Logo家電BOAT
iRobot ルンバ622の特徴や購入した理由は?口コミやレビューも紹介!

目次

iRobot ルンバ622について

忙しくて掃除する暇がない…
でも誰も助けてくれる人はいない…

そんな私を救ってくれたのは

ルンバ622

スイッチ一つ押すだけで、勝手にお掃除してくれる優れもの!
本当に便利で、あって良かったと思わず抱きしめたくなるようなかわいいヤツです。

こちらでは、そんな私が選んだルンバ622の「特徴」と、
なぜ私がそれを選んだのかという「理由」、
そして私が参考にした口コミやレビューなどをご紹介したいと思います。

ルンバの購入をご検討中の方は、これを読んで、是非参考にしてください!

iRobot ルンバ622

iRobot ルンバ622の特徴

特徴① 価格が安い!

ルンバ622の最大の特徴は、何と言っても価格が安いということです!
他メーカーのお掃除ロボットと比較してみても、このルンバ622は非常に安く、「あんまり高いと困るけど、できればロボット掃除機がほしいな〜」と思っている人にも手が出やすい価格となっているので、オススメです。
ルンバのエントリーモデルと言われている機種なので、初めてロボット掃除機を購入するという人には最適と言えるかもしれません。

特徴② 考えながら行動する「アイアダプト」

ルンバ622には「アイアダプト」という、ルンバが考えながら行動する機能が搭載されています。
センサーで部屋の情報を収集し、その情報をもとにルンバがどのように動くべきか、自分自身で状況を判断して行動してくれるので、面倒なことは一切ありません。
人間がやることは、ボタンを押すことだけ。
たったそれだけで、部屋がすみずみまでキレイになるので、とても便利でとても助かります!
おまけに、キレイになったらホームベースという充電の場所に勝手に帰ってくれるので、充電を忘れる心配もありません。

特徴③ 3段階クリーニングシステム

iRobot ルンバ622

ルンバ622には「3段階クリーニングシステム」という、壁際や角の取りにくいゴミをかきだし、同時に2本のブラシで髪の毛などをかきこみ、それらをまとめて吸い込むという、3段階構造の掃除システムが採用されています。
3つの作業を同時に行うので、無駄がなくスムーズで、その上丁寧な作業をしてくれるため、床がとてもキレイになります。
徹底的に、何度も行ったり来たりして掃除をしてくれるので、人間ならば見逃してしまうような部分も見逃さず、安心です。

私がiRobot ルンバ622を購入した理由

理由① 価格が安い!

ルンバ622の特徴の項目でも書きましたが、やはり購入の決め手は、何と言っても価格が安いこと!
これが最大の理由です。
ルンバの別のモデルから他メーカーまで、色んなロボット掃除機を調べましたが、機能や使い勝手が良さそうなのに、ここまで安い機種は他にはありませんでした。
あまり高いと手も出しにくいですが、このルンバ622なら3万円前後と非常にリーズナブルですし、ネットのレビューや口コミを見てもいい意見が多かったので、これにしよう!と決めることができました。

理由② フローリングの掃除に最適!

私がお掃除ロボットを選ぶ上で、迷った点はその性能の違い、特に吸引力についてです。
価格が安いのはありがたいですが、いざ使ってみたら全然ゴミを吸い込まない、となってしまっては全く意味がありません。
ただ、我が家のメインはフローリング。
フローリングならばそこまでの吸引力は必要ないだろうし、それならば安い方が良いだろうと、このルンバ622を選びました。
結果は大満足!
絨毯などは、やはり上位モデルに比べると吸引しにくい部分もあるかもしれないので、吸引力にこだわる人にはオススメはできないかもしれませんが…
フローリングならば全く問題なし!
非常に快適に使えております。

理由③ コスパがいい!

iRobot ルンバ622

ルンバ622を購入するにあたり、様々な点を調べた結果、感じたことがあります。
それは、低価格にもかかわらず、「必要な機能が揃っている」ということ。
上位モデルは機能がさらに充実しているようですが、自分はそこまでの機能や吸引力は必要としていません。
それならば、価格が安くて機能もそこそこのルンバ622が最適…
そう、まさにコスパがいいと思ったんです。
安いのに、それなりにきっちりと仕事をしてくれるルンバ622以上に、コスパのいいお掃除ロボットはない!
私はそう思いました。

次のページ : iRobot ルンバ622の口コミやレビューは?
前へ
1 / 2次へ

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Written By
cw090970

このカテゴリのおすすめ記事

スポンサー

この記事に似ている記事

スポンサー