Logo家電BOAT
ambie sound earcuffsをレビュー!自転車で使ってもいいの?bluetoothは搭載?

目次

 

ambie sound earcuffsとはどんなイヤホン?

音楽をBGMに、自転車や車・バイクの音がしっかり聴こえるので、仕事中や通勤時・会話などしながら音楽が聴けるという画期的な『ながら』イヤホンです。ambie sound earcuffsの良し悪しや自転車で使用できるのか?bluetoothは搭載されているのか?を本記事ではレビューしていきますよ。

ambie

ambieをレビュー!良いところ・悪いところを評価

良い点① 耳が痛くならない

カナル型やインナーイヤー型のように耳の穴にいれるタイプではなく、耳に挟むタイプで長時間の使用でも痛くなる事はありませんでした。とはいえ、人によっては1日中・半日・数時間の使用と様々で、痛く感じる人も居ると思いますが耳の穴に入れるタイプよりかははるかに痛くなる事はないです。イヤホンでの重要点でもあるので、痛くならないのはとても嬉しいですね。

良い点② イヤホンを外さなくても会話や通話ができる

今までのイヤホンでは会話をする度に音楽を一時停止してイヤホンを外してましたが、ambieは一時停止する事も、イヤホンを外す事もしなくていいので煩わしさが無く気にする事も無く快適に使用できます。

ambie

悪い点① 手探りでの装着は難しい

耳にはめるのは鏡も見ずに簡単に装着できますが、ambieの場合は鏡を見ずに装着は少し難しい。慣れたら簡単なのでしょうけど、慣れるのに時間がかかる。一度着けて外さない人ならいいですが、外す事がある人・外さないといけない人はちょっと面倒くさいかもしれません。

悪い点② デスクワークには良いが、外出時はあまり音楽が聞こえない

室内での仕事で、会話や通話が多いデスクワークやカフェやショッピングとかなら利点ばかりですが、外での使用は車やいろいろな音にかき消されてほとんど聴こえない。
なので外で音楽を聴きたい人は、やっぱりカナル型やインナーイヤー型でしょうね。とはいえ、ambieを外さなくともイヤホンは耳にはめれて2個使いもできるので、外ではカナル型やインナーイヤー型、室内ではambie。と使用できます。

悪い点③ 音漏れ

基本ambieは『ながら』イヤホンで耳に挟むタイプで耳に入れるイヤホンではないので音漏れはします。どのイヤホンでも音漏れはあり期待はしてませんでしたが、BGM程度なら音漏れはありませんでした。ですが、上記でも挙げましたが、外での使用は交通量が多い所だと音楽がかき消されて聴こえにくく、音量を上げても音漏れがするだけでした。

ambie

ambieは自転車で使えるの?

2015年に『道路交通法』が改正されてからは、スマホ・イヤホンはもちろんの事、傘を差しながらなど今まで以上に注意を受ける人も多くなりました。
スマホは当たり前に危険行為ですが、イヤホンに関しては何度も注意をされた場合は『有料教習』にいかされますが、1度だと警察官に耳は完全に塞がっているのかと音量チェックと注意を受ける程度です。
自転車でのイヤホン使用を辞めるのが一番なのですが、自転車で音楽を聴きたい人は、耳を塞がない、かつ周りの音がしっかり聞こえるambieを使用すれば大丈夫ではないでしょうか。使用感は結構良く、音質も低音は皆無ですが綺麗な方ですのでサイクリング等でも気持ち良く聴けるのではないでしょうか?

ambie

次のページ : ambieはbluetoothのイヤホン?
前へ
1 / 2次へ

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Small 20e79f82 0430 47e7 9539 2ea40e12659b
Written By
Cheyon x.
皆様の検討・比較に役に立ってもらえる様な記事執筆を心掛けています。
色々な記事を執筆させて頂いています。皆様にとって「知りたかった事!」「知っていてタメになった!」と思ってもらえるように頑張りたいと思いますので宜しくお願いします。

このカテゴリのおすすめ記事

スポンサー

この記事に似ている記事

    スポンサー