【高性能なBluetoothイヤホン Parasom A3 徹底レビュー】

目次

投稿者: Metro_Osamu

Bluetoothイヤホン「ParasomA3」について徹底レビューしていきます。

Parasom A3 Metro_Osamu01

さて、自分は専門的な音楽知識はありませんが、イヤホンで音楽を毎日1~2時間程度聞いています。なので私生活とイヤホンは切っても切れない関係。通勤時にスマホで音楽を聴いているものの、端末操作に手こずったりワイヤーが絡まったりで結局電車の乗り降りに影響してしまう始末でした。

そんな時、ネットサーフィン中ふと目に留まったのがこのワイヤレスイヤホンParasomA3。

取り敢えずレビューを読んでみると、高レビューが多く点数も中々だったのでさっそく購入してみました。

まず開封してみて思ったことは、パソコンで見た写真よりも少しシックな印象を受けました。落ち着いたデザインで気に入りました。
主な仕様を簡単に説明すると、無線通信範囲は約10m、一般的なワイヤレスイヤホンより少し範囲は広い感覚です。
付属に充電ケーブルが付いてきますがコネクタは一般的なUSB(Micro-B)端子なので、万一紛失しても市販のもので十分賄えます。
充電時間は約2時間。通信状態は約4時間と記載されていましたが、使い方によっては一日中通信を保つことが可能です。
収納ケースは一般的なものよりも分厚かったので、かさばると思い使用しないと決めました。

Parasom A3 Metro_Osamu02

【音質】☆☆☆★★

・高域☆☆☆★★

 他の音域と共に安定して耳に入ってくるという感覚です。音割れは無く、高音域だけ聴こえ易いとうことも有りません。低音の音と混じり合ってもしっかり耳に入ってきますが、クリアに聴こえるほどではありませんでした。

・中域☆☆☆★★

安定して聞こえます。中音域は全体的にフラットかつクリアに聞こえる印象です。また、ドラマや映画等のアクションシーンのSEも均整に聴こえて来るので、疲れずにリラックスして聴けます

・低域☆☆☆★★

平均的です。重低音がどっしりとあるわけではありません。聞こえにくかったり、音が軽い状態になっているわけではありませんが個人的に特筆するものは有りませんでした。音域のふり幅が小さいという意味で低音もしっかりと聴こえます。

・音の透明感☆☆★★★

どの音域も平均的に聴こえるので、透明感という意味ではやや劣るかと思います。ただBluetoothという性質上、有線イヤホンと比べると仕方無い部分ではあります。ただ音が混濁している訳では無いので、透明感を求めての購入はオススメできないといった印象です。

【コストパフォーマンス】☆☆☆☆☆

デザイン、便利性、操作性を考慮して、同価格のBlootoothイヤホンに比べ確実に優れています。低コスト、高パフォーマンスです。多機能なので、人によっては使わない機能も出てくるかと思いますが(ハンズフリー機能等)、やはり機能量も多いに越したことはなく、特にワイヤレスイヤホン入門用に購入し易い価格ではないかと感じました

【デザイン】☆☆☆☆★

・デザイン ☆☆☆☆★

赤と黒のツートーンです。ケーブル部分や操作ボタンの個所はブラックで基調されており、イヤーピース周辺に少赤みが掛かっている形状です。ケーブル部は一般的なものよりも少し分厚く平たい形状で、安定感があり絡まりにくいです。右耳付近に操作ボタンが設えられており、基本右手で操作し易い形になっています。また、結束用パーツやフックがケーブル部分に付いており壁掛けやコンパクトな収納がスピーディーに可能です。全体的にシック&カジュアルなデザインに仕上がっているので、外出時の装着も目立つことは無いかと思います。

Parasom A3 Metro_Osamu03

・装着感 ☆☆☆☆★

イヤーピースがS/M/L、イヤーフックがS/M/L、それぞれ三サイズ付属しています。自分の耳に合わなければ、それぞれのサイズを変更し、最適な状態にすることが出来ます。カナル型の為耳にフィットするので音量の微調整を行い(音量微調整機能)少音量にしておけば長時間の着用でも疲労感は感じませんでした。ワイヤレスなだけあって、ケーブルと衣服の衣擦れによるノイズはほとんど入ってきません。

【オリジナリティ】☆☆☆☆☆

イヤホン内で「パワーオン」「パワーオフ」「デバイスに接続しました」を口頭で言ってくれます。今イヤホンがどういう状態なのかが瞬時にわかります。ピッ、ピピッ等の音の連続で判断するタイプも有りますが、個人的に口頭の方が判り易い感じがしました。声もはっきりと聞き取れるので、急いでいるときには凄く助かっています。

【機能性】☆☆☆☆★

ハンズフリー機能搭載でマイクも付いています。デバイスとの接続方法はタイトルにもある通り、Bluetooth接続になります。

バッテリー等充電についてですが、ユーザーによって違いが出てくるかと思います。自分は就寝前にさえ充電しておけば、次の日に充電が切れたことは有りません。9時間弱外出する時もありますが、途中で充電が必要になったことは有りませんでした。ただずっと装着しているわけではないので、一概には言えません(公式の仕様には約4時間と書かれています)。

高遮音性です。カナル型で耳にフィットするタイプなので、少量のボリュームでも自分の世界に浸ることが出来ます。外の雑音の大小にかかわらず、小ボリュームでも音をキャッチ出来るので、電車等で外野が気になる時にも使えます。ただ遮音性が高いということは車の音や人の声等外の音が届き辛いということなので、そこは注意しなければなりません。

【利用シーン】

基本的に家庭内でパソコンやテレビに繋いで聴くことはあまりしません。有線イヤホンに比べ接続に時間が掛かる為です。自分はランニング等のスポーツ時や電車やバス等公共交通機関での移動時に使用しています。かさばらず持ち運びが容易、万が一ワイヤーが何かに引っ掛かって他人に迷惑を掛けてしまう、というようなことも起きないからです。また再生、一時停止、音量、選曲は端末を出さなくてもイヤホンだけで操作可能ですので、人混みの中での使用にも便利です。耳の奥までフィットしますので多少走ったりしても問題ないでしょう。

【ジャンル】

自分は主にアニソン・ゲーソンをメインに聴いています。アニメソングによく見られるハイテンポな曲や、逆にスローテンポの曲などで音質の差異は感じたことは有りません。BPMによる聴き易い、聴き辛いは無いと思います。
音圧が一定しているので、クラシックを聴くのは物足りないかもしれません。

【総合評価】☆☆☆☆☆

Parasom A3 Metro_Osamu04

2,000円台で、このような高性能なBluetoothイヤホンはお目に掛かったことがありません。お金を積めばもっと良いモノも買えますが、それはもう趣味の域。このイヤホンの魅力は低コスト、高パフォーマンスに尽きると思います。
ワイヤレスイヤホンはケーブルイヤホンに比べ接続に時間が掛かります。そのデメリットをいかにスピーディーに出来るかに掛かっています。レビューの通りParasom A3は接続過程においても利便性に優れています。
全体的にストレスフリーなイヤホンに仕上がっているので、通勤時等スマートに音楽を聴きたい人にオススメの一品です。

前へ
1 / 1
次へ

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Written By
Metro_Osamu

このカテゴリのおすすめ記事

スポンサー

この記事に似ている記事

    スポンサー