Logo家電BOAT
【カナル型が苦手】カナル型以外・カナル型じゃないイヤホン4選

目次

カナル型じゃないイヤホンについて

こんにちは!mugitaroです。今回はイヤホンの中でもインナーイヤー型イヤホン等を始めとした「カナル型ではないイヤホン」についてご紹介させて頂こうと思います!

何か新しいイヤホンを買おうと思った際、近くの量販店に行ってみるとそこに陳列されているイヤホンは大体がカナル型だった。。。なんてこともしばしばで、カナル型じゃないイヤホンでお気に入りのものを見つけるのは意外と苦労します。

そんな方のために、カナル型じゃないイヤホンだけをまとめてレビューしていきます!

カナル型以外のイヤホンとは?

カナル型じゃないイヤホンとして挙げられるものの中で最も代表的なイヤホンはインナーイヤー型と呼ばれるタイプのイヤホンです。

これは耳穴に浅く引っ掛ける、昔からある代表的な形状で、普通の人がイヤホンと言ってまず思いつくのがこの形状なのではないでしょうか。

Apple製品が純正品にEarpodsを採用する以前の付属イヤホンがこのインナーイヤー型でした。

カナル型 苦手 じゃない 以外

インナーイヤー型のメリット

ではインナーイヤー型イヤホンはどのようなメリットがあるのでしょうか。

最もよく言われるのが、カナル型イヤホンに比べて耳への負担が少ないという事です。

ただ耳にひっかけるだけなので耳に無理な力がかかることもなく、自然な形で装着することが出来ます。

他には、周囲の音が比較的聞きやすいこと、通話が容易であること等が挙げられます。

インナーイヤー型は耳に完全に密着するような装着方法ではないので、周囲の車の音や自分の話す声が聴きとりやすく、外で使う場合でも安全性が高いことが特徴となっています。

インナーイヤー型のデメリット

対してインナーイヤー型のデメリットはどのようなものがあるのでしょうか。

基本的には先述のメリットの裏返しになってしまうものが多いです。周囲の音が聞きやすいという事はすなわち雑音が入りがちで、遮音性が低いということになりますし、装着感についても耳にひっかけるだけである分、何かの拍子にポロっと外れてしまう可能性が高いという事が言えます。

その為、通勤通学で電車やバスに乗りながら音楽を聴こうとしている人や、ランニングなどの運動中に音楽を聴こうとしている人にはあまりお勧めできない点がインナーイヤー型イヤホンのデメリットです。

カナル型イヤホンの弱点

弱点① 周りの音が聞こえなくなる

量販店で販売されているカナル型イヤホンですが、意外と欠点が多いのも事実です。

その一つが遮音性の高さゆえに周りの音が聞こえなくなってしまう事です。特に道を歩いているときに後ろから走って来る自動車に気付かなかったり、防犯上問題があったりと、安全面で不安が残ります。

弱点② 耳を傷めがち

カナル型イヤホンは本体についたイヤーピース部分を耳の中に押し込んで使用します。

そのため、長時間イヤホンを着けていると耳が圧迫されて痛みを感じてしまう事があります。

また、耳の形がイヤホンとうまく合わない場合カナル型本来の遮音性が得られなかったり、耳から外れやすくなってしまうなどイヤホンが耳にフィットしなかった場合のリスクがあります。

そして、イヤホンが鼓膜に近い分、大音量の音楽を聴くことで発症する難聴の原因になってしまうリスクもインナーイヤー型に比べて高いです。

弱点③ ケーブルが擦れた際に雑音が入りやすい

カナル型イヤホンは遮音性が高く周囲の雑音が入りにくいのが特徴ですが、その分イヤホンのケーブルが服などに当たって発生するタッチノイズを拾ってしまうリスクが高いです。

これにはカナル型イヤホンを製造する各メーカーも苦心しているようで、イヤホンのかけ方を変えたりケーブルの材質を変更したり様々な工夫をしていますが、根本的な解決にはなっていません。

次のページ : 【カナル型が苦手】カナル型じゃないイヤホン4選
前へ
1 / 2次へ

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Small 20171128115058
Written By
mugitaro
都内在住の大学生です!皆さんの家電選びの指標となるような記事づくりを目指しています!

このカテゴリのおすすめ記事

スポンサー

この記事に似ている記事

スポンサー