Logo家電BOAT

プリンターを売るならどこ?注意点や価格相場を解説!インクも売れる?

公開日時: 2018/05/16
プリンターを売るならどこ?注意点や価格相場を解説!インクも売れる?

この記事を執筆するにあたって

最近のプリンターは安いモデルでもキレイに印刷ができて、技術の進歩を感じます。 しかし、その反面昔よりも繊細になった感じもします。 これまで4台のプリンターを所有してきましたが、最近のものほど短命になっていると思います。

Written By つーろっぷ

目次

プリンターを売る方法について解説します

不要になったパソコンはメーカーが回収しているので、それほど処分に困りません。
しかし、プリンターはそういった制度がなく、どうやって処分するのが良いのか、悩ましいところです
できれば、なるべく費用が発生しない方法で処分したいものです。
そんな時に「売る」という選択肢があります。
処分費用がかからない上に、いくらかお金になる可能性もあります。
ということで、今回はプリンターを売る方法について解説します。
上手くいけば、一石二鳥でお得です。

プリンターを売るならどんな方法がある?

プリンター 売る

プリンターを売る方法① ネットオークションに出品する

中古ショップは買い取った後に販売するのと、人件費がかかっているので、買取価格はどうしても安くなりがちです
しかし、ネットオークションやメルカリなどのフリマアプリで出品すれば、もう少し高値で売れます
物によっては、意外に高値になることもあります。
出品や商品の梱包、発送、入札者の対応などの手間が面倒でなければ、おすすめです。
現在は安全面も強化されており、金銭のやり取りはサイト運営会社が代行してくれたり、匿名で発送できたりするので、安心です。
送料は専用の宅配サービスを利用することで、通常よりも安価に発送できます。
メルカリなどのフリマアプリの場合は、オークションではないので、競りはありません。
売値で即決するため、展開が非常にスピーディーで、短期間で売るには重宝します。

プリンターを売る方法② 中古ショップで買い取ってもらう

ネットオークションやフリマアプリは高値で売るには有利ですが、やはり出品の手間がそれなりにかかります
そういった手間が面倒な場合は、中古ショップで売ると良いでしょう。
ネットオークションよりも安くなりますが、簡単さという点ではこちらの方が上です
事前にメールやLINEなどで査定もできますので、どの程度の値段で買い取ってもらえるのかわかります。
お店に持ち込まなくても、宅配便で送れるお店もあります。
デメリットとしては、発売から3年目以降のモデルにはほとんど値が付きません
新しくても状態がかなり良く、なおかつ付属品がすべて揃っていないと、高値が付きにくいです。
3年以上前のモデルでも値が付くのは、ビジネス向けのレーザープリンターやA1以上が印刷できる大型機ぐらいです。
それでも、ほとんどは購入時の10分の1以下程度の買取価格になってしまいます。
新しいモデルであるほど、高値が付きやすいです。
壊れていても買い取るお店もあります

プリンターを売る場合の相場はだいたいどのくらい?

プリンター 売る

中古店のプリンターの買取価格は、店やモデルごとにかなりバラつきがあります。
しかし、発売から3~5年以内であれば、購入価格の4割程度の値が付くことが多いです。
それ以前のモデルだと、ガクッと買取価格が下がり、高くても購入時の1割程度になってしまうものがほとんどです。
さらにそれよりも古いモデルの場合は、もはや買取対象ではなくなります。
ということで、売るならなるべく早い方が良いです
ここでは例として、キャノンのインクジェットプリンター「PIXUS TS5030」の相場を見てみましょう。
2016年9月に発売された一般向けモデルです。
ネット通販の最安値は8,000円台と、わりとお手頃です。
買取価格は、かなり幅があります。
最も高値だったのは、約4割強の3,700円でした。
他は2,500円、1,280円と続きます。
最高と最低の価格差は、2,000円以上もあります
もう少し古い2010年2月発売のキャノン「PIXUS iP2700」の場合は、2,800円~600円程度です。
前述のTS5030より6年前のモデルなので、買取価格が下がります。
最低は1,000円以下と、かなり安くなっています。
このほか、A3対応機の場合も新しい方が高値が付きやすいですが、A4対応機よりもモデルごとの差が激しいです。
時期や状態などによっても変わります。

プリンターを高い価格で売るために注意するポイント

プリンター 売る

高い価格で売るポイント① 早く売る

前項でも述べましたが、プリンターの買取価格は新しいモデルほど高くなります
ですので、高く売りたいのなら、早く売るのがおすすめです
発売から3年以内であれば、買った価格の4割程度の買取価格が付きます。
3年以降は良くても1割程度でしょう。
しかし、新しいモデルでもOSごとに印刷対応が異なるものなどは評価が低くなりがちで、高値が付きにくいです。
逆に、発売から5年以上経過していても、人気があったり出回っている数が少ないモデルなどは、高値になることもあります。

