音楽プレイヤー(MP3プレイヤー)のおすすめ21選!人気で安いのは?

この記事を執筆するにあたって

筆者が一番最初に買ったMP3プレイヤーはCDタイプ(メーカー失念)でした。HDD型のiPodは筆者がアンチAppleだったので購入対象外、フラッシュメモリが安価になった頃には単3電池駆動のiAUDIO G3、次がカスタム可能でBluetoothに対応していたCOWON J3、J3を壊してしまった後にNW-F885、今はMeMO Pad HD7をサブに、ZenPad S 8.0をメインに使っています。

Written By HN: トゥルーデは俺の嫁

目次

ぴったりの音楽プレイヤー(MP3プレイヤー)に出会えるようおすすめを紹介します

現在シンプルなmp3のみ対応型からハイレゾ音源対応型まで、様々な音楽プレイヤー(MP3プレイヤー)がありますが、10年前より音楽プレイヤーを購入する人は確実に少なくなったと思われます。なにせスマートフォンでストリーミング音楽を聴ける時代ですし、モバイルバッテリーを持っていれば電池の残量を以前ほど気にせずに音楽プレイヤーとしてスマートフォンを使えるのですから、音楽を聴くためだけのデバイスを持つ必要がなくなっていると言っていいでしょう。
 

それでも様々なシチュエーションから「スマートフォン以外に音楽再生専用のMP3プレイヤーが欲しい」という人はいるでしょう。ですのでMP3プレイヤーの簡単な説明から、代表的なメーカー、シチュエーション別にどういったポータブル音楽プレイヤーがおすすめなのか、筆者の経験などを交えながら紹介してみようかと思います。
 
なお記事内表記の参考価格は2018年5月現在のものです。

まずは音楽プレイヤー(MP3プレイヤー)について知ろう!どんな人におすすめ?

音楽プレイヤー(MP3プレイヤー)とは?

普通に『音楽プレイヤー(MP3プレイヤー)』と言ってしまうと、パソコンの音楽再生ソフトからスマートフォン用音楽再生アプリ、mp3再生対応カーオーディオなども入ってしまいます。
 

今回紹介するものは持ち運べるもの(ポータブル型)を指し、一般的には『デジタルオーディオプレイヤー』と呼ばれたり『DAP(Digital Audio Playerの略)』と書かれたりするものです。音楽ファイルで最も一般的なものがmp3形式なので『(ポータブル)MP3プレイヤー』とも呼ばれたりします。
 

動画の再生や静止画の閲覧などもできるものは『デジタルメディアプレイヤー』または『MP4プレイヤー』などとも呼ばれますが、あくまで付加価値を高めた機器だと認識してもらうために呼び方を変えているだけで基本的には『デジタルオーディオプレーヤー』という呼び方で問題ありません。
 

音楽プレイヤー(MP3プレイヤー)のメリット・デメリット

現在はCDをパッケージで買う人も減り、音楽もネットのストリーミングで聴くことが一般的になっていますが、スマートフォンの月間使用量を減らしたいために、ネットに繋がずローカルで音楽を聴きたい人もいるでしょう。
 

ポータブル音楽プレイヤー(MP3プレイヤー)なら、お気に入りの音楽をプレイヤーに入れておくことでネットの繋がらない環境でも、そしてスマホの通信容量や電池残量を気にすることなく音楽を楽しむことができるのがおすすめの理由かつ最大のメリットでしょう。
 

デメリットはスマートフォンと異なり、ネットに繋いで音楽を購入することのできる音楽プレイヤーは一部の高級機のみで、基本プレイヤーに音楽を入れるにはパソコンが必要なのが前提になっていることでしょう。また各機器で再生できる音楽ファイルが異なっており、安価なものではmp3形式を含め2~3種類のファイルにしか対応していない場合があるのもデメリットです。
 

