Logo家電BOAT
【SHUREの”高遮音”イヤホン SE112を徹底レビュー!】音質、コスパ、デザインも評価!

目次

こんにちは、イヤンホホ太郎です。今回はSHUREより発売のSE112をレビューしていきたいと思います!SHUREといえば、イヤホンに詳しい方ならご存知のはず”SHUREかけ”でおなじみですね。パッケージでは高遮音イヤホンと謳われていますが、その実力はいかに!?

SHURE SE112

SHURE SE112

【SE112の音質】☆☆☆☆★

遮音性は抜群で「音に集中できる」というのは確かです。そのぶん、音質は良く感じるといえます。ただ、よくよく聞いてみると中音域が少し弱く、ややドンシャリの気があります。ただ、やはりSE112の価格帯から考えても中音域についてとやかくいうのは酷だと思いますので、コスパ的には十分見合う音質であると言えます。

・高域☆☆☆☆★

上にはややドンシャリの気があると書きましたが、SE112の高音自体は質もそれほど悪くなく、わりかし綺麗に響いていると思います。解像度も価格帯的には十分だと思います。

・中域☆☆★★★

繰り返しになってしまいますが、この価格帯で中音域を求めるのは酷なことです。高音、低音の解像度が高く、バランスも良いので、全体としては決して悪くはないのですが、SE112の中音域のみについていうならば、星2つという評価をつけざるを得ません。

・低域☆☆☆☆★

低音もわりかしバランスが良く、弱いということもなければ、うるさく感じることもありません。低音が響く方が好きだ、という人にも満足のいくイヤホンだと思いました。

・音の透明感☆☆☆☆★

この価格帯でいうと、かなり解像度は高いと感じました。低音のくぐもった感じもなく、高音がカサつくこともあまりありません。特に低音に関しては、SE112より一つ上の価格帯にも引けを取らないといって良いと思います。

【(商品名)のコストパフォーマンス】☆☆☆☆☆

正直、SE112gはこの価格帯でこの音質を出せることに驚きました。それを支えるのは、驚くほどの「遮音性」の高さ、避けられない中音域の穴をうまく埋める高低音のバランスです。いつもよりちょっと高いイヤホンが欲しいけど、やっぱり迷うなあという方にはうってつけだと思います。

【SE112のデザイン】☆☆☆★★

・デザイン ☆☆☆★★

デザインとしては、これは個人的な好みの問題ですので何とも言えないのですが、(もちろん音質が非常に良いので、デザインにとやかくいうのは野暮ではありますが)人によっては少し地味だなと感じるかもしれません。ただ、近年跋扈する「デザインだけやたら凝ってて、肝心の音質は置き去り」というようなイヤホンに対するアンチテーゼと捉えれば、SE112の地味なデザインにも味を感じられます。

SHURE SE112

・装着感 ☆☆★★★

SE112は装着部自体が少し大きめに作られているのか、長時間つけていると少し疲労感を感じます。これも耳の形が人によって千差万別なので、なんとも言い難いのですが…。イヤーピースはいくつか付属しており、自分の耳にあったものを選べます。

次のページ : 【SE112のオリジナリティ】☆☆☆★★
前へ
1 / 3次へ

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Written By
イヤンホホ太郎

このカテゴリのおすすめ記事

スポンサー

この記事に似ている記事

    スポンサー