高い価格で売るポイント② 付属品を揃える

高く売るにはマニュアルや保証書、接続ケーブル、ドライバCD、インクタンクなどの付属品がなるべく揃った状態の方が良いでしょう
買った時にプリンターが入っていた箱もあれば、完璧です。
特に宅配便で買取に出す場合は、箱があった方が梱包が簡単にできます。
プリンターが入るぐらいの大きな箱は、意外に入手しにくいので、あった方が便利です。

高い価格で売るポイント③ インクを残す

今プリンターに入っているインクを使いきってから、買取に出そうと考えている人もいるかもしれません。
しかし、実はインクが残っていないと、買取評価ができません
というのも、インクがないと、テストプリントができないからです。
そうすると、査定ができませんので、買い取れない、ということになります。
買い取ってくれることもありますが、値が付かないジャンク扱いでの引き取りになることが多いです。
意外に見落としがちですので、注意しましょう。

ポイント④ キレイにする

プリンターも人と同じで、外見である程度印象が決まります
新しいモデルでも、ホコリが大量に付着していたり、汚れが激しいと高値が付きにくくなってしまいます。
特にオークションやフリマアプリで出品する場合、写真映りが売れ具合をかなり左右しますので、重要です。
手が届く範囲で構いませんので、キレイに掃除してから買取に出した方が高く売ることができます。

プリンターが売れない時はどうやって処分すればいい?

プリンター 売る

中古店では発売から時間が経過していない新しいプリンターであれば、たとえ壊れていても買い取ってくれます
しかし、発売から5年以上経過したプリンターは、買取の対象外になってしまうことが多いです。
購入から時間が経過したプリンターほど故障率も高くなりますし、買い取る側もハイリスクになってしまうので、そうならざるを得ないのでしょう。
とはいえ、多少古くてもちゃんと印刷できるのであれば、オークションやフリマアプリで数百円程度の格安で出品して、売ることもできるかもしれません。
しかし、印刷できない場合は処分した方が良いでしょう。
処分方法については、次の記事で紹介しています。

この記事に書いてあるように、プリンターは家電リサイクル法の対象外ですので、メーカーでは回収を行っていません。
主な処分方法は、2つあります。
- 自治体のごみ回収:
分解することができれば、不燃ごみとして出せます。
この場合は回収費用がかかりません
そのまま捨てる場合は、粗大ごみ扱いになります。
詳しくは、お住まいの自治体にお問い合わせください。
- 廃棄専門業者:
ダンボールに入れて、宅配便で送って処分できます。
ただし、インクジェットプリンターしか受け付けていないところもあります。
レーザープリンターを処分する時は、ご注意ください。
また、処分前にはプリンターにフラッシュメモリなどを付けたままにしていないか、確認しましょう。
さらに、ハードディスク内蔵のプリンターの場合は、記録されているデータを消してから処分しましょう。

【コラム】プリンターのインクを売ることはできる?

プリンター 売る

インクだけを売ることは可能です。
プリンター本体同様、新しいモデルのインクであるほど、売れる確率が高いです
中古店でも買取してくれますし、オークションやフリマアプリでも出品すれば売れます。
プリンターのインクを専門に買い取る業者もありますので、そういったところに売るのも良いでしょう。
ただし、中古店とインク買取専門店のほとんどは、未開封で使用期限が1年以上残っている純正インクでないと、買い取ってくれません。
その点、オークションやフリマアプリは、多少古くても純正インクでなくても安くすれば、売れます
プリンターのインクは消耗品なのに、決して安くありません
だから、古くても欲しい人は結構います
しかし、10年以上前のインクはさすがに劣化しているでしょうから、売れないでしょう。

まとめ

プリンターは本体価格が抑えられており、安いものなら1万円しません。
このため、売ってもそれほど高値になりません。
少しでも高く売るには、なるべく新しいうちに売ることです
不調になるまで使っても、修理費用が高額で処分することになってしまうことも少なくありません。
ならば、早いうちに売って、新しいものに買い替えるのも一つの方法かもしれません。

参考元
- ヒカカク!
- 【2018年】プリンター買取相場早見表!いくらで売れるか買取価格を一発チェック!【最新】
- あなたのプリンタはいくら? | プリンタ 楽々買取 お売り下さい!
- 不用品・壊れた物・故障・ジャンク買取専門店│リサイクルショップ ビリケン堂
- プリンタ買取NET
- プリンターを廃棄する方法 | パソコン廃棄.com
- 純正インク買取 全国どこでもインクの高価買取はアシスト

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Small 20180106064951
Written By
つーろっぷ
選んでいる時が一番楽しいかも。
家電選びの一助になればうれしいです。 よろしくお願いします。

このカテゴリのおすすめ記事

スポンサー

この記事に似ている記事

スポンサー