台湾のコンセントに変圧器は必要か解説!プラグのタイプや形状は?

目次

台湾のコンセントと変圧器について解説します

中正紀念堂や龍山寺、九份などの観光地をはじめ、士林夜市といった夜市など、見所が多い台湾。

台湾への旅行や出張の際、気をつけておきたいことは電圧コンセント事情です。

日本から持ち込んだ電化製品の使用や、携帯電話やデジカメなどの充電ができるか心配ですよね?

今回の記事では、台湾のコンセントに変圧器が必要かについて解説したいと思います。

また、台湾のコンセントのための変圧器の購入から、おすすめの変圧器についてもご紹介いたします。

台湾の電圧・周波数・コンセントプラグの形状やタイプは?

台湾のコンセントプラグの形状とタイプ

台湾のコンセントプラグの形状は、Aタイプ、Cタイプ、Oタイプの3種類ありますが、一般的なコンセントは、「Aタイプ」が使用されています。

日本のコンセントプラグの形状はAタイプなので、台湾でそのまま使用できます。

エリアや施設によっては、稀にCタイプ(2本の丸いピン状の差込プラグ)、ごく稀にOタイプ(差し込み口が八の字型)もみられます。

変圧器 中国

参考元:ビックカメラ.com

台湾の電圧

台湾の電圧は110V(ボルト)です。

ちなみに、台湾の家庭用電圧は110Vと220Vがあるのですが、220Vの3穴式コンセントはクーラーなどの限定された用途につき、観光客が目にしたり使うことはないです。

日本の電圧は100Vなので、日本の100V規格の電化製品を使用するには変圧器が必要です。

台湾の周波数

台湾の周波数は60Hz(ヘルツ)です。

日本の周波数は、富士川(静岡県)と糸魚川(新潟県)を境に、東エリアは50Hz、西エリアが60Hzとなっています。

西エリアで使用している電化製品の周波数は台湾と同じなので問題はありません。

しかし、東エリアで使用している電化製品で、周波数が「50Hzと定められている」ものは、台湾で使用すると不具合を生じる恐れがあります。

例えば、消費電力の大きい冷蔵庫や炊飯器、扇風機、エアコン、掃除機、洗濯機、電子レンジのほか、蛍光灯器具および蛍光灯電気スタンドは注意が必要です。

参考元:MEGA EGG

台湾のコンセントの電圧に合うか持っていく家電を確認しよう

電圧はどういう表記で載っている?

電圧は、お手持ちの電化製品の本体やアダプター、電源の裏側、もしくは取扱説明書に記載されています。

例えば、「INPUT:◯◯V」もしくは「入力電圧:◯◯V」といった記載になります。

電圧が100V-240Vと書いてある場合は、100Vから240Vの電圧までの利用が可能ということなので、「110V」の台湾では使用できます。

日本製の電化製品は、基本的に日本国内での使用を前提に作られているため定格電圧100Vです。

したがって、「100V」としか書いていない製品の場合は変圧器が必要になるのでご注意ください。

台湾の電圧に合わない家電はどんなものが?

取扱説明書や本体に記載してある対応電圧を確認し、台湾の電圧「110V」に対応していない製品には変圧器が必要です。

わずか10Vの電圧差ですが、100V専用の日本の電化製品を使用したらショートして故障や火災の原因になります。

大きな電力を消費するドライヤーやヘアアイロンなどは、日本から持ち込む際、「海外対応、海外仕様」として販売されている製品であれば変圧器の必要がありません。

また、台湾の高級ホテルのバスルームや洗面台では、電気カミソリ用に100Vのコンセントを常備しているところもあるそうです。

次のページ : 台湾のホテルのフロントでコンセント用に変圧器を借りよう
前へ
1 / 4次へ

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

更新履歴

更新日時更新内容
2018/07/28関連リンクの更新

この記事を書いた人

Small 7284f282 5557 453e be91 d08202c80236
Written By
dosukoi s
モータースポーツと海外旅行が好き。
家電製品の魅力はもちろん、読者の皆様が疑問に感じることをわかりやすくお伝えできるような記事執筆を心がけて参ります。

このカテゴリのおすすめ記事

スポンサー

この記事に似ている記事

スポンサー