Logo家電BOAT
一人暮らしでおすすめのロボット掃除機を紹介!ロボット掃除機のメリットやデメリットは?

目次

一人暮らしでロボット掃除機

今回の記事では、一人暮らしでお勧めのロボット掃除機の幾つかの機種やそれらの特徴、メリット・デメリットについて触れた内容となっています。

事実、こうしたロボット掃除機はあのアイロボット社製のルンバなどが有名です。
そして、2015年以降になり多くのこれに近いあるいは匹敵する数々の商品が出るようになりましたが、今回の記事ではそれらの中でも特に、2016年以降に出たもののうちでも、一人暮らし向きのものについて触れていくようにします。

一人暮らしでおすすめのロボット掃除機

一人暮らしでロボット掃除機を使うメリットは?デメリットは?

まずは最初に、メリットについて3点触れてみます。

一人暮らしでおすすめのロボット掃除機

メリット①: 自分で掃除機を掛ける手間が省ける

ロボット掃除機を起動させて掃除の作業を行わせた場合に、やはり何と言っても、掃除機掛けそのものを一人でやってくれる事で、とても助かる点が挙げられます。

事実、一人暮らしによっては仕事上あるいは家庭環境上での事情により、中々部屋の掃除機掛けなどがしにくい、あるいは困難である方も少なくはありません。
そうした方には大変助かる存在の場合もあります。

メリット②:掃除作業時間のタイマー設定が出来る事

一人暮らしでやはり気になるのは、こうしたロボット掃除機本体のタイマー機能やその設定仕様です。

つい最近のものなどは、前もって出掛ける前に、掃除時間の設定を最大1時間半から2時間程度にしておく事が可能なものもあり、大変便利なシステムになっています。

頻繁に自宅以外にいる事が多くて、部屋内が広い方にはやはり、こうしたロボット掃除機は大変お勧めです。

メリット③:メンテナンスが面倒で無いところ

実はなんと、こうした最近のロボット掃除機は、それぞれの製作メーカーによる多くの試行錯誤や消費者の方の声を基にした研究が重ねられてきた結果、ついにメンテナンスの簡易化に成功した機種が多い傾向にあります。

掃除機本体そのものの壊れにくさはもちろんの事、最新のコンピューターOSシステムによる導入により、データ回復機能などの設定仕様が構造上なされています。
このため、様々な従来からの事態だけではなく、落雷や停電その他、電圧・電流関連の自然現象や緊急事態にも対応可能な仕様となっています。

次に、デメリットについて2点触れてみます。

一人暮らしでおすすめのロボット掃除機

デメリット①:必ず取れないゴミもある

まず1つ目は、これも製造メーカーや種類、品目毎にもよりますが、どうしても機能上、取れないゴミが必ずある点です。

従来型あるいは手動式のものなどと同じく、掃除ブラシが底部に設置してありますが、それに中々引っ掛からないゴミも存在します。
そうしたゴミなどはやはり、自分の手でブラシや雑巾類などを使って取るしかありません。

デメリット②: ロボット掃除機には向かない床も存在する

2つ目は、そのロボット掃除機を用いるのに適した床とそうでは無い床がある点です。つまり、掃除機本体に向く床と不向きな床がある事になります。

カーペット、ビニル製、大理石、鉄製その他、様々な形や材質からなる床が存在していますが、それら各自に向いた、あるいは不向きなロボット掃除機があるので、この点を理解しておく事が大切です。

一人暮らしでおすすめのロボット掃除機

一人暮らしにオススメロボット掃除機5選 付加機能やコスパで比較

それでは今から、一人暮らしにお勧めのロボット掃除機について5種類触れますが、ここでは何れも、2016年以降に作られたものについて見ていきます。

① ロボット掃除機名:ルンバ980 R980060

あのルンバシリーズでも有名なiRobot社が製作をしている同シリーズのモデルの1つであり、今年の8月に発売されたばかりの最新式のロボット掃除機の種類にあたります。

なんと、iRobot社のアプリで操作が可能であるWi-Fi対応のロボット掃除機の1つであり、原価は税込みで6万2千517円ですが、提携をしているインターネット回線との同時購入をすると、約半額での税込み購入が可能になっています。

そのため、大変お買い得なロボット掃除機の商品です。

画像をクリックするとAmazonに移動します。

② ロボット掃除機名:ルンバ890 R890060

こちらもiRobot社のルンバシリーズの1つにあたりますが、こちらは去年の9月中旬から発売されたもので、先程のルンバ980よりも少しだけ先輩になります。
値段も税込みで約4万3千円程度の相場です。

それでもやはり、この機種独自の3段階クリーニングシステムという、それぞれの床の具合に合わせた掃除機掛けが可能なシステムがあり、中々一人暮らしの方には最適な製品です。

画像をクリックするとAmazonに移動します。

③ ロボット掃除機名:ルンバ680 R680060

先程話したルンバ680のシリーズの1つであり、R890060と同じ税込みの値段相場で売られています。

それでもやはり、先程のそれと同じ3段階クリーニングシステムがありますので、一人暮らしの方には最適な製品である事には間違いがありません。

コストパフォーマンスの面でも中々優れた製品の1つでもありますので、多くの購入者から愛されています。


画像をクリックするとAmazonに移動します。

④ ロボット掃除機名:RULO MC-RS200

去年の4下旬に発売された、Panasonic社が開発・生産をしているロボット掃除機の1つですが、税込みの値段も約4万8千円前後の価格相場で売られており、中々な安さが魅力でもあります。

その割にはこの機体独自の床面検知センサーにより、それぞれの床面に合わせた掃除機掛けを自らの力のみでの完全オートで行いますので、大変頼りになる機種です。

画像をクリックするとAmazonに移動します。

⑤ ロボット掃除機名:フローリング用 ロボット掃除機スリミニ

本体価格自体も税込みでなんと、約1万4千円台前後という最安値の、dinos社が開発・生産・販売を手掛けている、今年の7月に発売されたばかりの最新式の小型ロボット掃除機の一種です。

基本的に、フローリングの床をメインに掃除をするための機体構造になっていますが、スイッチ1つでお掃除をしてくれる仕様になっています。

狭めの物件の部屋で、フローリング仕様の床であるところへ入居をされている低所得層の方などには、大変向いている製品です。

画像をクリックするとAmazonに移動します。

次のページ : まとめ
前へ
1 / 2次へ

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Small abf2d355 52c0 42ac a71e 233344473e4e
Written By
荒武 裕三
はじめまして!IT関連のライティングとプログラミング(こちらは停止中)の請負業をやっている、シンラ産業の荒武といいます。よろしくお願いいたします!

このカテゴリのおすすめ記事

スポンサー

この記事に似ている記事

スポンサー