Logo家電BOAT
ノイズキャンセリングのおすすめイヤホン!利用シーンも紹介!

目次

ノイズキャンセリングのイヤホンとは

イヤホンやヘッドホンはどれも一緒でもなんて思っている人でも、はっきりと違いが分かるノイズキャンセリングイヤホン。飛行機のファーストクラスで使われているなど、ここ数年で一気にメジャーになりました。

最近は多くのメーカーなら出ているノイズキャンセリングイヤホンですが、実際使ってみて効果的なモノは一体どれでしょうか?決して安くないモデルであっても「買ってよかった!」「人に自慢したい!」と思えるようなおすすめできるノイズキャンセリングイヤホンを紹介します。

イヤホン ノイズキャンセリング

おすすめのノイズキャンセリングイヤホン4選!BOSEとSONYから紹介

① BOSE QuietControl30 QC-30

ノイズキャンセリングの代名詞的メーカーとも言えるBOSE社が出したbluetoothワイヤレスノイズキャンセリングイヤホンです。ただ、ノイズを打ち消すだけでなく、ノイズを自由にコントロール。どのような環境においても、快適な心地よいリスリング環境が実現します。

たとえ長時間使用したとしても、まるで装着していることを忘れてしまうほど、人間工学に基づいたネックバンド構造となっており、ストレスフリーで音楽を楽しめることでしょう。

ワイヤレスイヤホンであることを忘れてしまうほど、高低音がはっきり分かる上質なサウンドは、妥協知らずのBOSEならではのクオリティ。

無料アプリ「Bose Connectアプリ」と連動することで、スマホ側で機器間の接続と切替えなど自由に設定のカスタマイズが可能、直感的な操作が可能になります。

価格 : 34560円
音質:
コスパ:
デザイン:
総合評価:

② BOSE QuietComfort 20 QC-20

持ち運びに優れているインイヤータイプのノイズキャンセリングイヤホンです。そのため、場所を選ばずどこでも快適な音楽環境を提供してくれます。

また、人の声やアナウンスなどは騒音をみなさずしっかりキャッチする「Awareモード」を搭載しており、街中での利用や、駅や空港内でも利用でも、イヤホンを付けたまま時を過ごすことができ、便利です。

大変、装着感にこだわっており、BOSEの最新技術を詰め込んだイヤーチップ「StayHear+チップ」は、柔らかく誰の耳にも自然にフィットするような構造となっているため、満員電車内やエクササイズ中など、途中で外れては困るような環境でもストレスなく音楽を楽しめます。

価格 : 29160円
音質:
コスパ:
デザイン:
総合評価:

③ SONY MDR-EX750NA SONY

イヤホンの内側と外側に内蔵された2つのセンサーによって、ノイズを集音、デジタルノイズキャンセリングの力で、騒音を打ち消してしまう、SONYならではのハイテクノロジーノイズキャンセリングイヤホンです。

ハイレゾ音質にも対応しているため、ウォークマンやXperiaを始めとしたハイレゾ対応機器との相性も抜群、CD音質を超えているより生音に近い音を提供してくれます。

また、マイク、リモコンも内蔵しているため、運転中や運動中などのハンズフリー通話も、このイヤホンがあればクリアーな声で通話が可能です。

イヤホンのストレス部であるコードのからみを低減してくれる「セレーションケーブル」も実際使うと助かる日本メーカーならではのきめ細かいおもてなしもポイントです。

価格 : 22190円
音質:
コスパ:
デザイン:
総合評価:

④ SONY MDR-EX31BN

NFCに対応したスマートフォンの場合、ワンタッチで電源オンオフ、そのまま使用できる簡単接続が可能で、家電操作が苦手な人でも直感的に使いこなせるSONYのbluetoothワイヤレスノイズキャンセリングイヤホンです。

AIの力で、ボタンひとつで最適なキャンセリングモードを自動で選択する「AIノイズキャンセリング」機能搭載で、自動で快適なリスリング環境を整えてくれます。

ノイズキャンリングだけでなく、エコーを抑制する「エコーキャンセリング」も搭載していることで、ハンズフリー通話でも、まるで横に人がいるようなクリアーな声質を実現しています。

カラーリングは、オーソドックスなブラック、ホワイトに加えて、ビビットなレッドもあり、タイプに合わせて選べるのも嬉しいところです。

価格 : 6183円
音質:
コスパ:
デザイン:
総合評価:

ノイズキャンセリングイヤホンのおすすめの利用シーンは?

利用シーン① 受験勉強など集中したい時

受験勉強中などはちょっとした雑音も気になってしまうほどナーバスになってしまう場合も少なくありません。より集中できる環境をノイズキャンセリングイヤホンで作り上げることで、理想的な学習ルームが出来上がります。

イヤホン ノイズキャンセリング

利用シーン② 満員電車内や繁華街での利用

高性能なノイズキャンセリングの特徴の一つであるアナウンスなどの声は聞こえ、ノイズだけを消去することができるため、満員電車内や繁華街など、特に都会の環境では音楽に集中できる環境を作ってくれます。

イヤホン ノイズキャンセリング

利用シーン③ 自宅をコンサートホールにしたい時

マンションなど高性能なスピーカーを置けないような環境下においても、まるでコンサートホールやライブハウスで音楽を楽しんでいるような臨場感のある本来の音を楽しむことできます。

イヤホン ノイズキャンセリング

利用シーン④ 飛行機や電車の中

元々、ファーストクラス用のヘッドホンに使われたほどのノイズキャンセリング機能。それだけに、飛行機内や電車内など動けない環境下においても、自分だけのとっておきの空間を作り上げることができます。

利用シーン⑤ スマホで音楽を楽しむ時

ヘッドホンと異なり、持ち運びしやすい点もメリットのイヤホン。それだけに、場所を選ばず音楽を楽しめるスマホでの音楽鑑賞にもってこいです。特に、ランニング中などエクササイズでの利用ではより集中力が増し、絶大な効果を発揮することでしょう。

イヤホン ノイズキャンセリング

次のページ : まとめ
前へ
1 / 2次へ

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Small 4ce2400c 9694 4203 b90b 2302af60ea53
Written By
yt_united yt-united
サッカーとケツメイシ好きのアラフォーです
こんにちは! サッカーとケツメイシをこよなく愛するアラフォーです。 最近、腰が痛くて老化を感じる日々であります。

このカテゴリのおすすめ記事

スポンサー

この記事に似ている記事

スポンサー