Logo家電BOAT

電球の買い方を解説!口金のサイズを確認しよう!

公開日時: 2018/05/16
電球の買い方を解説!口金のサイズを確認しよう!

目次

電球の買い方について解説します

大学や専門学校に入学した等々の理由により一人暮らしを始めたという方にとって、初めて電球を買うという体験は中々難しいのではないでしょうか。

家族と一緒に住んでいるのであれば電球は、買い置きしてくれていたりしますから普段自分では中々買いませんもんね。

そこで今回の記事では電球の買い方について紹介していきます。

どうやって電球を選べばいいのかわからない!という方はぜひこの記事を読んで、電球の買い方及び選び方を学んでみてください!

電球の基本的な買い方

電球 買い方

それではまず電球の基本的な買い方について紹介していきます。

口金サイズの確認

電球の先(丸い形状をしている反対)はねじのようにぐるぐる巻きになっているものがついていますよね。

その部分は電球の口金(くちがね)という部分なのですが、電球を買うにあたりその口金のサイズをよく確認しておく必要があります。

というのも電球はその口金と呼ばれる部分を差し込むことで使用するためサイズが合わない物を購入して取り付けてしまうと、明かりがつかなかったり、最悪電球が壊れる危険性があるからです。

なので、電球を買う前にはきちんと以前使用していた電球の口金サイズを確認しておきましょう。

おそらく電球の口金付近に、E~という風に表記されているかと思います。

その表記が電球の口金サイズを表しているので、それを元に電球を買うようにしましょう。

ちなみに電球の口金付近に表記されているのがE26だった場合は口金の直系が26㎜ということを示しています。

よってもし電球に口金が表記されていなくても物差し等で測ることでもサイズが分かるため、もし表記されていない場合は実際に測ってみてください。

電球の明るさ

電球の買い方として一番重要となるのが、上記で紹介した電球の口金のサイズです。

これが間違っているとせっかく購入した電球が無駄になる可能性がありますのでご注意ください。

そしてもう一つ注意した方が良いのが、電球の明るさです。

明るさに注意しないと今までの明るさが良かったのに明るすぎる!と感じたり、若干今までより暗い!と感じることもありますからね。

電球の明るさは~形で示されています。

今まで利用していた電球と同じくらいの明るさが良い、もっと明るい方が良い、等いずれの場合にしても、一度使用していた電球の明るさを確認したうえで、新しい物を購入するようにしましょう。

電球の買い方は間違えないように

電球 買い方

それでは次に電球の買い方を間違えてしまうとどうなるのかについて紹介していきます。

電球の口金のサイズを間違えた場合

上記でも少し触れましたが、電球の口金のサイズを間違えた場合は、以下のようなことが起こる可能性があります。

  • 電球が上手く入らない
  • 電球の明かりがつかない
  • 電球が破損してしまう
  • 電流がショートしてしまい、ブレーカーが落ちる

読んでいただければわかる通り、電球の口金のサイズを間違えると電球に悪影響与える可能性はもちろん、ブレーカーが落ちる事でその他の家電製品も一気に止まってしまうため、様々な家電製品に悪影響を与える可能性もあります。

サイズを間違える事に良いことはありませんので、電球を買う際は口金のサイズを間違えないようにしましょう。

電球の明るさを間違えた場合

こちらについても上記で少し触れましたが、電球の明るさを間違えた場合は以下のようなことが起こり得ます。

  • 明るさが以前と違う
  • 以前より明るすぎる、または暗すぎる
  • 明かりの色が気にいらない

電球の明るさについての確認を怠れば、せっかく購入した電球が気に入らないという事態にもなりかねません。

返品しに行くのも再度購入しに行くのも面倒ですので、上記で紹介した電球の買い方を十分に確認したうえで、購入しに行きましょう。

電球の買い方を覚えたらここへ行こう

電球 買い方

それでは最後に電球の買い方を覚えた後、どこに買いに行けばいいのかについて紹介していきます。

家電量販店

電球を買う場所として一番おすすめするのは家電量販店になります。

家電量販店であれば家電に詳しい店員さんが常駐しているため、どの電球を買えばいいのか、おすすめはどれなのか等詳しく聞くことができますし、電球も他のお店よりも取り揃えているでしょうしね。

餅は餅屋ということわざもありますし電球がほしいときはまず、家電量販店に行くことをおすすめします。

ドン・キホーテ

電球を買う場所として次におすすめするのはドン・キホーテです。

ドン・キホーテであれば、深夜まで開いている店舗も多いですし、家電量販店ほどとはいかなくてもそれなりに電球の種類も取り揃えていますからね。

急に電球が必要となる、という事態はそうそうないかと思いますが、家電量販店が開いていないという際にはドン・キホーテをおすすめします。

ちなみにドンキホーテで電球を購入することについてこちらの記事で解説しています。
気になった方はこちらの記事も読んでみてください。

ドラッグストア

電球を買う場所として最後におすすめするのはドラッグストアです。

最近のドラッグストアは生活に必要なものであればほぼ何でも売っていますよね。

なので、当然電球もドラッグストアで買うことができます。

ただ家電量販店、ドン・キホーテほどは種類がない印象ですので、家電量販店が開いておらず、ドン・キホーテも近場にないという際に行ってみてください。

まとめ

電球の買い方において重要なことは以下の2点になります。

  • 口金サイズの確認
  • 電球の明るさ

特に口金のサイズを間違えると使用できない可能性、使用できたとしても上手く通電しなかったり、破損する可能性等々がありますので十分にご注意ください。

せっかく購入した電球が無駄になってしまった、ということにならないためにも電球の買い方が分からないという方はぜひこの記事で買い方について学んでみてくださいね!

関連リンク

電球の付け替え方についてはこちらの記事で解説しているので、もし気になった方は参考にしてみてください。

また文中にも登場しましたが、ドンキホーテで電球を購入しようと思っている方はこちらの記事も読んでみてください!

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Written By
tomo2010

このカテゴリのおすすめ記事

スポンサー

この記事に似ている記事

スポンサー