Logo家電BOAT
【SONY High-Resolution Audio Headset(MDR-NC750)を「XperiaSO-02J」で聴いてみました】音質やコスパ、デザインなどを徹底レビュー

目次

年末に開催される様々なアーティストのLIVEの予約をとり、その日を待ち遠しく過ごす30代後半・主婦のペコと申します。
この時期になると、LIVEに備え、LIVE当日までアーティストの曲をひたすら聴いています。
今回は手持ちのスマートフォン「XperiaSO-02J」を上記のイヤホン「High-Resolution Audio Headset(MDR-NC750)」を使い沢山の音楽を聴いてみました。
下記の画像でお分かりいただけるように、とてもシンプルな造りですがチープさは全く感じません。
しっかりとした重厚感ある箱に入っていて、イヤホンを取りだした瞬間「これまでのイヤホンよりもとても軽い」と感じたことが、このイヤホンを手にとったときの第一印象でした。
SONYといえば、「Walkman」という商品を皮切りに、今もたくさんの音楽関連商品が販売されています。
他の国内電機メーカーとSONYを比較して違っている点は「SONYが優れた音楽技術に特化している」ということ。
SONY製の音楽商品は絶対に期待を裏切らないと思っていますが、
今回はこちらのイヤホンで曲を聴いたところ想像以上のクオリティの高さを実感したので、
そのレビューを書いて皆さんにお知らせしたいと思います。

SONY MDR-NC750

SONY MDR-NC750

【High-Resolution Audio Headset(MDR-NC750)の音質】☆☆☆☆☆

・高域☆☆☆☆☆

「キンキン」と耳をつんざくような音ではなく、
ふっくら・ふくよかさのある音が耳に優しく入ってくるといった印象を受けました。
今回の商品「High-Resolution Audio Headset(MDR-NC750)」も含め、
SONY製のイヤホンで聴く高域の音に関して言えば、
どの商品も「うるさい」と感じたことが一度もありません。耳に優しく聴こえる音がとても心地よく感じます。

・中域☆☆☆☆☆

中域の音はまとまりのある音が印象的でした。これまで使ったイヤホンで感じた中域の音よりも、
高域同様、「ふくよかさ」を感じました。
曲全体を柔らかくし耳への負担が軽減されるような感じで、イヤホン自体はすこしごつい形状ですが、
イヤホンの造りと音は全く異なり、こちらの商品で聴く中域は「やさしさ」を感じました。

・低域☆☆☆☆☆

 低域の音もしっかり出ていて、高域と中域と調和しながら低域が聴こえてくる、という印象を受けました。
低域が他の音域を邪魔している、しゃしゃりでている、という感じではなく、
また低音でも耳に「ずしん」と来るような音ではありません。
どの音域にも言えることですが、「High-Resolution Audio Headset(MDR-NC750)」の商品は音が優しく聴こえてくるので聴き心地が良かったです。

・音の透明感☆☆☆☆☆

 最も印象的なのはドラムの音。
ドラムのボトム音がしっかり出ていて、広がりを感じられる音を聴きとることができました。
もちろんギターやベースのそれぞれの音を主張しつつ、他の音と調和しながら聴こえてくる感じでした。
ピアノの音には、ただただ感動しました。イヤホンで聴いているけれど、ライブ会場で生の演奏を聴いているかのようでした。

【(High-Resolution Audio Headset(MDR-NC750))のコストパフォーマンス】☆☆☆☆☆

今回のイヤホン「High-Resolution Audio Headset(MDR-NC750)」の値段に関して言えば、他の商品に比べて機能の割には少々値が張る感じを受けますが、
家のステレオで聴いているような精度の高い音をスマートフォンで聴くことができること、
そして電車の中や人が混雑する様な場所でも、騒音を感じずに、音楽の世界に浸ることができるという点を考えたら、
コストパフォーマンスは高い商品だと思います。
これまで聴いた数々のイヤホンを並べ「どの商品を購入したいか」と問われたら、
間違いなく今回のイヤホン「High-Resolution Audio Headset(MDR-NC750)」に指をさすと思います。
その理由はイヤホンの価格以上に、音質の精度の高さが素晴らしいと感じるためです。

【High-Resolution Audio Headset(MDR-NC750)のデザイン】☆☆☆☆☆

・デザイン ☆☆☆☆★

気にいったモノを長い期間かけて使い続けることが好きな性格上、どんなモノでも飽きのこない色・形を選びがちな私ですが、
こちらの商品はいたってシンプルな造りで、黒・白の二色から選ぶことができ、どちらもXperiaスマートフォンの本体カラーになじむ色だと思います。
また、付属品でイヤホンの配線の長さを調節できるクリップが入っているため、使うシーンによって長さを調節できるのはポイントが高いと感じます。
一つ星を減らした理由は、個人的な感覚で恐縮ですが、耳に入る部分(先端部)の色味が少しチープな感じを受けたためです。スケルトンな黒色で、できればイヤホンの色に合わせて「真っ黒」だったら尚良かったかと思いました。

SONY MDR-NC750

・装着感 ☆☆☆☆☆

つけやすさは問題なく思います。
耳の穴が小さめな私にとって非常に親切な付属商品(耳に入る部分、イヤホン先端部)が2種類入っています。
つけていて耳が疲れる、耳が痛くなるといったことを感じたことが無く、ハードロックの音楽を長時間聴いていても耳への疲労度は一切ありませんでした。
むしろ、耳へのフィット感がとても良かったのと、上記で述べた通り音の精度が素晴らしいことからずっとイヤホンで聴いていたいと思える商品です。

次のページ : 【High-Resolution Audio Headset(MDR-NC750)のオリジナリティ】☆☆☆☆☆
前へ
1 / 3次へ

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Written By
ペコ

このカテゴリのおすすめ記事

スポンサー

この記事に似ている記事

    スポンサー