【現役作曲家ライターが、SONY XBA-100をレビューしてみる。】

目次

こんにちわ!音楽大好き・作曲家ライターの猫娘です★
今回は、「SONYのXBA-100」について、じっくりレビューしていこうと思います。

普段は作曲の仕事をしていることもあり
音にはうるさい猫娘。
特にダンスミュージックやバンドサウンドなど
迫力ある低音を愛してやまない私
レビューにも、ついつい熱く辛口になりがち。
ですが、よりよいリスニングライフを送るための・・・
参考にしてみて下さいませ^^

SONY XBA-100 猫娘 吉野01

パッケージは、こんなかんじ!

SONY XBA-100 猫娘 吉野02

主な仕様

[形式]密閉バランスド・アーマチュア

[ドライバーユニット] バランスド・アーマチュア

[最大入力]100mW

[インピーダンス]16Ω

[音圧感度]105dB/mW

[再生周波数帯域]5Hz~25000Hz

[ケーブル]1.2m銀コードOFCリッツ線、Y型

[プラグ]金メッキL型ステレオミニプラグ

[質量]約4g

[付属品]ハイブリットイヤーピース・ケーブル長アジャスター

キャリングポーチ・クリップ

このあたりの仕様を読んで、どんなイヤホンがわかるものなら
苦労はしませんね・・・(笑)
と、いうわけで早速レビューです★

SONY XBA-100 猫娘 吉野03

高級感あります。

黒と金のシンプルなデザインで重厚感あり。
かっこいいです!

SONY XBA-100 猫娘 吉野04

モノトーンデザインが好みの私にとっては
なかなかの素敵デザイン。

さて、第一印象はGOOD!
肝心の音と使用感について、じっくり調査していきますよ♪

【XBA-100の音質】☆☆☆★★

音質は良い方かと!
中域の音を中心に高域から低域までバランスの良い音質。
どんな音楽・音声を聞いても全体的に気持ちよく聞こえます。
ただ、やはり低音フェチの私からすると
「無難」なイヤホンです(笑)
全体的に良い。ということは
ある意味、特に可もなく不可もなくということです。
音の躍動感や迫力を求める方からすると少し物足りないかも・・・。

・高域☆☆☆☆★

とてもきれいに高域の音を拾ってくれます。
きつすぎず、なめらかで聞いていて気持ちが良いです。
SONYのイヤホンは、高域がきつめのものが多い印象だったのですが
こちらはほどよく良いかんじ。

                     

・中域☆☆☆☆★

 おそらく、中域の音が一番なめらかで綺麗に聞こえます。
POPS系の音楽にも、とても相性が良いのではないでしょうか。
ボーカルの声も、とても綺麗。

・低域☆☆☆★★

バランスのとれた聞こえ方だと思います。
ただ、やはり私のような低音族からしてみるとちょっと物足りない。
痒いところに手が届かない!!と、少しもどかしいかんじ。
でも、全体の音で聴くと、これはこれで良いのかも・・・と許せる範囲内ではあります。

・音の透明感☆☆☆★★

普通です(笑)
バンドサウンドなど
物によっては、少しこもって聞こえる音楽もあります。
それでも、解像度は良い方かと思うので
普通に使用するぶんには満足のいくクオリティだと思います。

【XBA-100のコストパフォーマンス】☆☆☆☆★

音はまあ良し、使用感まあ良し、重厚感あるかっこいいデザインも良しと考えると
コスパは良い方かとは思います。
特別安い!高い!とは思わないので
やはり無難ということなのだと思います。

【XBA-100のデザイン】☆☆☆☆★

シックでスタイリッシュなデザインかと思います。
シンプル×モノトーンが好きな方には
是非おススメしたいものです♪

・装着感 ☆☆☆☆★

疲労はほぼなし、長時間の着用も耳あたりが良いので
快適です!
イヤーマフって、なかなか良い仕事するのですね。
ただ、このイヤーマフ
持ち運び中に、結構な頻度で外れます(笑)

XBA-100 SONY

何度かカバンの中で外れてしまい
「あれ!!?」となりました。
付属のものがあって正解かも。
なくし物には注意しましょう!

次のページ : 【XBA-100のオリジナリティ】☆☆☆★★
前へ
1 / 3次へ

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Written By
猫娘

このカテゴリのおすすめ記事

スポンサー

この記事に似ている記事

    スポンサー