スマートフォンなら再生用アプリを変更することで、違う種類の音楽ファイルにも対応させることができますが、安価なMP3プレイヤーなどはそういったことができません。ですのであらかじめ自分が再生したいファイルの形式がその音楽プレイヤーで再生可能かどうかチェックする必要があります。
 

音楽プレイヤー(MP3プレイヤー)を販売しているおすすめのメーカーをしろう

SONY (WALKMANシリーズ)

説明の必要がない日本の大手オーディオ&家電メーカーです。自社の規格を意地でも残そうという変なプライドさえ出なければ、そこそこにいいものを作るメーカーで高級機から入門機まで取りそろえていて万人におすすめできるメーカーです。

Apple (iPod touch)

革新的音楽プレイヤーであるiPodを生み出したメーカーです。現在デジタルデバイスとしてiPhoneやiPadがあり、そちらが音楽プレイヤーも兼ねることができるため以前よりは音楽再生専用機には注力していません。ですが今でも家電量販店でも一定の売り場を確保する程度にはノルマ…ああ間違えました「人気はありまぁす!」。(お察しください)

COWON (iAUDIOシリーズ)

10~15年くらい前、日本の音楽プレイヤーが利便性より音楽業界の利権を守るのに必死だった頃、現在のSONY(高級路線)の位置にいた韓国のポータブルオーディオメーカーです。都心部以外の家電量販店に置かれることは稀でしたが、そこそこの音質を備えていたこと、サポートが良いこと、ファームウェアなどで不具合の解消などがしっかりされていたことから音質にこだわる層にはおすすめのメーカーでした。

iRiver (Astell&Kernシリーズ)

こちらもCOWONと同じ韓国のポータブルオーディオメーカーです。かつてはCOWONよりも買いやすい価格帯のものをメインに販売していたので人気が高く、その名前から(今では韓国嫌いの多い某巨大掲示板でも)『相川』や『愛川』という愛称で親しまれていました。10年くらい前にはヤマダ電機などの一般的な家電量販店でもよく見かけることができました。
現在は高級路線のメーカーに生まれ変わったので音質重視派におすすめのメーカーとなりました。

Pioneer (XDPシリーズ)

光学ドライブ、カーナビ&カーオーディオ、高級オーディオ関連機器を扱う有名メーカーです。音楽プレイヤー部門は安価なもので収益を上げられるほどの地力がないので一般ラインナップは排し、iRiver同様ハイレゾ機に絞って販売しています。
アンチSONY、アンチApple、アンチ韓国メーカーとなるとパイオニアかトランセンドかマイナーな中国メーカーぐらいしか選択肢がありません。ハードウェア自体は悪くないので「皆と同じ物はイヤ!」という方におすすめです。

音楽プレイヤー(MP3プレイヤー) おすすめ(記事内の画像はAmazon商品の紹介を除いて、全て筆者が撮影し加工したものです)

次のページ : おすすめできる音楽プレイヤー(MP3プレイヤー)とは?
前へ
1 / 6次へ

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Small 7cd9a8d2 4e76 42aa 9071 65a0696b6a53
Written By
HN: トゥルーデは俺の嫁
製品紹介はなるべく間違った情報を伝えないよう製品の説明書などで下調べをし、レビューはキッチリ使い込んだり比較してから書き始める派なので基本遅筆です。疲れたときの癒やしは飼い猫達をなでることです。
家電やガジェット好きの趣味が高じて、文章書き(パソコン関連ソフト&ハード、白黒家電、ガジェットなどの紹介記事、購入製品のレビュー etc...)をやっています。 広く浅くがモットーなので、それほど深い知識はありません。 なるべく正しい日本語で書けるようにIMEにATOKを使い、長い文章は少しでも誤字脱字が減るようにVOICEROIDに音読させて確認してから公開するようにしています。 違う目的の為に買ったVOICEROIDが思わぬ役に立っているので、もう一人買い足そうかと目論んでいます。 やっぱり弦巻マキの相棒といったら結月ゆかりですよね?

このカテゴリのおすすめ記事

スポンサー

この記事に似ている記事

スポンサー