iPhoneのバックアップの場所!iTunesの保存場所の変更や写真の場所も

目次

「iPhoneのバックアップの場所!iTunesの保存場所の変更や写真の場所も」

iPhoneのファイルや画像のバックアップの場所について解説します

iPhoneを機種変更したり、故障して端末を交換したりした時に急に必要になるのが、バックアップからの復元(バックアップされたデータを新しい端末に戻すこと)です。しかし、いざという時に「iPhoneのバックアップってどこにあるの?場所が分からない!どうやって復元するの???」という方も多いと思います。

今回は、iPhoneを買い替える度にバックアップからの復元を繰り返している筆者が、iPhoneのバックアップがある場所についてお伝えします!

iPhoneのファイルや画像のバックアップの場所① iCould

iCloudとは?

iPhoneのバックアップといっても、そもそもどこにあるのか分からない!という方も少なくないと思います。
iPhoneにはバックアップをとる方法がいくつかありますが、そのうちの一つが、iCloudという場所にバックアップをとる方法です。

では、iCloudとは一体なんでしょうか。
iCloudとは、iPhoneを開発しているAppleが運営するクラウドサービスの名称です。
クラウドサービスとは、簡単に言ってしまえば、様々なデータをインターネット上に保管をすることができるサービスのことで、近年、急速に拡大しています。
クラウドサービスを利用することで、自宅のパソコンやスマートフォン本体のデータが消えてしまっても、クラウド上のデータから復活することができるので非常に便利です。

Appleでは、iCloud Driveと呼ばれるデータの保管場所を個人に提供しており、ユーザーはそこに文書ファイルや写真など様々なデータを保管することができます。

iCloudでiPhoneのバックアップを取るメリット

そのiCloudには、iPhoneのバックアップを取ることもできます。
iCloudにバックアップを保管することで、バックアップデータがどの場所にあるか分からなくなってしまった時や、保管しているパソコンが故障してデータが消えてしまった取り出せなくなってしまった時でも、バックアップデータが存在するので「バックアップのバックアップ」的な役割を果たしてくれます。

また、iCloudへのバックアップは設定さえしてしまえば自動的に行われるので、一々、パソコンに接続してバックアップを取る手間が省けます

iCloudでiPhoneのバックアップを取るデメリット

一見便利なiCloudですが、デメリットもあります。
それは、iPhoneのバックアップが保管されている場所が、ネットワーク上のサーバーになるので、そのサーバーの何らかのトラブルが発生した時にはデータが消えてしまったり、一時的に取り出せなくなる、といった可能性が少なからずある、ということです。

また、iCloudではデータの保管場所として、誰でも無料で5GBの容量を使用することができますが、その以上のデータを保管するためには、有料プランに加入しなくてはいけません

iPhoneのファイルや画像のバックアップの場所② iTunes

iTunesとは?

iTunesとは、Appleが提供している音楽データ等を管理するためのソフトウェアで、iPhoneのデータを管理する場所でもあります。
このiTunesを使うことでもiPhoneのバックアップを取ることができます。iTunesでバックアップを取った場合の保管場所はパソコン上(または、外付けHDDなど)になります。

iTunesでiPhoneのバックアップを取るメリット

iTuneでバックアップを保管した場合、保管場所はユーザーのパソコン上になるので、パソコン(または、外付けHDDなど)の容量が許す限り、容量を気にせずにバックアップを取ることができます
そのため、iCloudの様に容量を追加するために有料プランを選ばなくてはいけない、といった事態を避ける事ができます。

iTunesでiPhoneのバックアップを取るデメリット

iTunesでバックアップを取った場合、バックアップの保管場所が分かりにくいといったデメリットがあります。

また、iTunesには自動的にバックアップが作成されるわけではないので、都度、自分でパソコンの前でバックアップを取る必要があります

次のページ : iPhoneのバックアップのリストの場所を確認する方法 ① Mac編
前へ
1 / 4次へ

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

このカテゴリのおすすめ記事

スポンサー

この記事に似ている記事

スポンサー