Logo家電BOAT
【コスパがいい!YamahaイヤホンEPH-22(W)】

目次

自己紹介
はじめまして。為替や株の取引で生活している小島と申します。為替市場が最も動くのは夜中なのでイヤホンは必需品となっています。私自身は音楽の専門性はありませんが、気持ちいい音、悪い音の区別はつくと思っています。

EPH-22 小島01

今回ご紹介するイヤホンは、YamahaイヤホンEPH-22カナル型スタンダードタイプホワイトです。
このイヤホンはシンプルなデザインが特徴です。密閉カナル型、インピーダンス16ohm、ハイレゾ対応、再生可能音域の上限は40.000Hz、ケーブルの長さは120cmで音量調節のスイッチ付きです。有名メーカーYamaha
の製品で価格はリーズナブルなイヤホンです。ブランドとスペックを考えると、とてもコストパフォーマンスの良いイヤホンです。

【音質】☆☆☆☆★

・高域☆☆☆★★

 高音は特に強調してあるわけではないです。クリアな柔らかい高音になっています。アコーステックギターなの弦楽器はシッカリと聞かせているように感じます。曲によるものだと思いますが、たまにキンキン聞こえる事があります。

・中域☆☆☆★★

 とても聞きやすくなっています。特に女性ボーカルの声は聞いていて気持ちよくなります。

・低域☆☆☆★★

 重低音タイプでは無いですが、低音もシッカリと聞こえます。

・音の透明感☆☆☆★★

 ギターやドラムやベースはハッキリと聞こえます。混ざって濁ること無くハッキリと聞き取る事が出来ます。

【コストパフォーマンス】☆☆☆☆★

2000円台中盤のイヤホンにしてはとても良く出来ていると思います。メーカーもYamahaですから、さすが音楽機器メーカーのイヤホンという印象です。ハイレゾ対応、再生可能音域の上限は40.000Hzというスペックを考えてもYamahaイヤホンEPH-22(w)はコストパフォーマンスの良いイヤホンと言えると思います。

【デザイン】 ☆☆★★★

デザイン自体はとてもシンプルです。余計な装飾も無く気に入っていますが、ロゴマークが剥げ易いです。どこかに擦った事も無いのですが勝手に剥げてしまうようです。

【装着感】☆☆★★★

簡単につけられて、つけている時の違和感も無く快適に着用できます、長時間着用時の疲労度もほとんど有りません。しかしこのイヤホンは装着後から徐々にズレ出して緩くなり、抜け落ちてしまう事があります。

【オリジナリティ】☆☆☆★★

オリジナリティはとくに無いですが、低価格で高性能な所がオリジナリティかも知れません。

EPH-22 小島02

EPH-22 小島03

【機能性】☆☆☆★★

マイクは無し、Bluetooth無しです。充電の必要は有りません。

遮音性はかなりいいです。大きめの音で聞いても音漏れは小さいです。

【利用シーン】

外やスポーツ時などは抜けやすいので適して無いです。家でリラックスしている時や激しく動かない時なら問題なく使えます。

【ジャンル】

私はアニメのオープニング曲やエンディング曲を聴きますが、やはりこのYamahaイヤホンEPH-22(w)は女性ボーカルの曲がとても気持ちよく聞こえますので、女性ボーカルが好きな方におすすめです。

【総合評価】☆☆☆☆★

EPH-22 小島04

総合評価としてはこのYamahaイヤホンEPH-22(w)は買う価値があるイヤホンだと言えます。もっと高い値段のイヤホンならもっといい音が出るとは思いますが、今の時代はコストパフォーマンスが求められる時代です。みんなコストパフォーマンスを意識して買い物していますので、このイヤホンはそれを満たすことが出来るイヤホンだと言うことです。低価格で高性能が出るイヤホン。これがこのイヤホンの特徴であり、価値であると思います。

前へ
1 / 1
次へ

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Written By
小島

このカテゴリのおすすめ記事

スポンサー

この記事に似ている記事

    スポンサー