Logo家電BOAT
日立のドラム式の掃除方法を解説!乾燥に時間がかかる時は掃除が必要

目次

日立のドラム式洗濯機の掃除について

最近の家電品はコンピュータや精密機器が搭載されて高性能化したことにより、長く使い続けるためにはこまめなお手入れが重要となってきました。
中でも洗濯機は汚れた洗濯物を頻繁に洗うため、定期的に洗濯槽や給水口や排水口を掃除する必要があります。
日立はドラム式洗濯機の開発に関して他のメーカーに比べると後発組なのですが、ドラムを大型化することで洗浄力を向上させて差別化を図りました。
この記事では、日立のドラム式洗濯機の掃除が必要なサインと掃除方法をご説明するとともに、掃除の観点からおすすめの3台をご紹介します。

日立のドラム式洗濯機に掃除が必要なサイン

日立 ドラム式 洗濯機 掃除

サイン① 水道水の給水に時間がかかる

水道水の給水に時間がかかるようになった場合、洗濯機本体の給水口のフィルターにゴミがたまったことが考えられます。

サイン② 風呂水の吸水に時間がかかる

風呂水の吸水に時間がかかるようになった場合、洗濯機本体の吸水口のポンプフィルターや、お湯取りホースと風呂水を吸い上げる部分のクリーンフィルターにゴミがたまったことが考えられます。

サイン③ 洗濯機本体からにおいがする

ドラムに石けんかすが残っていたり黒カビが発生していた場合や、排水口が詰まっていると、洗濯機本体からにおいがすることがあります。
においは、定期的な排水口のお手入れと、「自動おそうじ」を設定するとともに定期的な槽洗浄を行うことで予防できます。

サイン④ 乾燥に時間がかかる

乾燥に時間がかかる場合、以下の原因が考えられます。
- 乾燥フィルターが目詰まりしている
- 給水口のフィルターにゴミがたまっている

参考元:メーカーホームページ取扱説明書PDFファイル

日立のドラム式洗濯機の掃除方法

掃除 日立 ドラム式 洗濯機

方法① 洗濯機本体の掃除

洗濯機本体の水滴や汚れ、ドアなどのプラスチック部品や、金属部品に洗剤や柔軟剤などが付着した場合は、柔らかい布でふき取ってください。
ドア内部のガラス面が汚れた場合は、湿った布でふき取ってください。
ステンレスドラムはさびにくい性質を持っていますが、もしドラムにサビが発生した場合は、金属たわしなどは使わずクリームクレンザーでふき取ってください。

方法② 水道水の給水口フィルターの掃除

水道水の給水口フィルターの掃除は、水栓を閉めて給水ホースを外し、給水口のフィルターにたまったゴミを歯ブラシなどで取り除いてから外した給水ホースを元通りに取り付けてください。

方法③ 風呂水の吸水口のポンプフィルターの掃除

吸水つぎてのフックを押してお湯取りホースを外し、ポンプフィルターを取り外して水洗いした後、元どおりに取り付けてください。

方法④ お湯取りホースとクリーンフィルターの掃除

ストレーナをお湯取りホースから取り外し、フィルターやネットを取り出して水洗い、ネットは歯ブラシなどで掃除をした後、水気をふき取り元どおり取り付けてください。
お湯取りホース内部の掃除は、強めの水圧の水道水をホースの中に流して内部のゴミを洗い流してください。

その他

糸くずフィルターの掃除

糸くずフィルターは定期的にお手入れをしてください。
糸くずフィルターが目詰まりすると、洗剤液が通りにくくなって排水ができなくなる原因になります。

乾燥フィルターの掃除

乾燥フィルターは乾燥運転を行った後、毎回お手入れをしてください。

洗濯槽の槽洗浄と槽乾燥の頻度

  • 自動おそうじ未設定の場合の槽洗浄:1~2ヶ月に1回槽洗浄を行ってください
  • 自動おそうじを設定している場合の槽洗浄:3~4ヶ月に1回槽洗浄を行ってください
  • 槽乾燥:こまめに運転してください

参考元①:メーカーホームページ取扱説明書PDFファイル

参考元②:メーカーホームページ

次のページ : 掃除の観点から紹介!日立のドラム式洗濯機3選!
前へ
1 / 2次へ

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Small acc6c99b 81d4 45a0 b16a 45d4f124c5ec
Written By
しん
家電品とガジェット好きのライターです。
色々な家電についての情報をわかりやすくご紹介していこうと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

このカテゴリのおすすめ記事

スポンサー

この記事に似ている記事

スポンサー