Logo家電BOAT
洗濯機の掃除で酸素系漂白剤を使う方法を紹介!特徴や塩素系との違いは?

目次

洗濯機の掃除で酸素系の漂白剤

洗濯機には、洗濯物の汚れや洗剤の溶け残りがあったりして、汚れがたまります。

また、水を使うので乾燥される時間が少なく、洗濯が終了した後も水気をおびたまま放置されることが多いので、湿気を好むカビが生息しやすい環境です。

洗濯機の掃除には、洗濯機用クリーナーが市販されていますが、酸素系の漂白剤が有効であることが知られています。洗濯機用クリーナーに酸素系の漂白剤が含まれているものもあります。

ここでは、洗濯機の掃除に使用する、酸素系の漂白剤の特徴と酸素系の漂白剤で洗濯機を掃除する方法、および酸素系の漂白剤と塩素系の漂白剤の違いについて考察します。さらに、洗濯機にカビが発生する原因について考えます。

洗濯機の掃除で使う酸素系の漂白剤の特徴は?

洗濯機の掃除で使う酸素系の漂白剤の特徴を列挙しましょう。

特徴① 過炭酸ナトリウムからなります

酸素系の漂白剤の成分は、過炭酸ナトリウムで、炭酸ナトリウムと過酸化水素を2対3の割合で反応させて生ずる粉末の化合物です。

水に溶けて、水溶液中では炭酸ナトリウムと過酸化水素に解離します。炭酸ナトリウムにより弱アルカリ性を示し、過酸化水素による酸化力を有します。この酸化力が、漂白、除菌、消臭に利用されます

参照元: ウキペディア

特徴② 水溶液は無公害です

酸素系の漂白剤の水溶液を使用したあとは、炭酸ソーダと酸素、水に分解します。不要になったら、水溶液で排水することが出来ます。環境への負荷はありません。

特徴③ 水溶液は弱アルカリ性です

酸素系の漂白剤の過炭酸ナトリウムの水溶液は弱アルカリ性なので、少しぬるぬるします。使用時にはゴム手袋を着用します。

特徴④ 毒性はありません

過炭酸ナトリウムは、粉末、水溶液とも毒性はありません。ただし、目や口に入った場合は、刺激や痛みが感じられますので、速やかに水洗浄することが必要です、

特徴⑤ 金属と反応します

酸素系の漂白剤の過炭酸ナトリウムは、金属と反応します。ステンレス以外の金属は、酸化作用により、腐食します。

特徴⑥ 密閉容器で破裂の恐れがあります

酸素系の漂白剤の過炭酸ナトリウムを密閉容器に入れると、ガスの充満で容器が膨張し、破裂する恐れがあります。保管には、エアー抜きのある専用のプラスチックの容器や袋を用います。

特徴⑦ 酸素を発生します

酸素系の漂白剤の過炭酸ナトリウムは、それ自体は不燃性ですが、酸素を発生しますので、可燃性のものや酸化されやすいものからは離しておくことが必要です。

特徴⑧ 消防法の危険物第1類に指定されています

過炭酸ナトリウムは、平成24年から消防法の危険物第1類に指定されています。性質により指定数量が異なりますが、50㎏以上の大量保管の場合には、危険物取扱法に注意しておく必要があります。

次のページ : 酸素系の漂白剤を使って洗濯機を掃除する方法は?
前へ
1 / 3次へ

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Small bb9b808f 3b7d 4352 af44 f93aa66e5927
Written By
花透 PEACE43
家電情報を提供するライターです
家電の選択・購入あるいは使用のための情報を整理して、皆様がご覧のなれるように提供します。よろしくお願いいたします。

このカテゴリのおすすめ記事

スポンサー

この記事に似ている記事

スポンサー