【SONY MDR-XB55は周波数フラット&バランスの良い音質でコスパ最高でした!】

目次

こんにちは。音楽歴21年、元バンドマン、ボーカル&ギターと作曲をメインで担当していたイヤホン好きのアラフォー・ヒラノです。

今回は、2017年の7月15日に発売されたイヤホンである『MDR-XB55』のレビューです。

こちらは、低音が特徴的なベースブースター搭載モデルで、カタログ値で見ても再生周波数帯域4~24000Hzと、同価格帯の平均的なイヤホンに比べて低域レンジが広く取られたイヤホンとなっています。

再生環境は、主にiPhone&iTunesでの再生で、音源の圧縮形式はMP3、ビットレートは320kbps、ポタアン等は使わずイヤホン→イヤープラグへの直結で聴きました。

MDR-XB55 ヒラノ01

MDR-XB55 ヒラノ02

【SONY MDR-XB55の音質】☆☆☆☆★

・高域☆☆☆★★

まずはTIGER STRIPES『Kuhla』の楽曲で試聴してみました。

SONY MDR-XB55は、他のSONY製品に比べて高音域が変に強調されているところがないため、ハイハットのキレは良いながらも耳に痛く刺さったりすることはありません。

このイヤホンは、中音域の延長上に高音域が乗っているイメージの音作りで、自然な高音域が特徴です。逆に言うと高音の伸びが特別良いといったこともありませんでした。

そのため、メタル等の歪んだギターなどの『鋭さにあたる高音域』についてはあまり得意ではない印象を受けました。

・中域☆☆☆☆★

ボーカルにあたる部分はやや引っ込みがちながらも、フラットに聴くことができました。

ボーカル以外の楽器は、左右に振られたピアノのバッキングパートをしっかり捉えることができました。

また、女性ボーカルはジャンルや音域によって抜けるものとそうでないものに分かれました。

総合的に、中音域をメインで担当するボーカルパートで判断するならば、どちらかといえば比較的キーの低めな男性ボーカル向きのイヤホンだと思いました。

・低域☆☆☆☆☆

前述のTIGER STRIPES『Kuhla』に代表されるハウス系の楽曲ではバスドラムを勢いよく鳴らしてくれました。

勢いが良いながらも、変に膨らみすぎることもなく、絶妙なバランス加減でした。

ベース部分にあたる低音域も気持ちよく鳴らしてくれるのですが、それ以上にベースより少し上の周波数帯域に乗るシンセなどのバッキングパートをしっかりと聴かせてくれます。

この価格帯のイヤホンでここまでまとまった低音域を聴かせてくれるとは思っていませんでした。

低音域の表現力に関しては、同クラスのイヤホンと比較した場合、かなり上位に値すると思います。

・音の透明感☆☆☆★★

ドラムスはバスドラムやフロアタムの響きをしっかりと鳴らしてくれ、透明感もそれなりにありました。

全体的に混ざりが良く、透明度が高いわけではありませんが、ピアノにあたる音域の部分の音の分離は良かったです。

リバーブ等のエフェクトの表現については平凡で、再現度は普通でした。

あと、Tommy Emmanuel等の、インストゥルメンタル楽曲で聴くアコースティックギターの音の透明感は良かったです。

ギターの5、6弦に相当する低音弦の部分をしっかりと表現してくれていました。

・音の定位感☆☆☆★★

楽器のパート分けが破綻することもなく、ボーカルもセンター定位でしっかりと聴かせてくれます。

音場は横の広がりが狭めです。

低音がしっかりしているゆえの相対的なものかもしれませんが、高音をやや上側に広げてくれるため、縦の広がりを感じることができました。

【SONY MDR-XB55のコストパフォーマンス】☆☆☆☆☆

低音域を無理やり誇張しがちなこの価格帯のイヤホンが多い中、充分にして過剰すぎない低音域のチューニングは本当に素晴らしいです。

正直、これが3,000〜4,000円代で購入できることに驚きました。

特にイヤホン初心者で『自然な低音域ブースト』が欲しいといった場合は、筆者ならこのイヤホンを購入するべきだとお伝えするでしょう。

【SONY MDR-XB55のデザイン】☆☆☆★★

デザイン ☆★★★★

SONY MDR-XB55は無骨でプラスチック感の強いデザインのため、はっきりいってお洒落なイヤホンではありません。

おそらく、外見で購入を敬遠する方もいるでしょう。このイヤホンは人を選ぶと思います。

もし使うとしたらスーツ等のフォーマルスタイルではなく、ジーンズ等のカジュアルなシーンのファッションの時に合いそうです。

全体的にプラスチッキーな印象でありながら、ハウジング背面に施されているメタル部分の精密なヘアーライン加工は唯一良い点でした。

MDR-XB55 ヒラノ03

装着感 ☆☆☆☆★

はじめからなんなく装着することができました。

装着時の不快感でいうと、カナル型イヤホンに共通している、耳穴を塞ぐ時の「ボコッ」という音です。

装着してしまえば、耳から外れるストレスはありません。

このイヤホンは耳穴に入るハウジング部分が小さく設計されているため、奥まで装着することができ、レビュー時の試聴においては、少し動いただけで外れるといったことはありませんでした。

MDR-XB55 ヒラノ04

次のページ : 【SONY MDR-XB55のオリジナリティ】☆☆☆☆★
前へ
1 / 3次へ

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Written By
ヒラノ
ヒラノ様の個人ページはこちら http://utsusapuri.com/category/%E9%9F%B3%E6%A5%BD%EF%BC%86%E4%BD%9C%E6%9B%B2/

このカテゴリのおすすめ記事

スポンサー

この記事に似ている記事

    スポンサー