Logo家電BOAT
【格安イヤホン】1000円くらいのおすすめイヤホン!

目次

1000円程度のイヤホンの特徴

1000円程度のイヤホンは価格が安いということもあり、良い音質は期待できません。

また高いイヤホンとは違い、付属品もあまりなくイヤホンのイヤーピースの予備がなかったりします。

他にも壊れやすい、デザインが安っぽい、等々様々な問題があることが多い1000円程度のイヤホンですが、中には長持ちするイヤホンだったり、2000円、3000円のイヤホンにも匹敵する音質のものもあるようです。

そんな1000円程度のイヤホンがオススメの方は

・今まで安いイヤホンを使っていた

・特に音質などにはこだわっておらず、安価なものが欲しい

上記の条件に当てはまる方です。

たくさんの安価なイヤホンがありますが、しっかりと見極めないと失敗してしまうことも多い1000円程度のイヤホン。どんなものがあるのか、見ていきましょう!

1000円以下で購入可能なイヤホン

HP-F140(JVC) 別名グミホン

価格 : 589円
音質:
コスパ:
デザイン:
総合評価:

グミホンと呼ばれているJVC製の1000円イヤホン。
グミ感覚のインナーイヤーヘッドホンなので、グミホンと呼ばれているオリジナリティのあるイヤホンで、とてもシンプルなイヤホン。

ペパーミントブルー・ピオーネブラック・バレンシアオレンジ・キウイグリーン・ピーチピンク・ストロベリーレッド・グレープバイオレット・ライチホワイトの8色があり、自分の好きな色のイヤホンを選ぶことができます。

やはり1000円程度のイヤホンだとそこまで良い音質ではないようですが、数年間壊れてもずっとHP-F140を購入し続けている人もいるようです。

RP-HZ47

価格 : 525円
音質:
コスパ:
デザイン:
総合評価:

パナソニック製のオンイヤーヘッドホンで、耳の中に差し込むのではなくてスポンジを耳に当てて音楽を聴くタイプの1000円イヤホンです。

イヤホンとヘッドホンの中間のようなもので、このRP-HZ47も耳に当てて使用するものです。
ずっとカナル型のイヤホンをつけると耳が痛くなってしまう方などにおすすめのイヤホンで、価格もかなり安いので試しに買ってみるのもアリだと思います!

ATH-J100 (Audio-Technica)

価格 : 670円
音質:
コスパ:
デザイン:
総合評価:

12色ものバリエーションがあるAudio-Technica製の「JUICY」がフレーズのイヤホン。Amazonでは色ごとに価格が異なるので注意が必要です。

音質は低音も高音も特に目立たせることなくバランスよく出るようになっており、高いイヤホンほどの音質は出ないものの1000円程度のイヤホンでもしっかり音を出してくれるというレビューをちらほら見かけます。

カナル型イヤホンではなく開放型のイヤホンで、カナル型のイヤホンが嫌いな方におすすめです。

またBluetoothや防水機能が不要でシンプルなイヤホンが欲しい方にあっている1000円イヤホンです。

RP-HJE150 (Panasonic)

価格 : 687円
音質:
コスパ:
デザイン:
総合評価:

ATH-J100同様、たくさんの色のバリエーション(9色)があるパナソニック製のカナル型のイヤホンで、男女問わず自分の好きな色のイヤホンを選ぶことができます。 また安価な割には長持ちするというレビューもあり、コスパは良いイヤホンのようです。

また1000円程度のイヤホンなので仕方ないといえば仕方ありませんが、音質だけでなくデザインも安っぽく感じる人も多いようです。

このよくいえばシンプルな、悪くいえば安っぽいとも思われがちなデザインが気にならず、デザインよりも安くて長持ちするイヤホンが良い方にオススメです。

HA-FX12 (JVC)

価格 : 990円
音質:
コスパ:
デザイン:
総合評価:

JVC社製の低価格イヤホンで、付属品としてイヤーピースも3サイズ付いています。高音から低音まで音のバランスが取れており、いろいろなジャンルの音楽を聴くことができるというレビューがあります。

またこちらも8色のカラーバリエーションがありシンプルなデザインになっています。
カナル型のイヤホンでかつ、イヤーピースのサイズも3サイズしっかりと用意されているのでカナル型の安価なイヤホンを購入したい方にはおすすめの1000円イヤホンです。

RP-HJF10 Panasonic

価格 : 814円
音質:
コスパ:
デザイン:
総合評価:

花柄のデザインが特徴のPanasonic製イヤホン。花柄デザインに合わせて色も誕生花をモチーフにしたカラフルな12色のカラーバリエーションがあるため、女性にオススメの1000円イヤホンです。
「咲音」という言葉がモチーフになっており、女性の小さな耳に合うように3サイズの小さめなイヤーピースも用意されています。

安価なイヤホンを探しているポップなデザインが好きな女性はこのイヤホンが合うのではないでしょうか??

1000円オーバー(2000円以内で買えるイヤホン)

1000円台のイヤホンの特徴

1000円を切るイヤホンの場合は減点方式でのイヤホンの選び方となってしまいましたが、1000円以上のイヤホンであればコスパ観点だけでなくいいイヤホンがいくつもあります。

特に特徴的なのはBluetoothイヤホンが1000円台で購入できる点などです。最近では中国製でもかなり質の良いイヤホンなどが出てきており、低価格の高品質のコスパが良いイヤホンがたくさん発売されているようです。

それではどんなイヤホンがあるか見て見ましょう!

次のページ : MDR-EX155 SONY(ソニー)
前へ
1 / 4次へ

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

更新履歴

更新日時更新内容
2018/04/16イヤホンを数種類追加、関連リンクの追加など

このカテゴリのおすすめ記事

スポンサー

この記事に似ている記事

スポンサー