Logo家電BOAT
【毎日の身軽なおとも SONY SBH50】

目次

 今回、SONY社のBluetooth対応ワイヤレスステレオヘッドセット「SBH50」のレビューをお書きする、まー子です。SBH50はイヤホンとコントローラ部からなっています。イヤホンは別のものと付け替えることもできます。コントローラ部にマイクがついており、ハンズフリー通話が可能です。また、FMラジオ受信機能もあります。カラーは白と黒の二色展開からなります。

SBH50 ma_shutterbug01

SBH50 ma_shutterbug02

[(右上から時計回り)充電器、イヤホン、イヤーピース、ケーブル、コントローラ]

【SBH50の音質】☆☆☆☆★

・高域☆☆☆☆★

 きらびやかな高音です。鉄琴などの高い音や電子系のピコピコ音がよく映えます。また、それぞれの音が分かれて聞こえるので、コーラスなども聞き取りやすいです。そんなメロディだったのかという部分に気付けることもあるかと思います。三つの音域の中では、高音が最も綺麗に聞こえるのではないかと思います。

・中域☆☆☆★★

 ほどよく聞こえる中音です。高音域が最も際立っているとしましたが、そちらに割り込まれているような印象も受けません。ボーカルもなめらかに聞き取ることができます。高音および低音を重視したイヤホンは中音がないがしろにされがちなイメージですが、そういった印象も受けませんでした。

・低域☆☆☆★★

 主張しすぎず、心地良い低音です。意識すればベースラインなどもちゃんと聞き取れます。低音だけ目立ちすぎているということもありません。ベースを強調しすぎるタイプのオーディオ機器が苦手な方にもおすすめできる、ちょうどいい聞こえ具合だと思います。

・音の透明感☆☆☆☆★

 それぞれの音がはっきり聞こえる、透明感の高いサウンドです。イヤホンによっては流れてくる音が全部混ざって聞こえてくることがありますが、このイヤホンはその正反対であると思います。それぞれのパートや音が、レイヤーのように分かれて聞こえる感じといったところでしょうか。縦の高さというよりは、横の広がりを感じる、開放感のあるサウンドです。

【SBH50のコストパフォーマンス】☆☆☆★★

SONY公式ストアでの価格は4630円(+税) です。イヤホンタイプのヘッドセットではもう少し安価なものもありますが、付属イヤホンの音質やFMラジオ再生機能、コントローラの操作性などを鑑みると、それ相応のお値段でしょう。また、イヤホン部とコントローラ部を分けられるので、イヤホンの断線・故障時も、ヘッドセット全体の買い替えをせずに済みます。このことを考えると、長期的に使えるという意味で、コストパフォーマンスが良いのではないか思います。

【SBH50のデザイン】☆☆☆☆★

・デザイン ☆☆★★★

SBH50 ma_shutterbug03

・装着感 ☆☆☆☆★

ヘッドセットにおける装着感は重要なポイントです。SBH50のコントローラは、クリップタイプです。ディスプレイつきですが軽量なので、Tシャツの襟ぐりに装着しても違和感はありません。また、イヤホン・コントローラ共にかなり軽量なので、首元が重くなることもありません。一つ注意点があるとすれば、U型(左右でコードの長さが異なり、長い方を首の後ろに通すタイプ)である点です。首にコードが当たる感触が苦手だったりなど、こだわりのある方はご注意下さい。コード自体はさらっとした素材で覆われており、手触りも良好です。

SBH50 ma_shutterbug04

[イヤホンとコントローラ、合わせて25g。軽量です]

次のページ : 【SBH50の機能性】☆☆☆☆★
前へ
1 / 3次へ

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Written By
まー子

このカテゴリのおすすめ記事

スポンサー

この記事に似ている記事

    スポンサー