Logo家電BOAT
【audio-technicaのATH-CKS55X BKを使用したら、いつの間にか昔の自分を否定していた】

目次

thunderbird2です。以前、音楽にかかわっていたことがありますので、ほんの少しだけ、人よりも音に敏感なのではないかと自負しています。以前、2万ヘルツを超える音の中に、心を癒やす働きがある、という学説に触れたことがあり、それ以来、民族音楽、それも邦楽やバリ島のガムランなどにとても興味がわくようになってきました。なので、高い音の再生がきちんとできないオーディオについては辛口になりやすいので、その点どうぞご了承ください。  
イヤホンへの愛着は、あまりありません。音が良ければメーカーなどにこだわりはありません。音楽は、本来、スピーカーで聞くもの、という考えをもっており、イヤホンは周囲に迷惑をかけないためのあくまでも音楽鑑賞の補完措置というスタンスです。

購入したのは、audio-technicaのATH-CKS55X BKという耳栓型のイヤーピース 付きイヤホンです。全体に黒色のマット仕上げで、コードも光沢の無いゴム状の樹脂でおおわれています。音源部分の外装のみに、光沢のある塗装がしてあります。  

audio-technicaCKS55X thunderbird201

audio-technicaCKS55X thunderbird202

【ATH-CKS55Xの仕様】

型式 ダイナミック型

ドライバー φ12.5mm

出力音圧レベル 105dB/mW

再生周波数帯域 5~24,000Hz

最大入力 100mW

インピーダンス 16Ω

質量(コード除く) 約6g

プラグ φ3.5mm金メッキステレオミニ(L型)

コード 1.2m(Y型)

● 付属品:イヤピース(XS,S,M,L)、ポーチ

【ATH-CKS55Xの音質】☆☆★★★

・高域☆☆★★★

 良く言えばバランスのとれた音です。突き抜けるような、気持ちのいい高音は正直言って出ません。広域の分解能はそれほど悪くありませんが、まるまった音、という感じがします。例えば、エンヤのアルバムなどは高音の爽やかさを味わうものだと思うのですが、高音に力がないため爽やかさ2割減という感じです。ガムランや、チェンバロは、高音を豊富に含みますので、向きません。

・中域☆☆☆☆★

 中域は、得意です。人の声の再生に向いています。会議などは最も得意とするところです。合唱などもピアノ伴奏なら大丈夫です。山本潤子の「窓に明かりがともる時」は、ピアノとボーカルが主体ですので、かろうじてOK。「尋常小学校唱歌〜足踏みオルガンの思ひ出〜」なら中音主体なのでこれも十分OKです。中村由利子のピアノ曲集などは最も得意とするところです。柔らかな音ですので、彼女のピアノのたおやかさを表現できます。

・低域☆★★★★

 音楽を聞いていて感動する瞬間というのは、こころの動きを低音がしっかりと受け止めてくれた時ではないでしょうか。音に身を委ねるためには、低音がしっかりしているべきだと思います。その点、このイヤホンATH-CKS55Xは不向きです。ソースの持つ豊かな低音を再生しきれません。ナタリー・コールのジャズ・ナンバーを再生してみたのですが、ウッド・ベースがしっかりしていないのでジャズの楽しさが半減しています。

・音の透明感☆☆★★★

 低音も、高音も弱いので、例えばドラムスのワイヤーブラシの音などは厳しいですね。各楽器が聞き取れないということはありませんが、「聞き取りにくい」です。また、音のキレが良くありません。「カッ」というアタック、つまり音の角が弱い、と表現したらよいでしょうか。音の輪郭がぼけている感じです。ギターもピアノもシンセも皆中音域だけが鳴っている感じなのでそれなりに存在はわかりますが、全体にAMラジオを聞いているような音がします。

【ATH-CKS55Xのコストパフォーマンス】☆★★★★

ATH-CKS55Xの希望小売価格が4,800円、というのは少々高すぎるのではないでしょうか。製品のホームページに書いてある、「強烈な重低音。ジャンルレスで爽快な再生音が味わえる」という表現は、まったくあてはまりません。AppleのEarPods with 3.5 mm Headphone Plugの希望小売価格は3,200円ですが、こちらのほうがコストパフォーマンスがいいです。開発コストがかかっている感じがします。音も自然ですしね。

次のページ : 【ATH-CKS55Xのデザイン】☆☆★★★
前へ
1 / 4次へ

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Written By
thunderbird2

このカテゴリのおすすめ記事

スポンサー

この記事に似ている記事

    スポンサー