【イヤホンでこんなに太い低音が聞ける!?SOUL by Ludacris SL99】

目次

こんにちは!つい最近ウルトラジャパンに参加していましたEMD大好きのKEIKOです。通勤時も、お散歩のときも音楽プレイヤーとイヤホンが手放せません。クラブミュージックのスピーカーから響く重低音が心地よく、イヤホンでもそれを体感したいと重低音のイヤホンを探していました。一時は安価なものも試してみましたが、今回ご紹介するSOUL by Ludacris SL99は、少し贅沢すれば、パワフルな重低音が聴けちゃうコスパ良好のイヤホンです。重低音に限らずバランスよく多様な楽曲が聴けるため、たまにボーカルも聞きたいという人にとっても十分活躍してくれます。SOUL by Ludacris SL99はスマホ向けにプロデュースされたもののため、マイク・リモコンも付いていて機能性も良いです。
 

SOUL by Ludacris SL99 KEIKO01

【SOUL by Ludacris SL99の音質】☆☆☆☆★

・高域☆☆☆★★

重低音押しだから、楽曲のメロディの聞こえ方は多少我慢しなければならないだろうと思っていましたが、SOUL by Ludacris SL99の高音は決して悪くないです。煌びやかな音が出ます。少し、シャリシャリしているかなという感じです。SOUL by Ludacris SL99でしたら、EDMなどの重低音以外にも、ジャズやポップ、クラシック多様なジャンルも十分に良く聞けます。

・中域☆☆☆★★

重低音向けのSOUL by Ludacris SL99ですが、驚くことにボーカル十分にクリアに聞けます。女性ボーカル(高音)の方がはっきり聞こえます。ただ、エレクトリックなどのボーカルは少し音がこもっている印象です。SOUL by Ludacris SL99のボーカルは少し遠い感じがします。DTMを使ったボーカルは聞こえづらいかもしれません。

・低域☆☆☆☆☆

SOUL by Ludacris SL99は重低音の楽曲向けのため、もちろん低音が前面に出ています。鼓動のように重低音を感じたい人にとってはとても気持ちが良いです。イヤホンでここまで聞けるのか、というくらいです。クリアに響くので、格安イヤホンなどのように音がこもっているわけでもありません。SOUL by Ludacris SL99はBASSやドラムがとても圧力のある音でお気に入りです。

・音の透明感☆☆☆☆☆

SOUL by Ludacris SL99の重低音の透明感は言うまでもなくとても良好です。ベースやドラム音とてもはっきり聞こえます。だからといってボーカルが劣るわけでも無く、バランス半々という感じで、優れています。SOUL by Ludacris SL99はもちろんEDMに向いていますが、HIPHOPなどラップを聴くときも、重低音向けであるイヤホンにしてはクリアに聞こえます。

【SOUL by Ludacris SL99のコストパフォーマンス】☆☆☆☆★

SOUL by Ludacris SL99でこの重低音が聞けるのであれば、同価格の重低音向けのイヤホンよりは高くても良いのではと感じます。あとはボーカルが少々弱めであることを考えればコストは妥当だと思います。私の場合家の中でも、外でもSOUL by Ludacris SL99をヘビロテしていますので、それでも2年持っていることと、相変わらずの太い低音がきれいに聞けるので、コスパは良し。デザインもそこそこおシャレで、SOUL by Ludacris SL99を使って、音楽を聞くのが楽しくなりました。さすがLudacris!

【SOUL by Ludacris SL99のデザイン】☆☆☆☆★

・デザイン ☆☆☆★★

そしてなんといってもSOUL by Ludacris SL99のデザインは派手な印象です。まずコードがきし麺ということで太く見え、重さも重いほうです。音質を意識したらこうもなるのだろうな、という印象です。またコードの挿し口が、L字になっているので、耐久性があって断線しづらいのです。イヤホン自体がメタルチックでテカテカしているため女性の私が付けるのは少し抵抗がありました。SOUL by Ludacris SL99はブラックとブルーのカラー展開がありますが、私が使っていたのはブルーで、ブルー×ホワイトのバイカラーです。またその色合いがマイルドであるため、オシャレです。

