Logo家電BOAT
電子ピアノのペダルの意味や必要性を解説!効かない時の対処も

この記事を執筆するにあたって

ディジタル技術検定1級制御部門に合格しており、電子工学などの知識があります

Written By dkikuchi

目次

電子ピアノのペダルについて解説します

ピアノには、各音階の音をだすための鍵盤が有りますが、加えて足元にはいくつかのペダルも備わっています。

これらのペダル、ピアノの内部構造を動かして、その音を調整するためのものです。そして、その機能を模したものが電子ピアノにも装備されています。

今回は、電子ピアノについているペダルの意味やトラブル対処方などについて解説します。

電子ピアノの3つのペダルとは

電子ピアノのペダルはどんな種類がある?意味や必要性は?

ピアノについているペダルの種類とは

ここではまず、本来のピアノの構造も含めて各ペダルの機能を見て行きます。

① ダンパーペダル

本来のピアノでは、鍵盤を押し下げる事でハンマーが動き、弦を叩いて音を発する仕組みになっています。これが、ピアノの『アクション機構』です。

ピアノでは、鍵盤から指を離すとほぼ同時に音が止まります。これは、『ダンパー』と呼ばれる振動止めが、アクション機構に組み込まれている事で実現されています。

このダンパーを強制的にピアノの弦から浮かせるのが、『ダンパーペダル』です。これは、足元に並んでいる3つの内、最も右のペダルになります。

ダンパーペダルを踏むと、鍵盤から指を離しても弦の振動が消されなくなるので、音が消えずに余韻を残す様になります。

② ソステヌートペダル

『ソステヌートペダル』は、直前に押した鍵盤につながるダンパーだけを浮かせるペダルです。これにより、特定の音だけを長く伸ばす事が可能になります。

ソステヌートペダルは、本来グランドピアノについているペダルで、3つの内、中央に配置されたものが、このペダルです。

③ シフトペダル

実は、ピアノの1つの鍵盤は複数(3本程度)の弦をハンマーで同時に叩いて音を鳴らせています。

『シフトペダル』は、このハンマーと弦の位置関係を横にずらし、振動する弦の数を減らす事で、音量をさげると同時に音質も調整する機能があります。

シフトペダルもグランドピアノに備わっているもので、3つの内で最も左にあるのが、このペダルです。

④ ソフトペダル

音を弱めるペダルを、『ソフトペダル』と呼んでいる電子ピアノもあります。

元々、ソフトペダルはアップライトピアノについているもので、踏み込むとハンマーを弦に接近させ、その打音を弱めに調節するという機能を持っています。

電子ピアノとアコースティックピアノのペダルの違いは?

アコースティックピアノと電子ピアノでは、ペダルにどの様な違いがあるでしょうか。

違い① アコースティックピアノはハーフペダルが可能

アコースティックピアノのペダルは、足の踏み込み力によって、内部にある機械的な仕組みを動かすもので、つまり、アナログ的です。

例えば、ダンパーペダルの場合は、踏み込み力を調整して音の余韻の残り具合を調整する、といった演奏技術も使えます。

比較的価格の安い電子ピアノでは、そういった微妙な操作に対応しない機種もあり、選択する際には注意が必要です。

違い② 鍵盤タッチや音質への影響

アコースティックピアノのペダルを踏むと、内部の仕組みが実際に動いて位置を変えます。一般論的にも、その様な変化は楽器内部の音の響きに影響を与えると言えるでしょう。

また、ダンパーペダルを踏む事で、鍵盤にダンパーの重みがかからなくなり、キータッチにも影響を与えます。

こういった繊細な変化は、電子ピアノで簡単に再現できるものではなく、コストもかかります。

したがって、これらを再現する機構は、一定以上の上位機種でないと組み込まれない事になります。

次のページ : ペダルが付いていない電子ピアノもある?
前へ
1 / 3次へ

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Small edb53c70 2361 4b88 bcba 10cd01d21e2d
Written By
dkikuchi
実は深くて広い(?)家電の世界を探求しましょう!
家電やAV機器の中身や仕組みなども、できるだけ明確に解説できたら良いなと思っています。どうぞよろしくお願いいたします。

この記事に似ている記事

スポンサー