Logo家電BOAT
【LEOPHILE EEL 徹底レビュー】

目次

EEL CHEYON01

初めまして、CHEYONと申します。
今回は、LEOPHILEのEELについて徹底的にレビューしていきたいと思います。

EEL CHEYON02

EEL CHEYON03

マグネット式になっている蓋をあけると、スタイリッシュなデザインでインパクトのあるイヤホンが登場。
付属品は、イヤーピース(S,M,L)※Mは装着済み、microUSB充電ケーブル、取扱説明書の3点です。
色は、ブラック、レッドの2色になります。Amazonでは6,980円で購入できます。EELの特徴は、保護等級IP67の防塵・防水設計、スタイリッシュなデザイン、人間科学に基づいた設計と装着性、優れた通話品質、抜群の持久力、Bluetooth 4.1搭載、マルチポイント対応、アフターサービス。になります。保護等級IP67防塵・防水は、優れた防滴仕様になっていて水没しても内部に水が浸水する事がない設計ですので、水濡れや水没・シャワー時や雨の中等、

気にする事無く使う事ができます。(一定水圧の条件がありますので、長時間の水没等には気をつけてください)防塵
については、本体の隙間から内部に砂や埃が入ることが無い設計になっています。デザインについては、ソフトシリコンで作られているため、折り曲げが自由にできポケットや鞄など簡単にしまう事ができます。またクリップがついているので、ブレスレットのように腕に留める事もできます。

装着性については、ネックバンドがソフトシリコンになっているので首にフィットし、動いてもずれたりする事がありません。通話品質は、ネックバンドの左側にコントロールボタンとともに内蔵マイクが搭載されていますのでクリアな音質で通話が可能です。持久力は、約1時間30分の充電で音楽再生時間が約10時間以上、連続待受時間が約300時間と充電の持ちは抜群ですので長時間の使用が可能です。Bluetooth 4.1搭載で約10メートルまでの距離なら再生できます。

アフターサービスについては、一般的な期間は購入日から12か月が多いのですが、LEOPHILEのEELは購入日から18か月のメーカー保証がついています。

【LEOPHILE EELの仕様】

形式  Bluetooth

コーデック AAC Aptx非対応

重量  36g

連続再生時間 10時間

連続待受時間 約300時間

【LEOPHILE EELの音質】☆☆☆☆★

若干音切れはあるものの高域・中域・低域がバランスよく、とてもクリアで綺麗な音質。音に奥行きや広がりがあるので、長時間聴いていても疲れる事はありません。むしろずっと聴いていられます。AACコーデックに対応していますので高音質で楽しめます。リズムゲームは少しの遅延があります。

・高域☆☆☆☆★

 一番高域が感じられます。高域があるのでとてもクリアで広がりがあり綺麗なサウンドが聴けます。

・中域☆☆☆★★

 中域も心地よく、疲れる事はありません。聴いていて気持ちが良いです。

・低域☆☆☆★★

 程よくあり、奥行きが感じられます。重低音が好きな方には物足りないと思います。

・音の透明感☆☆☆☆★

 ギターやドラム、ベースなどはっきり聴こえつつ、ボーカルの声も綺麗に聴こえます。安いイヤホン、ワイヤレスイヤホンは音がもっさりしてこもっている感じが多いのですが、EELはとても綺麗で素直なサウンドです。

【LEOPHILE EELのコストパフォーマンス】☆☆☆☆★

高い防水・防塵性能のIP67に抜群のバッテリー、高音質のAACコーデックに18か月のアフターサービスと、高性能かつ高品質なワイヤレスイヤホンで、ネックバンド部分がソフトシリコンになっているため長持ちしそうです。
値段は約7000円と一万円以内で買えるので、安いのではないでしょうか。
他のイヤホンにはない保護等級IP67ですし、充電の持ちも良く、その他を踏まえてもこの価格帯では断トツです。

EEL CHEYON04

EEL CHEYON05

次のページ : 【LEOPHILE EELのデザイン】☆☆☆☆★
前へ
1 / 3次へ

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Small 20e79f82 0430 47e7 9539 2ea40e12659b
Written By
x. Cheyon
皆様の検討・比較に役に立ってもらえる様な記事執筆を心掛けています。
色々な記事を執筆させて頂いています。皆様にとって「知りたかった事!」「知っていてタメになった!」と思ってもらえるように頑張りたいと思いますので宜しくお願いします。

このカテゴリのおすすめ記事

スポンサー

この記事に似ている記事

    スポンサー