Logo家電BOAT
おすすめの重低音イヤホンランキング!低音のオススメ決定版はこれ!

目次

おすすめの低音イヤホン

こんにちは!mugitaroです。今回はおすすめの低音イヤホンについてご紹介させて頂こうと思います!イヤホンを選ぶとき低音がどれほど響くかで吟味する方、意外と多くいらっしゃるのではないでしょうか。

日本人は欧米人に比べて比較的重低音を強調させた音質を好む傾向があり日本向けのイヤホンは低音を重視した仕様になっている事が多いようですが、その中でも特に迫力のある低音を響かせるのはどのイヤホンでしょうか?今回はおすすめの5種を厳選してレビューしていきます!

低音イヤホンの特徴は?

特徴① 迫力のある重低音

これに関しては、低音イヤホンと謳っているのですから当然ですよね。イヤホンにおける低音域の再生には大出力のドライバーとそこから出た空気の振動を上手く増幅させる空間設計が不可欠です。

低音を重視したイヤホンメーカーはそれぞれ独自の設計やアイデアでイヤホンという限られたスペースの中で大音量の低音を鳴らす工夫をしています。

特徴② 高い密閉性

低音というのはその周波数の性質から、音の発信源から離れると急速に減衰してしまう特性を持っています。

また周囲の雑音が聞こえる環境下だと聴きとれなくなってしまうのも低音域の特徴です。

そのため、低音を重視するイヤホンは周囲の雑音を排除するため、密閉のカナル型を採用することがほとんどです。

また、耳にはめるイヤーピースについてもより密閉性を高めるためにフィット感の高い材質を用い、サイズも豊富に用意していることが多いのが低音イヤホンの特徴です。

特徴③ 大きめなボディサイズ

低音を鳴らすには大きなパワーを必要とするため、低音イヤホンはドライバーやその他のパーツが大型になりがちで、それに加えて音を増幅させる空間も要するため、結果としてイヤホン本体が通常のイヤホンに比べて大きく、いびつな形になりがちです。

低音イヤホンでの需要が高いメタルやロック音楽のイメージに合わせてメタリックで角ばったデザインをしているイヤホンが多いのも低音イヤホンの特徴です。

しかしこれには例外もあり、ダイナミック型ではなく、バランスド・アーマチュア型ドライバーを採用しているイヤホンには低音を強調しながらも比較的小型なボディをしている製品もあります。

おすすめ低音イヤホン決定版!重低音イヤホンランキング5選

おすすめ低音/重低音イヤホン① SONY MDR-XB70

イヤホンメーカーとしてもおなじみのソニー製低音イヤホンです。MDR-XB70の特徴は本体の上部に開けられた穴から出る空気の量をコントロールする事で低音域を鳴らす振動板の動作を最適化する「ベースブースター」システムを搭載し、圧倒的な量感の低音を正確なリズムで捉えることが出来ることです。低音を重視するあまり音の立ち上がりが甘く野暮ったくなりがちな低音イヤホンの欠点を解消し、迫力の重低音とリズム感を両立した音が特徴です。メタルやハードロックの他にもヒップホップやEDMといったリズミカルな音楽にも適応した質の高いおすすめの低音イヤホンです。

価格 : 6980円
音質:
コスパ:
デザイン:
総合評価:

おすすめ低音/重低音イヤホン② SONY MDR-XB50

先述のMDR-XB70の廉価版であるMDR-XB50は、実売価格で3,000円程度とリーズナブルでありながら上位機種のMDR-XB70と同様にベースブースター機構を搭載し、小型で好感度の12mmドライバーを搭載するなどコストパフォーマンスの高い作りが特徴の低音イヤホンです。またカラーバリエーションも豊富でラインナップされているのはブラック、ホワイト、ブルー、イエローの4色。街中での普段使いにおいても威力を発揮するファッショナブルな低音イヤホンです。

価格 : 3558円
音質:
コスパ:
デザイン:
総合評価:

おすすめ低音/重低音イヤホン③ ZERO AUDIO ZB-03

日本の新興イヤホンブランドZERO AUDIOが発売するZB-03は低音を重視したイヤホンでありながら、小型でスタイリッシュなデザインが特徴です。「低音イヤホンだからと言ってゴテゴテした装飾の多いイヤホンは嫌だ!」といった方におすすめできます。本体は小さいながらも、音についてはパンチの効いた重低音と埋もれない中高音のバランスが良い、オールラウンドな低音イヤホンと言えるでしょう。

価格 : 3970円
音質:
コスパ:
デザイン:
総合評価:

おすすめ低音/重低音イヤホン④ SONY MDR-XB70BT

MDR-XB70BTは先述のMDR-XB70のBluetooth対応版イヤホンです。無線化を実現していながらも、本家XB70と同様な量感とリズム感を両立させた特徴的な音質は健在。ボリューム調整や通話応答の出来るリモコンも搭載しており、ただ低音が特徴的なだけでなく、機能面でも非常に優秀なおすすめのイヤホンです。

価格 : 8708円
総合評価:
コスパ:
デザイン:

おすすめ低音/重低音イヤホン⑤ Pioneer SE-CH9T

日本の高級オーディオメーカーPioneerが作るSE-CH9Tは、実売1万円程度で買えるイヤホンながら、高級感漂う質感ハイレゾ対応という、デザイン・性能の両面で高品質であるのが魅力です。また、この価格帯では珍しいイヤホンケーブルの交換が出来るリケーブル機能を採用しており、断線の心配が少ないのも大きなメリットです。

音質についてはPioneer独自の「Airflow Control Port」で、引き締まった低音のみならず、中高音域も潰されることなくクリアに再生します。耳の後ろにケーブルを引っ掛けるいわゆる「シュア掛け」が出来るので、雑音が聞こえにくいことも細かい点ですが、低音を重視する方にとっては一つのポイントになります。イヤホンに高級感も求めたい方におすすめの低音イヤホンです。

価格 : 8640円
音質:
コスパ:
デザイン:
総合評価:

次のページ : まとめ
前へ
1 / 2次へ

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Small 20171128115058
Written By
mugitaro
都内在住の大学生です!皆さんの家電選びの指標となるような記事づくりを目指しています!

このカテゴリのおすすめ記事

スポンサー

この記事に似ている記事

スポンサー