SOUL by Ludacris SL99 KEIKO02

・装着感 ☆☆☆★★

SOUL by Ludacris SL99はインイヤー式です。イヤーピースは3種類の大きさのものが付属しています。耳の中に押し込むので取れにくいかなと思いきや、実はSOUL by Ludacris SL99のイヤホンのコード自体が固めでしなやかなものではないため、動くと耳から抜けやすいです。ジムなどでウォーキングマシーンの時に使いましたが、それくらいなら使えます。通勤時など歩くくらいの動きであれば特に問題ありません。インイヤー式が嫌という訳で無ければ長時間付けていても何も問題ありません。ただ寝ながら付ける分には少し異物感はあります。

【SOUL by Ludacris SL99のオリジナリティ】☆☆☆☆★

SOUL by Ludacris SL99は映画ワイルドスピードにも出ているヒップホップラッパーLudacrisのプロデュースしたイヤホンです。SOUL by Ludacris SL99は、インイヤー式で且つスマートフォン向けに作らました。そして大好きなEDMなどの重低音を響きよくスマホから聴けることが素晴らしいです。また、コードがきし麺のような形をしていて、絡みにくいコードになっている点が良いなと思います。ほとんど毎日使うため、どこに収納していても絡まずすっきりです。

【SOUL by Ludacris SL99の機能性】☆☆☆☆★

・機能性 ☆☆☆☆★

マイク付いています。SOUL by Ludacris SL99はスマホ専用に作られたもののためか、通話時も特にこもることや聞こえにくいなどはありません。ただカラオケアプリなどを使って音声入力する場合、アプリとの相互性などもあるとは思いますが、あまりクリアなものではなく、iPhone純正のイヤホンのほうが入力は良いです。SOUL by Ludacris SL99について特筆する機能はマイクくらいです。

・遮音性 ☆☆☆★★

SOUL by Ludacris SL99は、高遮音性イヤーチップが使われているので、音漏れといってもドンドンという低音くらいです。やはり重低音が良く聞こえるということで購入する人が多いと思います。それくらいSOUL by Ludacris SL99は太く重低音がドンドンと聞こえるので、なかなか気持ちよくつい音量を上げがちになるのですが、普通の音量で聞けば遮音性は十分合格です。

【SOUL by Ludacris SL99の利用シーン】

家の中でもくつろいでいるときはもちろん、作業中も使います。SOUL by Ludacris SL99はインイヤー式のため、頭の中に重低音が響くようで、つい音を大きくして聴くのでたまにインターホンが聞こえないくらいです。また外出時も、付属のケースからすぐ取り出してコンパクトに使えます。SOUL by Ludacris SL99は防水というわけではありませんが、ビーチなどでも使っちゃいました。それでも現在2年ほど持っているので、作りもしっかりしているのでしょう。

【SOUL by Ludacris SL99のジャンル】

SOUL by Ludacris SL99は、EDMなどのクラブミュージックにもちろん向いています。ライブ会場にいるような感じで聞けます。私自身ほぼ8割EDMと残り2割はHIPHOPやロック、エレクトロニックを聞きますが、一番期待していなかった女性ボーカル(中音域)も、少々こもるが、響きよく聞けてしまいます。私のように、迫力のある重低音が好きで音楽ノるのが好きだけど、他のジャンルも聞くという人にSOUL by Ludacris SL99は向いています。

【SOUL by Ludacris SL99の総合評価】☆☆☆☆★

SOUL by Ludacris SL99 KEIKO03

私はSOUL by Ludacrisのイヤホンを使うのは2度目となりますが、次もこのシリーズからイヤホンを選ぼうと思っています。SOUL by Ludacris SL99は重低音へのこだわりが強く、その質も他のインイヤー式のイヤホンに比べると飛びぬけていると思います。それくらい信頼のあるイヤホンです。逆に言えば、ボーカルメインで聞く方にはお勧めしません。SOUL by Ludacris SL99は音質だけでなく、さすが音楽家にプロデュースされただけあっておしゃれなルックスです。スマホ向けにプロデュースされているので、特別なプレイヤー持ってないけどスマホでずっとよりリアルな音楽が聴きたいという方にお勧めです。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Written By
KEIKO

このカテゴリのおすすめ記事

スポンサー

この記事に似ている記事

    スポンサー