Logo家電BOAT
マキタの充電式クリーナー『CL102D』を所有者がレビュー!特徴や購入の理由、おすすめの掃除機も紹介!

目次

マキタの充電式クリーナーについて

マキタの充電クリーナーCL102Dを購入したのは2年前。今でも毎日愛用しているお気に入りの掃除機です。
当初はもともと家にあったキャニスター式の掃除機を主に使い、CL102Dをサブとして子供の食べこぼしや階段の掃除に使う予定でした。
しかしその使い勝手の良さに今ではすっかりメイン掃除機に!
CL102Dの特徴はなんといっても1.0㎏の軽量さです。 そしてお部屋に出しっぱなしでもOKなシンプルなデザインにあるでしょう。
そんなマキタのCL102Dの魅力について様々な視点からレビューしていきます。

仕様

直流マグネットモーター

Vリチウムイオンバッテリー

電圧10.8V

連続使用時間 強:約13分 標準21分

本体寸法 長さ461幅113高さ150

集塵容量 紙パック330ml、ダストパック500ml

質量 1.0㎏

すき間ノズル付属

(CL102D取扱説明書より)

マキタ充電式クリーナー CL102D

マキタの充電式クリーナーの特徴とは?

ここではマキタCL102Dの特徴についてお話します。

特徴① マキタ製品間でシェア出来るバッテリー

マキタの充電式クリーナーは、バッテリーを様々な製品間でシェアできます。例えば掃除機のバッテリーを工具に、はたまた懐中電灯に…など、タイプが合えば使いまわすことが出来るのです。もちろん充電器も一つでOK。これは他のメーカーにはない最大の特徴でしょう。
我が家は主人が仕事で使っているマキタの工具が数点あるので、それに合わせて10.8VリチウムイオンバッテリーのタイプであるCL102Dを購入しました。

マキタ充電式クリーナー CL102D

特徴② 紙パックの装着はとても簡単

CL102Dは紙パック式。本体の上部が大きく開くので交換はとても楽ちん。容量は330mlと少な目ですので使用頻度によってあっという間に満杯になってしまいます。紙パック10枚と繰り返し使えるダストパックが付属されますが、別売りの紙パックもまとめ買いしておくことをお勧めします。ちなみに我が家では紙パックの方が楽なのでダストパックは一度も使用していません。ですがこちらの方が容量は多いのでご自分の生活スタイルにあった方を選ぶとよいでしょう。
内部はフィルター等がないので掃除がとても楽です。私はブラシ等使わずウエットティッシュでサッとふき取って、蓋を開けたまましばらく乾かすだけという方法を取っていますが、それだけでも十分綺麗な状態を維持できています。

マキタ充電式クリーナー CL102D

特徴③ バッテリー切れはランプでお知らせ

だんだん吸引力が無くなってくるのでランプなしでも何となくバッテリーの残量が減ってきたことはわかりますが、本体のランプが赤く光ってお知らせしてくれます。
できたら紙パックが満杯になっていることのお知らせ機能もほしいところ。

次のページ : 私がマキタの充電式クリーナー『CL102D』を購入した理由
前へ
1 / 2次へ

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Small 20171225071259
Written By
mutu mama
小学生の子供を二人持つ主婦です。
2017年下旬からライターとして参加させていただいてます。 主婦目線・母親目線にたった生活感のある記事を書くように心がけています。 実際に使用している家電や、お手入れ方法などの生地はなるべく沢山の画像を付けてわかりやすくお伝えしていきます!

このカテゴリのおすすめ記事

スポンサー

この記事に似ている記事

    スポンサー