【SONY MDR-XB70BTの快適さはネックバンドにあり】

目次

外出時には、可能な限り音楽を聴きながら出かけるquenjiroです。歩きながらのリスニングは楽しい時間ですが、端末から伸びるケーブル、煩わしいですよね。ワイヤレスなら…。Bluetooth4.1『MDR-XB70BT』、合格です。でもブルートゥースって接続がうまくいかない時とか…。ボタンひと押し一発接続、NFCもある『MDR-XB70BT』、合格です。あ、レジの時は外さなきゃ…。ネックバンドで簡単着脱、『MDR-XB70BT』合格です。そんな『SONY MDR-XB70BT』のいいところ、早速見て行きましょう。

MDR-XB70BT quenjiro01

MDR-XB70BT quenjiro02

【音質】☆☆☆☆★

・高域☆☆☆★★

 それほど主張のない高音域で、騒がしい、耳に痛いというようなことはありません。もう少し伸びて全体の空気感を高めて欲しい気もしますが、出しゃばらないことで無難にまとめ上げているともいえます。伝送時の再圧縮の際に丸め込まれてしまったような気がしないでもありません。

・中域☆☆☆★★

 ストレスを感じさせない中音域です。クリアさもう一声!という感もなくはありませんが、Bluetoothイヤホンとしては十分明瞭に聴こえます。視聴にあたって、mp3やAACなど違うフォーマットの音源で試していますが、そのフォーマットや圧縮率の違いが結構如実にわかるのがこの『MDR-XB70BT』の中音域でした。

・低域☆☆☆☆★

 SONY EXTRA BASSシリーズの名に恥じない、迫力の低音域です。『MDR-XB70BT』の商品紹介ページに”圧倒的な量感の低音を正確なリズムで再現し、重低音のグルーヴ感をダイレクトに伝達することで、クラブに居るような重低音の迫力や臨場感を再現します。”とありますように、最近の「クラブで流れるような重低音」の音源なら効果てきめんです。

・音の透明感☆☆★★★

 高音域の質感不足のため、透明感はあまり感じられません。低音域がよく効いているため、楽器のボトム側の存在感はあるのですが、そこから高域にいくにつれぼやけてしまう印象なので、結果として分離感も感じにくくなっています。ただ『MDR-XB70BT』は、どの音域も一定の品質がありますので、ダンゴ状態とまではいえません。

【コストパフォーマンス】☆☆☆★★

実勢価格は7000円程度(2017/9現在)ほどで、国内メーカー製品としてはエントリークラスとミドルクラスの中間ぐらいの価格帯でしょうか。その点でいえば確かにエントリークラスにプラスアルファといえるような音質・機能性ですので、値段なりのパフォーマンスかなと思います。ただこの微妙な価格帯で製品を選ぶのは実は難しく、及第点を与えられるパフォーマンスがあることは、評価に値します

【デザイン】☆☆☆☆★

・デザイン ☆☆☆☆★

何と言ってもシリコン製フレキシブルバンドが目を引きます。しなやかな材質で首にフィットするので、つけた感じにあまり違和感を感じません。同系の2色を組み合わせたカラーリングで地味になりすぎないシンプルさを演出しています。ワイヤレス化はケーブルからの解放だけでなく、デザインにも自由さを与えたと思わせる、新鮮な仕上がりになっています。ただリモコンのコントロールを見ないで操作するのは難しく、機能性にやや問題を感じます。

MDR-XB70BT quenjiro03

・装着感 ☆☆☆☆★

フレキシブルバンドを首に回し、そのままハウジングを持ち上げればすぐ耳に装着することができます。この装着のスムーズさは他のイヤホンではなかなか得られないと思います。つけてみると耳孔の他に当たる箇所もなく、イヤーピースの大きさが適切なら快適でしょう。2時間ほどつけて見ましたが、長時間の使用後はそれなりの疲労感が残ります。ただ長時間聴く場合でも、一旦外して疲労回復を待つ間、首にぶら下げておくことができるのがネックバンド式のいいところです。

【付属品】☆☆★★★

付属のイヤーピースは何と四種類。S/M/Lの他に一番小さいSSが付いてきます。おそらくほとんどの人が自分の耳孔の大きさにあったイヤーピースを選べるのではないでしょうか。また、ケーブルをまとめるクリップが付いていますが、これでケーブルのねじれを取るのが何となく楽しいです。他にマイクロUSBケーブルが付属しています。

【機能性】☆☆☆☆★

マイクはリモコンに内蔵されており、使いやすい位置にあります。ブルートゥース/NFCの接続もスムーズで、ソニーのブルートゥースイヤホンおなじみの「Bluetooth connected.」の音声アナウンスが、SFガジェット感満点で格好良いです。連続再生時間も最大9時間もあるのも嬉しいポイントです。

遮音性に関しては特に対策されている様子はありません。一般的なカナル型イヤホン並と思って良いでしょう。特にジョギングなどの体を動かすシーンに使うことを想定すれば、あまり高い遮音性はかえって危険かと思いますので、この程度で十分なのではないでしょうか。

【利用シーン】

そのスポーティなデザイン、外れてもバンドがあることで落下しにくい機能性を考えると、やはりランニングやフィットネスなどの軽い運動時の使用に威力を発揮すると思います。ただ防水加工はされておりませんので、雨天時や大量の汗を書いたときなどは注意が必要です。運動時のみならず、脱着が容易なネックバンドの利便性は、日常生活でのリスニングもスムーズにしてくれるでしょう。

【ジャンル】

なんといってもEXTRA BASSシリーズなので、その低音域の迫力を活かせるのはベースの効いたクラブ系の音楽でしょう。電子音ベースとの相性は特筆ものです。その他はバランスも悪くないのでそこそこ何でも聴けますが、じっくり聴くとなるとやはり物足りなさが残ります。特に圧縮率の高い音源などのアラが目立ちやすい傾向にあります。

【総合評価】☆☆☆★★

MDR-XB70BT quenjiro04

高音質化が急速に進んでいるとはいえ、端末から一旦圧縮して伝送するブルートゥースの仕組みを考えると、どうしても音質に関しては大目に見てあげたいのが現状です。とはいえ部分的には問題があっても、迫力の低音域で十分楽しめる製品であると思います。また何といっても、シリコン製フレキシブルバンドの利便性は想像以上で、いつでもすぐにリスニングに戻れる使い勝手はかなり快適です。機能性も合わせて見れば、普段使いのお供に連れて行きたくなる、そんな製品でした。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Written By
quenjiro

このカテゴリのおすすめ記事

スポンサー

この記事に似ている記事

    スポンサー