洗濯機でお湯を使って洗濯!お湯取りホースや何度までOKか解説!

この記事を執筆するにあたって

私自身がお湯取りホースを使って洗濯を行っているユーザの一人として、利用している体験談を交えてこの記事を執筆できたらと考え、この記事を書きました。

Written By えどう タロー

目次

洗濯機でのお湯の使用について解説します

こんにちは、えどうです。 皆さんは洗濯するときにお湯を使用したことはありますか?私は、お風呂の残り湯をポンプを使って洗濯機に入れています。

今回は、洗濯機でのお湯の使用について解説します。

洗濯機でお湯を使うとどんな効果があるの?

まず、洗濯機でお湯を使うとどのような効果があるのでしょうか?調べてみました。

お湯の効果① 皮脂汚れが落としやすい

ワイシャツの襟などにつきやすい皮脂汚れ。実は洗濯するとき、人間の体温よりも温かい温度で溶けやすいと言う特性があります。

このため、皮脂汚れがついた衣服の汚れを落としたい、と言うときはお湯で洗うことをお勧めします。

お湯の効果② 漂白剤が効きやすい

黄ばんでしまった洗濯物の汚れを落とすために使用する酸素系漂白剤

実は酸素系漂白剤も40℃くらいの温度が最も効果を発揮しやすいのです。

このため、漂白剤を使用した洗濯の際もお湯を使用した方が効果が高まります。

お湯の効果③ 洗剤が溶けやすい

洗濯をする際に、最も洗浄効果があるのは弱アルカリ性の粉末洗剤と言われています。

この粉末洗剤が溶けやすいのもお湯です。_

粉末洗剤が溶け安いかどうかは洗濯の洗浄能力に直結します。このため、洗浄能力を高めて洗濯したい場合には温水を使った方が良いでしょう。

注意点 お湯を使用した場合のデメリット

ここまでお湯を使用した場合の効果について紹介しましたが、デメリットもあります。

お湯のデメリット① 色落ちしやすい

お湯を使った場合は洗浄能力が高くなる、とご紹介しました。しかし、洗浄能力が高くなると、色落ち、色移りがしやすくなります。

色物のシャツなどを初めて洗う場合はお湯を使って洗わない方が良いかもしれません。

お湯のデメリット② 劣化する素材がある

シャツのプリント部分やゴム部分などはお湯を使って洗濯をした場合、劣化してしまう可能性があります。

このため、プリント部分やゴム部分などを含む衣類を洗濯する場合は水で洗濯した方が良いでしょう。

洗濯機のお湯はどうすれば?お湯取りホース?

では、洗濯機でお湯を使うにはどのようにすれば良いのでしょうか?
ご紹介します。

お湯を使う方法① お湯取りホースを使う

一番エコな方法はお湯とりホースを使ってお風呂の残り湯を使用する方法でしょう。
洗濯機に付属しているお湯取りホースをお風呂の湯船に漬け、風呂水を使う設定で洗濯機を動かすと、自動的に必要な水量をお風呂から吸水してくれます。

機種によっては2度のゆすぎのうち、1度目までを残り湯で行うことができるようです。

風呂水ポンプは後付け可能

バスポンプ 湯ポポン 10 (4mホース付) BP-40
画像をクリックするとAmazonに移動します。

上の商品のように、風呂水ポンプは単体でも販売されています。

このため、「うちの洗濯機はお湯取りホースがついてないから・・・」という場合であっても、風呂水のポンプを購入することで、お風呂の残り湯を使用して洗濯を行うことができます。

なお、後付けの風呂水ポンプを使用する場合は使用する洗濯機の説明書に従って使用するようにしてください。

残り湯に抵抗がある場合は洗面台を利用する方法も

「お風呂の残り湯は一度人が入っているからちょっと・・・」と思われる方も居るかもしれません。

その場合は、洗面台にお湯を溜めて、そのお湯を風呂水ポンプですくい上げる、という方法もあります。

この方法の場合は、残り湯を利用した場合と比較して、より綺麗なお湯で洗浄する分、洗浄効果が高くなるでしょう。

方法② 温水機能付きの洗濯機を使う

日立 タテ型洗濯乾燥機 ビートウォッシュ 12kg シャンパン BW-DX120B N
画像をクリックするとAmazonに移動します。

洗濯機そのもので温水を作り出し、洗浄してくれるタイプの洗濯機もあります。

この場合、汚れのない水道水から温水を作り出すため、お風呂の残り湯を利用した場合と比較すると洗浄効果が高いと言えるでしょう。

次のページ : 一般的な洗濯機は何度のお湯までなら使っていいの?
前へ
1 / 3次へ

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Small 2e100651 ba8c 4f85 979f 106846fbac22
Written By
えどう タロー
ガジェット大好き技術屋さんです。
電気系の研究者として勤務している傍ら、フリーライターとして活動しています。 様々な電子機器に触れることが多い電気電子系の技術者としての観点を交えながら、 皆様にわかりやすい記事を提供できるように心がけております。

このカテゴリのおすすめ記事

スポンサー

この記事に似ている記事

    スポンサー