Logo家電BOAT
ダイソン DC46 タービンヘッドの特徴や購入理由、口コミを紹介!良い点・悪い点は?

目次

 

ダイソン DC46 タービンヘッドとは?

話題となった、ダイソンサイクロン式クリーナー(dyson Ball)です。
DC46は従来のものに比べ、吸引力アップはもちろん、タングルフリータービンツールという、髪の毛等がからまらない新機能が搭載されています。
また、タービンヘッドは口コミで、モーターヘッドよりも吸引力が悪いとされがちですが、ダイソンのタービンヘッドは、一般的なものよりも回転速度が速いため、吸引力にはさほど影響はありません。
上記のヘッドの違いも含め、良い点と悪い点を考察していきます。

ダイソン DC46 タービンヘッドの特徴は?

DC46 タービンヘッド

特徴① タングルフリータービンツール

二個のパドルが逆回転することによって、ブラシに髪の毛やゴミが絡むことなく、しっかり吸引します。
メインのヘッドであるクリーナーヘッドと比較するとヘッドが小さいので、このヘッドだけで全部を掃除するのは大変ですが、髪の毛の長い方やペットのいるご家庭には最適です。

特徴② 32RootCycloneテクノロジー

32個の二層式サイクロンの強力な遠心力で風力を増大させ、一般的なタービンヘッドよりも、多様な床面から沢山のゴミを吸引します。
カーペットや畳のゴミをしっかりと取り除くことができます。

特徴③ カーボンファイバーブラシ搭載タービンヘッド

静電気の発生を抑えることは勿論、きめ細かい導電性のカーボンブラシが細かいホコリも取り除きます。タービンヘッドは、回転ブラシのオンオフができるため、ブラシで床面を傷つけることなく、傷つきやすいフローリングでも安心して使用できます。また、髪の毛が絡まっても、コインで簡単に取り外すことができるので、お掃除も楽々です。

特徴④ ボールテクノロジー

ダイソンのイメージの強いこの球体デザイン。自由自在な方向転換だけでなく、球体軸がしっかりしているため、安定性があります。収納時に若干戸惑いはありますが、可動性は本当に素晴らしいです。また、ボール型の本体内に電源コードが格納されているため、コード収納もスムーズです。

私がダイソン DC46 タービンヘッドを購入した理由!

理由① ダイソンブランド

「吸引力の変わらない、ただ一つの掃除機」という御馴染みのキャッチコピーに期待を膨らませ、一度は使ってみたいと思っていたダイソンシリーズ。値段が高いイメージがあったので、購入できずにいましたが、セールをしていて即購入しました。自宅には畳や絨毯、フローリングなど様々な床面の部屋があったため、多様な床面でもしっかり吸引してくれるダイソンの掃除機は理にかなっていました。

理由② 軽さと吸引力を兼ね備えたタービンヘッド

フローリングや畳を傷つけずに確実にゴミを吸引し、尚且つ軽い掃除機を求めていました。通常のタービンヘッドは、軽さや傷をつけないといった点では有効でしたが、吸引力が今一つで、今まではモーターヘッドとハンディタイプを使用していました。
当商品は、通常のタービンヘッドの利点をしっかりカバーしつつ、尚且つモーターヘッドの威力も兼ね合わせていて、とても魅力的でした。

DC46 タービンヘッド

特徴③ デザインと機能性のバランス

大きくて生活感の溢れたデザインが多い中、ダイソンの掃除機は近未来的で惹かれるものがありました。デザインか機能か、という選択肢ではなく、どちらも兼ね備えていたので、高額設定ではありましたが、購入を決断しました。

次のページ : ダイソン DC46 タービンヘッドの良い点・悪い点をレビュー!
前へ
1 / 2次へ

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Written By
jujube25

このカテゴリのおすすめ記事

スポンサー

この記事に似ている記事

    スポンサー