Logo家電BOAT
【ワイヤレス×低音強化のMDR-XB80BS、でも実際は…】

目次

こんにちは、Shunsukeと申します!都内在住の大学生です。
私は通学時および自宅で音楽を聴くのを主な目的としてイヤホンを使っています。デバイスはiPhoneやiPadがメインです。サークルの関係で音楽をやっており、器楽や合唱曲を頻繁に聴きます。とはいえ、音楽を「しっかり」鑑賞することは少なく、音質についてはそこまで優れたものを要求しておりません。通学時にも使用するので、リモコンがあるものがいいかなー、とは思っています。

今回レビューするのは、SONYのMDR-XB80BSです。いわゆるワイヤレスイヤホンで、その中でも低音が強化されている一品ですね。そのほか防水(手洗い可能!)、LDACとなっており、音質・機能ともに大いに期待できる一品です。価格は11,000円程度となっております。

MDR-XB80BS Shunsuke01

MDR-XB80BS Shunsuke02

【音質】☆☆☆☆★

・高域☆☆☆☆☆

 EXTRA BASSと言っているくらいですから高音域にはそこまで期待していなかったのですが、非常に優秀でした。なんといっても解像度が高く、澄んだ音が聞こえます。ワイヤレスイヤホンだとどうしてもノイズなどの影響で微妙な音質になりやすいのですが、そういう問題は感じませんでした。特に高音域だと、解像度の高さが如実に現れます。女性ボーカルの曲を聞いても大満足です。

・中域☆☆☆☆★

 特別優れているわけではありませんが、標準以上の音質であると感じました。こちらも期待以上ではあります。解像度はやはり高いので、良質な音を楽しめることでしょう。ただし、音量が大きくなると若干ぼやける傾向があります。人間の声よりもドラムなどでその傾向が強いのでご注意ください。

・低域☆☆☆★★

 一番残念だったのが低音です。EXTRA BASSとのことでしたが、正直そこまでちゃんと聞こえません(笑)。ただし良いところもあって、低音は他の音域とくらべて立体的に聞こえます!イメージとしては、ライブ会場で聞いている感じですね。せっかく立体的なんだから、もうちょっと強めでもよかったのに…という気持ちです。

・音の透明感☆☆☆☆☆

 MDR-XB80BSの音の透明感はほんとうに優れていると思います。どういう曲でどのパートを聞いても、ちゃんと聞き分けることができます。ぜひ一度試してほしいレベルです。ただ、それが低音の聞こえ具合に直結しているかと問われると答えはNOです。低音は(単純に)もっとボリュームが欲しいですね。

【コストパフォーマンス】☆☆☆☆★

前述のとおりこのイヤホンは11,000円します。私はいままでここまで高価なイヤホンに手を出したことがなかったので、価格に見合ったものが得られるかどうか不安に思っておりました。しかし実際に使用してみたところ、「この音質でこの価格なら納得だな」という感じです。むしろ得した気分ですね。リモコンなどの機能も充実しています。同価格帯の他のイヤホンと比べても、コスパが優れていると思います。

【デザイン】☆☆☆☆★

・デザイン ☆☆☆☆★

ご覧のとおり、通常のカナル型イヤホンとは異なる形状をしております。想像に難くないことでしょうが、耳に引っ掛けて装着するわけですね(パッケージに、装着している男性の写真があります)。こうすることで、外れにくくなっているんです。下の写真のように、各種ボタンは装着部の根元についています。両耳をつなぐコードは短くなっており、また全体的に軽量です。パッケージにシールが貼られている通り、スポーツ向きを意識してのことでしょう。

MDR-XB80BS Shunsuke03

・装着感 ☆☆☆★★

耳にしっかりフィットするよう設計されているMDR-XB80BSですが、実際に使ってみたら「ちょっと装着しにくい」と感じました。耳に差し込む部分は無問題なのですが、引っ掛ける部分の形状が独特なのが難点。耳の形状・大きさは個人差があるので、できれば試着してみてください。
とはいえ装着の時点で問題がなければ、(こういう形状にしているおかげで)ズレにくいですし、軽量のため長時間使用しても苦にはなりません。

【オリジナリティ】☆☆☆☆☆

オリジナリティに溢れているイヤホンだと思います。スポーツ時の使用に特化しているのがやはり大きな特徴なのですが、一方で音質も優秀なのが驚きです。なかなか軽量性・コンパクトさと音質は両立しにくいのですが、それをうまいことやり遂げています。

【機能性】☆☆☆☆☆

機能面でも充実しているMDR-XB80BS。再生・停止ボタンや音量調節ボタンが付いているほかマイクも内蔵しているため、ハンズフリー通話が可能となっております。Bluetooth式のワイヤレスイヤホンです。USBで充電する形式で、充電には約2時間を要します。連続再生時間は7時間程度ですので、寝るときに充電しておけば十分です。またLDACであるため、ワイヤレスでありながら高音質を実現できています。
遮音性はそこまで高くないと感じます。普通だったら低評価の要因となるのですが、スポーツ向きのイヤホンなのでむしろその方が良いというのが私の考えです。気密性・遮音性が高すぎると危険ですからね。これにより、音漏れも起こりやすいので、電車内等での使用を予定している方は注意してください。

【利用シーン】

なんといっても「SPORTS WIRELESS」とパッケージに記されている通り、スポーツ向きですね。運動しているときに使用するイヤホンの完成形と言えるのではないでしょうか。防水仕様となっておりますので、汗をかいたり濡れたりしても問題ありません。またフィットしやすい形状のため、激しい運動であっても外れることはありません。また、静かな場所で使用すると、持ち味の音質を味わうことができるでしょう。

【ジャンル】

私は日頃、趣味の関係で管弦楽や合唱曲を聞きますが、どちらの場合でもクリアな音を楽しめました。解像度が高いので、和音がしっかり聞こえるのがGOODですね。他ジャンルの音楽も聴きましたが、良い音質を楽しむことができました。せっかくなので、そこまで騒がしくない音楽をチョイスされると良いと思います。

【総合評価】☆☆☆☆☆

MDR-XB80BS Shunsuke04

スポーツのためのイヤホンであるMDR-XB80BS。EXTRA BASSと表示されていたので低音には期待していたのですが、そこまで強くは聞こえませんでした(立体性はあります)。そこが少し残念でしたが、そのほかは優秀な点ばかりでした。全体的に高音質ですし、機能も充実しております。スポーツをする方には非常にオススメです。
また、ハズレを引くのが怖いという理由で高級イヤホンを買い控えている方にとっても試す価値がある一品。価格に見合った、あるいはそれ以上のイヤホンです!

前へ
1 / 1
次へ

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Written By
Shunsuke

このカテゴリのおすすめ記事

スポンサー

この記事に似ている記事

    スポンサー