と音量」です。
ヘッドホンを付けて楽曲を再生している際に「普段よりも音量が小さい」「どこか迫力が足りない」といった感覚を受けることはありますでしょうか。

これも私の実体験ではありますがイヤホンで楽曲を再生してからヘッドホンに挿し替えた際、若干音量が下がるもしくは低音が物足りないと感じてボリュームなどを調整することが多くあります。

当初はイヤホンジャックに上手く挿さっていない、接触不良などを疑いましたが、こういった場合の多くでヘッドホンがきちんと耳の向きや位置に合っていないことが多いです。
ですのでこういった問題が抱えている状態や状況が続いてのであれば、ヘッドホンが正しい付け方が出来ていないと疑われた方が良いかと思います。

ヘッドホンの正しくない付け方とは?

それではここからは正しくないヘッドホンの付け方を考えていきたいと思います。まずヘッドホンは大きく分けるとヘッドバンド部分と耳あて部分の2種類に分けることができます。
これらのそれぞれが正しい状態で装着出来ていない場合、それぞれの箇所で特有の違和感や痛みが発生してしまいます。それでは正しくない付け方でどのようなトラブルが出るのかを見てみましょう。

ヘッドバンドの調整が出来ていない=耳へのストレスと負担

ヘッドホン正しい付け方

ヘッドホンを付ける際に1番はじめに調整する部分はヘッドバンド部分ではないでしょうか。
基本的な付け方としてヘッドバンドが頭頂部全体に乗っかる、フィットする状態で付けることが出来れば問題ないかと思います。
しかしこの付け方をおこなう場合に髪型が崩れる、頭頂部への圧迫感を気にされる方もおられるのではないでしょうか。

そういった場合によくおこなう付け方として、頭頂部にピッタリとヘアバンドを乗せるのではなく、バンド部分に余裕を持たせて頭頂部との間に空間を作るような付け方をすることがあります。

この付け方であれば確かに髪型は崩れませんし、付けた当初の圧迫感は少ないかと思います。しかし、この付け方ではヘッドホン自体の重量を頭全体でカバーすることが出来ず、全ての重量が耳に重くのしかかります
そのため、このような付け方は短期的には快適ですが、長期的に考えれば耳への負担しかありませんので正しい付け方とは言えません。

耳あて部分がフィットしていない=音質と音量の低下

ヘッドホン正しい付け方

ヘッドバンドの次に注目したいのが耳あて部分です。
イヤホンは耳に対してに直接挿し込むような形で付けるため、細かな調整などは特にしなくても簡単に付けることが可能ですが、ヘッドホンの場合は若干の手間が必要です。先ほど説明していたヘッドバンドの調整が上手く出来ていない場合、その効果は耳あて部分に大きく影響します。
いくら耳あて部分を完璧に耳の位置へと合わせたとしてもヘアバンド部分に空間があった場合、ゆっくりとヘッドホン全体が下方向へとへと下がりはじめその結果、耳あて部分の位置が大きくズレてしまい楽曲が良く聞こえないなどの問題が発生します。

また、位置だけではなく向きも重要です。多くのヘッドホンは耳あて部分を回転させて向きを調整出来るような機構を持っていますが、この部分が耳にきちんとあっていない場合に音が上手く耳へと伝わらず、音量が小さく聞こえるという問題が発生してしまいます。
以上のように正しい付け方をしていないだけで、様々なデメリットが発生してしまいます。

次のページ : 【痛くない】ヘッドホンの正しい付け方を解説
前へ
1 / 3次へ

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Written By
jag_zi

このカテゴリのおすすめ記事

スポンサー

この記事に似ている記事

スポンサー