この記事を執筆するにあたって

実際にスマホケースをカスタマイズしたことがあります。この経験から手作りスマホケースについて解説してみようと思います。

Written By 双葉 あきら

目次

手作りスマホケースについて解説します

スマホ周りのアイテムがファッションアイテムとして見られてきた現代では、スマホケースも立派なおしゃれアイテムです。そのため最近ではスマホケースを自分好みにカスタマイズする方が多くいらっしゃいます。しかし初めての方は何からやってよいのか分からないものです。そこで今回はスマホケースを手作りするために必要なものや素材を紹介します。写真を用意するだけで手作りできる方法もあるので、併せてご紹介します。

スマホケース 手作り

初心者向け!スマホケースを手作りする方法

まずはシンプルなスマホケースを入手

スマホケースを手作りするには、まず土台となるスマホケースを入手する必要があります。カスタマイズ性を意識するならできるだけシンプルなものを選ぶようにしましょう。最近はダイソーなどの100円ショップでもシンプルなものが多く販売されています。シリコン、皮、メッシュ、ナイロンと様々な種類があるので、スマホケースを手作りする土台を見つけるのは簡単です。派手な柄物を選ぶのもおすすめですが、その場合はどのようなカスタマイズをするのか事前に確認することが大切です。例えば、お気に入りの柄ものを手に入れてカスタマイズが難しい場合も、イニシャルを入れることは簡単です。とにかくカスタマイズを優先させるなら、透明のクリアケースが一番よいでしょう。

シールやステッカーで装飾

土台となるスマホケースを手に入れたら、実際に手作りカスタマイズしていきます。スタンダードな方法がシールやステッカーで装飾を施すことです。お気に入りのシールやステッカーを複数用意して、全体のバランスが整うように切り貼りしていくことで、自分だけのスマホケースを手作りすることが可能です。例えば、マスキングテープはデザインが豊富で剥がすのも簡単なので、カスタマイズにはうってつけ。最近のものはシンプルなものから可愛いものまで、幅広い種類をそろえているので、スマホケースを手作りするときは重宝します。他にもステッカーをもっていると、ワンポイントのおしゃれを楽しむことができるでしょう。

レジンを使って押し花デザイン

レジン(樹脂)もスマホケースを手作りする際には、よく利用される素材です。もともとレジンはネックレスやイヤリングなどの手作りアクセサリーの制作に利用されるほど一般的なものです。そのためスマホケースの手作りにもしばしば利用されます。お気に入りの柄をスマホケースに貼り付け、その周りをレジンでコーティングすることで、個性的な手作りスマホケースができあがります。例えば、数種類の押し花を貼り付け、レジンコーティングしていくと、見た目が華やかなスマホケースの完成します。パーツごとにレジンを塗り足していくと、多層構造にすることもできるので、カスタマイズの幅が広がります。特にダイソーのレジン液は硬化液を混ぜることなく使用できるのでおすすめです。

ペンやインクでペイント

スマホケースの手作りには、自分でペイントすることも含まれます。お気に入りのスマホケースが見つからない、またはステッカーやシールが見つからない場合、自分でペイントすることもできます。透明のクリアケースなら一からカスタマイズできますし、柄物であっても自由にペイントすることが可能です。自分のセンスを大いに発揮できるカスタマイズ方なので、絵や芸術に自信がある方にはおすすめの方法です。油性ペンで書くことになりますが、失敗しても除光液で簡単に消すことができるので、お試しでやってみるのもよいでしょう。シリコンやナイロンケースなどの素材では書きにくいので、プラスチックのハードケースなどを選びましょう。

スマホケース 手作り

写真プリントサービスでスマホケースを手作りする

プリスマでスマホケースを手作りできる

プリスマはオリジナルのスマホケースを手作りすることができるスマホアプリです。自分の好きな写真や言葉などを自由にカスタマイズできるので、世界で一つだけのデザイン性のたかいスマホケースを手に入れることができます。スマホケースは一種のファッションアイテムとしても利用されているので、仕上がりのよい手作りケースはとても重宝します。iphone、Android版の両方でリリースされているので、今すぐにでも手作りすることが可能です。

用意するものやかかる費用は?

プリスマでスマホケースを手作りするなら、まずはデザインの元となる写真を用意する必要があります。よりデザイン性を高くしたいなら、写真加工アプリできれいに整えるとよいでしょう。加工アプリは特に指定はないので、安くて使いやすいものを選んでもらえればよいです。Photocollageは評判のアプリで、複数の写真をかんたんにコラージュすることができるのでおすすめです。プリスマの利用料は無料ですが、スマホケース代は1980円~となっています。

手順1:スマホのモデルを決める

プリスマを起動したら手作りするスマホケースのモデルを決めます。Androidスマホは種類が豊富で大きさもバラバラなため、現在対応しているモデルはiphoneのみです。** iPhone 5s/5,iPhone 5c,iPhone 6s/6,iPhone 6s Plus/6 Plus, iPhone7, iPhone7 Plus, iPod touch 6th/5th**が対応しています。その他にはICカード用のステッカーとケースを選択できます。

手順2:アイテムを決める

スマホケースのモデルを選んだら、手作りするアイテムの種類を決めましょう。一般的なスマホケースと同じように、ソフトケースやハードケース、手帳型ケースなどを手作りすることが可能です。ソフトハードケースは、さらにクリアソフトTPUケース、クリアハードケース、ブラックハードケース、ホワイトハードケースなどに分岐させることができ、汎用性の高いカスタマイズができます。

手順3:デザインを決める

基本となるスマホケースの素材を選び終わったら、デザインする写真を選択してください。プリスマでは配置できる写真は一枚だけなので、複数の写真を利用したい方は事前に加工アプリを利用することになります。PhotoCollageというアプリでは簡単にコラージュすることができるので、複数のお気に入りの写真を一枚に収めることが可能です。背景色は透明を含めた56色・15パターンが用意されており、テキスト表記も可能です。

まとめ

スマホケースを手作りする方法を紹介しました。初心者の方がスマホケースをカスタマイズするには、土台となるスマホケースが必要です。最初からデザインしたいという方はシンプルな透明のハードケースを選ぶのをおすすめします。マスキングテープやステッカー、レジンなどを利用する方法が一般的ですが、最近はプリスマのようにスマホケースの手作りを代行してくれるサービスも出てきていますので、自分の状況に応じて使い分けるとよいでしょう。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Written By
双葉 あきら
読者の方が読みやすい文章を心がけています。

このカテゴリのおすすめ記事

スポンサー

この記事に似ている記事

    スポンサー