PS4におすすめのヘッドホン5+3選!PS4のヘッドホン設定方法は?

目次

PS4におすすめヘッドホンについて解説します

SONYの技術が凝縮したようなマシン、プレーステーション4(PS4)。イメージ的にゲームをやるだけのもののイメージですが、ブルーレイも観られるし、ネット接続も可能の総合エンタメマシンです。

高画質、高音質のPS4をとことん味わうには、やはり自分の世界に入り込めてゲームや映像を楽しめるヘッドセット(ヘッドホン)があると便利です。

ここでは、PS4向けのおすすめのヘッドホンについて解説していきます。

PS4におすすめできるヘッドホンとは?

PS4におすすめできるヘッドホンの特徴① 5.1ch、7.1chサラウンド対応モデル

シューティングゲームや爆破があるようなアクション映画やゲームを楽しむ場合、大迫力のサラウンドは必要不可欠。よりその世界に入り込ませてくれてテンションがあがりますよね。

そのために高音質に対応したヘッドホンがベターですが、その一つの基準となるのが「5.1ch、7.1chサラウンド」。

簡単に言ってしまうと5.1chサラウンドは、5つのスピーカーと1つのサブウーファーから音が流れてくる、つまり6方向から、7.1chは同じくの論理で8方向から音が流れてくるというわけですね。つまり、7.1chサラウンドともなると、部屋の8か所から音が流れてくるイメージなので360度音に包まれているような壮大感を体感できます。

よりリアルに近い画質を楽しめるPS4だけに、このような5.1ch、7.1chサラウンド対応ヘッドホンで、よりリアリティに近い形にもっていけるというわけです。

PS4におすすめできるヘッドホンの特徴② 有線でも十分!

有線タイプだとどうしてもコードが邪魔に感じてしまいますが、基本、PS4の場合は、本体にヘッドホンをつなげるわけではなく、ワイヤレスのコントローラーにつなげるだけなので、実質有線でもワイヤレスのように自由に動けます(コントローラーも付いてきますが)。直接的にはbluetootrh接続はできない(やり方はある)ので、市販のbluetoothヘッドホンでは、すぐには使えない場合も、初心者の方はより有線タイプの方がお値段的にもお手頃ですし、おすすめです。

昔のワイヤレスヘッドホンはノイズがどうしても入ってしまい音質はあまり期待できないものでしたが、今のタイプがかなり向上しており、ワイヤレスでも十分にクリアーな音を楽しめます。

PS4におすすめできるヘッドホンの特徴③ 軽量モデル

ゲームに熱中してしまうと、1時間、2時間などあっという間に過ぎてしまうものですよね。長時間、密着性の高いヘッドホンを付け続けていると、蒸れてきてしまったり、そもそも重く感じてきてしまいストレスの要因になってしまいます。

基準としては、重量300g以下のモデルの方が長時間使用に耐えられるのでおすすめです。ただ高性能になればなるほど重くなるのが常なので、そのバランスを見極めることになります。

PS4におすすめできるヘッドホンの特徴④ リモコン付き&ノイズキャンセリング機能付き

ゲームのタイプによってはマイクは必須なので、マイク付きのヘッドホンというのは当たり前だとして、他にも手元で音量調整ができるようなリモコンや、ノイズキャンセリング機能も付いていると嬉しいです。

ゲームや映画に熱中しすぎてしまい、誰かに声をかけられても気づかないのでは困りますし、bluetooth接続などではPS4とともにスマホともペアリングをして、通話が着たとしても、そのままヘッドセットとしてヘッドホンを使って話せれば便利ですね。

PS4におすすめできないヘッドホンとは?

PS4におすすめできないヘッドホンの特徴① 高価すぎるヘッドホン

例えば、安価な有線タイプのヘッドホン/イヤホンでも、基本PS4本体につなげるのではなく、ワイヤレスコントローラーにつながるので、コントローラーから耳までが有線なだけに自由に動くことができます。そのため、PS4自体も高価なものですし、PSVRなど周辺機器も続々と誕生しているので、ピンからキリまであるヘッドホンの価格帯ですが、数万円もするようなモデルは、動きの激しいPS4での利用にはコストパフォーマンスを考えるとあまり向きません。

PS4におすすめできないヘッドホンの特徴② マイクがついていないモデル

購入段階ではマイクを使う予定がなくとも、PS4のゲームの多くは通信(対戦)相手とチャットトークを楽しめるようなものも多く、マイクがあると便利と思う日が来るかもしれません。更にはスマホと連動させてハンズフリー通話としても使えますので、PS4により没頭するためには、やはり気になることを排除できる意味もあるマイク付きでないと物足りなく感じてしまいます。

PS4におすすめできないヘッドホンの特徴③ ライフスタイルに合っていない

よりゲームや映画に集中したい場合は、密着性が高く(その分、重い)クローズドタイプと言われる密着型のヘッドホンだとより音を楽しめますが、全く周囲の音が聞こえないので、家族がいる家庭やデリバリーなどインターホンの音くらいは聞こえたい人には向きません。

逆に、オープンエアタイプと言われる開放型ヘッドホンは、周囲の音は聞こえますが、その分、没頭感は薄れてしまいます。これに関しては、個々人のライフスタイルによって必要なものは変わってくると思いますので、自分のライススタイルにシミュレーションして最適なタイプを見つけましょう

次のページ : PS4におすすめのヘッドホン
前へ
1 / 3次へ

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Small 4ce2400c 9694 4203 b90b 2302af60ea53
Written By
yt_united yt-united
サッカーとケツメイシ好きのアラフォーです
こんにちは! サッカーとケツメイシをこよなく愛するアラフォーです。 最近、腰が痛くて老化を感じる日々であります。

このカテゴリのおすすめ記事

スポンサー

この記事に似ている記事

スポンサー