家電をローンや分割払いで買う方法!無金利や審査に通る方法は?

目次

家電をローンや分割払いで買うことについて解説します

生活する上で欠かせない『家電製品』ですが高いですよね。

出来るだけ安い物をと思っていても、家電製品によってはそれなりの値段がするので長く使えるようにとお手入れなどをしますが、毎日のように使用している家電製品はいつかは故障してしまいます。

家電製品が故障してしまうと、まだ買わなくていいかとはいかず、必要なためすぐに買い替えないといけません。

前もって買い替えると考えていたのであれば良いですが、突然の故障で使えなくなってしまう家電製品を買う余裕なんて無いですよね。

ですが、家電を一括ではなくローンや分割払いを利用する事により、毎月少額での支払いが可能になるので突然壊れてしまってもすぐに買い替える事ができます。

ですので今回は、家電をローンや分割払いで買う方法、家電量販店のローン・クレジットカードの利用・メーカーのローン・キャッシング・カードローンのメリットとデメリット、家電を無金利で買う方法、家電のローンや分割払いで審査に通るケース・通らないケース、などを紹介します。

家電をローンや分割払いで買う方法は大きく分けて4つ

家電 ローン 家電 分割払い

家電をローンや分割払いで購入する際に、ローンを組んだり、分割払いを利用する人が多いと思いますが、自分で家電を購入したことが無い・今までローンや分割払いを利用したことが無いという人も居ると思います。

そういった場合に、自分に合ったローンや分割払いを利用する事により、負担にならず、気持ちも楽に家電を購入する事ができますよね。

家電をローンや分割払いで購入する場合、4つの購入方法があります。

まずは、4つの購入方法がどういうものなのかを紹介します。

家電量販店のローン

まずは、家電量販店のローンです。

家電量販店のローンとは、家電量販店店舗が提携している信販会社に立て替えてもらい、ローンを組んで商品購入ということになります。

これを用いて分割払いを利用する場合は、『ショッピングクレジット』とも言われ、クレジットカードを利用しないので『個品割賦購入あっせん』『ショッピングローン』とも言われていて、審査があります。

分割払いだったらクレジットカードと一緒なのでは?と思う人も居ると思いますが、家電量販店の場合は、信販会社が第三者として介し、購入商品に対してローンや分割払いを利用する際に契約を結ぶ形となり、商品を分割払いで購入する度に契約を結ばないといけません。

クレジットカードの分割払いは、クレジットカードを所持している時点で契約は結ばれているので、簡単に言えばクレジットカードの分割払いは後払いということになります。

ですので、分割払いであっても、家電量販店のローンを組んで分割払いにする・クレジットカードで分割払いとでは異なっています。

クレジットカードの利用

続いて、クレジットカードの利用です。

クレジットカードを所持しているのであれば、限度額以内の金額で分割払いが可能となります。

クレジットカードを持っていないのであれば、作らないといけないので少し時間を要するので、クレジットカードを持っている人であれば一番簡単かつ手っ取り早い利用方法となっています。

メーカーのローン

3つ目は、メーカーのローンです。

家電量販店のローンとメーカーのローンに関しては、どういう意味?という感じが多いので、あまり分からないという人が多いのではないでしょうか?

メーカーのローンとは、メーカーホームページから家電などを購入する際にローン・分割払いを利用することができ、立て替えるのではなく自社製品を購入することを目的としています。

いわばショッピングクレジットのメーカー版となり、審査があります。

なお、こちらは完済したいと思っても、繰り上げ返済の手続きに手間がかかるため注意してくださいね。

キャッシング・カードローン

最後にキャッシング・カードローンです。

消費者金融や銀行などからお金を借りて商品購入となり、審査があります。

現金を借りる形なので簡単に言えば借金をするということになります。

また、消費者金融・銀行の他にもクレジットカードもあります。

クレジットカードを持っている人であれば分かると思いますが、クレジットカードには『ショッピング利用枠』と『キャッシング利用枠』があり、キャッシング利用枠の限度額以内であればATMなどから現金を借りることができます。

家電量販店のローン・分割払いで家電を買うメリット・デメリット

家電 ローン 家電 分割払い

家電量販店のローン・分割払いを利用するメリットとしては、

・審査が速い

・支払回数が少ないほど低金利

・分割払いの場合、商品代金が安くなる場合

・分割払いの場合、100回以上の回数を選べる

があります。

全てが必ず当てはまるという訳ではなく、人それぞれ、購入商品にもよるのですが、場合によっては当てはまらない場合もある事を頭に入れておいてくださいね。

デメリットでは、

・長期ローンの場合に『○○万円以上の商品購入』といった条件付き

・審査結果によっては、連帯保証人や身分証明書類・収入証明書類が必要になる場合

があります。

メリットよりも少ないデメリットですが、条件があったり書類が必要になる場合があるため時間が掛かってしまう事があります。

また、同じ電気店であっても地域や店舗により利用条件や支払回数などが異なる場合があるので、商品購入する時などに利用する家電量販店に確認してみて下さいね。

次のページ : クレジットカードのローン・分割払いで家電を買うメリット・デメリット
前へ
1 / 4次へ

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Small 20e79f82 0430 47e7 9539 2ea40e12659b
Written By
x. Cheyon
皆様の検討・比較に役に立ってもらえる様な記事執筆を心掛けています。
色々な記事を執筆させて頂いています。皆様にとって「知りたかった事!」「知っていてタメになった!」と思ってもらえるように頑張りたいと思いますので宜しくお願いします。

このカテゴリのおすすめ記事

スポンサー

この記事に似ている記事

スポンサー