ドライヤーのノズルの意味や目的を解説!別売りは?使い方は?外す?

目次

ドライヤーのノズルについて解説します

お風呂上りには濡れた髪を乾かすためにドライヤーを使用するという方は多いですよね。
中には頭にタオルを巻いて自然乾燥させるという方もいるかもしれませんが、ドライヤーの方がはやく乾くので使用率は高いと思われます。

そのように日常生活において重要なアイテムとなっているドライヤーですが、先端にノズルが付いていますよね。

そのノズルが何ために付いているのか知っているでしょうか。

この記事ではノズルの意味について気になるという方のために「ドライヤーのノズルの意味や目的を解説!別売りは?使い方は?外す?」という内容でお伝えしていきたいと思います。

今まで何気なしに使っていたドライヤーを用途に合わせて効率的に使用するためにも、ノズルの意味を確認していきましょう。

ドライヤーのノズルとは?意味とは?

ドライヤー ノズル

それではまず、ドライヤーのノズルとは一体何なのか、その意味について説明していきます。

ドライヤーノズルとは?

ドライヤーノズルとは、ドライヤーの先端についている先が細くなっているものになります。

ドライヤーには大抵付いていると思いますので、ドライヤーを持っているよ、という方は見たことがあるでしょう。

ただ女性の方の中にはくるくるドライヤーしか持っていないという方もいるかもしれません。
そういった方にはドライヤーのノズルは少し馴染みがないかもしれませんね。

ドライヤーのノズルの目的

ドライヤーのノズルの目的とはブローをしやすくすることです。

というのもドライヤーの先端についているノズルはその形状が細くなっているため、風を送る範囲をある程度絞ることができるからです。
これにより髪の毛にあたる風を制御できるので結果ブローしやすくなります。

ちなみにドライヤーノズルとくるくるドライヤーの先端についているものの目的は別物になります。
くるくるドライヤーの方は先端にブラシが付いているので髪の毛を整えたりスタイリングしたりすることを目的としています。

ドライヤーノズルのようにブローを目的とはしていないことを覚えておきましょう。

ドライヤーのノズルの効果的な使い方

それでは次にドライヤーノズルの効果的な使い方についてお伝えしていきます。

使い方①髪の毛がほぼ乾いているときに使用する

ドライヤーノズルはブローを目的としてつけられているため、お風呂に行った後の髪の毛がすごく濡れているときに使用したとしてもあまり効果はありません。

これは実際に使用したことがある方なら想像できると思いますが、ノズルが付いたままだと風量も何となく弱く感じますよね。

ということでドライヤーノズルを効果的に使うために髪の毛がほぼ乾いている状態で使用しましょう。

いうなれば髪の毛を乾かす仕上げとして使用するといった感じです。

この使い方であればドライヤーのノズルが付いたまま髪の毛を乾かすよりも早く髪の毛が乾きますし、なによりそれは電気代の節約にもつながります。

さらには仕上げとしてドライヤーノズルを使用することで髪に艶が出やすくなります。

よってドライヤーのノズルの使い方としてはほぼ乾いている状態で使用するという方法をおすすめします。

次のページ : 普段はドライヤーのノズルは外しておいてOK
前へ
1 / 2次へ

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Written By
タナカ タロウ
宜しくお願い致します。

このカテゴリのおすすめ記事

スポンサー

この記事に似ている記事

スポンサー