Logo家電BOAT
iPhoneのバッテリーの寿命はどれくらい?寿命か確認する方法も解説!

この記事を執筆するにあたって

iPhone5s、iPhone6と長らく使ってきましたので、実際に電池の寿命が近づいてきている状況です

Written By キイ

目次

iPhoneのバッテリーの寿命について

今や生活に欠かせないiPhone、肌身離さず持っている方も多いことと思います。ついついiPhoneを触っていると電池が減っていきますが、1年を過ぎると「あれ?、こんなに電池が減るの速かったかな?」と思うことがあります。
単なる使い過ぎなのか、もしくは、もしかしてiPhoneのバッテリーって寿命がある?

この記事は「iPhoneのバッテリーの寿命について知りたい」という方に、バッテリーの寿命の見極め方や、寿命が来た時の対象方法について解説したいと思います。

ズバリiPhoneのバッテリーの寿命はどれくらい?

ここではiPhoneのバッテリーの寿命について解説します。

多くのiPhoneユーザは、大手3キャリアで契約してiPhoneを使っている方々だと思います。その場合は2年縛りで契約されて、2年おきの機種変更(新モデルのiPhone)されるので、実はバッテリーの寿命をあまり気にされていないかと思います。

では、実際にiPhoneのバッテリーの寿命はどれくらいなのか?手元の実機で見てみましょう。

2015年10月、自宅近くのショッピングモールのオープン記念で、今は亡き一括0円で手に入れた、一年遅れのSoftbank iPhone6。DocomoのiPhone5sから無理やり乗り換えでしたが、おかげで月々3000円程度で2年間使用してきました。2年縛りを過ぎて、Androidへ引越しした私のiPhone6は娘にバトンタッチ。もうすぐ3年になるiPhone6のバッテリー状況は以下のとおりです。満充電で本来の77%、約20%強の容量ダウンです。
約3年使用すると、これくらいのバッテリ容量は減少してきます。

なお、バッテリーの寿命とスマホ本体の寿命は異なります。なぜならバッテリーは寿命がきても交換することができるからです。
本体の寿命については別記事で解説していますので、ご興味のある方はそちらもどうぞ。

参考元:Apple 公式サイト 環境 - よくある質問 - Apple(日本)Apple 公式サイト バッテリー - パフォーマンスを最大化する - Apple(日本)

iPhoneのバッテリーに寿命がきた場合の症状

ここではiPhoneのバッテリーに寿命がきた場合に現れる症状について解説します。

寝るときに充電器を挿して寝て、朝には100%。さあこれで今日も出かけるぞ。
なのに、昼前にはもう50%を切っていて、「あれ?、午前中、そんなに使ったかな??」なんてことを経験したことがある人、結構いると思います。
iPhoneを買ったときは、もっと電池長持ちだったのになぁ~と思う方もいつでしょう。
往々にして、その原因はスマホの使い過ぎ!なケースが多いのですが、中にはiPhoneの電池に寿命が近づいてきていることもあります。

満充電できない

夜通し充電器に挿しても、100%充電にならない。
使い始めるとみるみる電池がなくなる。
これはもう重症としか言いようがありません、すぐに電池交換もしくは機種変更を検討しましょう。
内蔵されているリチウムイオン電池の設計寿命を超えているケースと言っていいと思います。

電池の減りが速い

せっかく100%まで充電しても、なんとなく電池が減るのが速い。
リチウムイオン電池の特性として充放電サイクルが300~500回が寿命の目安です。
これで、おおむね本来持つ充電容量の70%程度の能力になってきます。つまりは、画面上に”100%”と表示されていても、リチウムイオン電池に充電できている容量は70%。iPhoneを使える時間も70%程度になってくると思っていいと思います。

次のページ : iPhoneのバッテリーが寿命かどうか見極める方法!
前へ
1 / 3次へ

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Written By
キイ
デジタルガジェットから家電製品まで、実際の使用者目線で解説します。
電子部品メーカーの現役エンジニア?です。新しい商品やサービスが大好きで、なんでも試してみたくなる性分です。

このカテゴリのおすすめ記事

スポンサー

この記事に似ている記事

スポンサー