Logo家電BOAT
IHクッキングヒーターの電磁波対策を紹介!電磁波の影響や避けるべき人は?

目次

IHクッキングヒーターの電磁波について

IHクッキングヒーターはガスコンロとは違い、火を使わずに料理ができるという調理器具で1971年にアメリカで発表されました。そんな意外と歴史のあるIHクッキングヒーターですが使用しているときに気になるのが電磁波による体への影響ではないでしょうか。いくら便利でも体に害があるのであれば使うのをためらってしまいますよね。

そこでこの記事ではIHクッキングヒーターによる電磁波の影響や電磁波の対策について紹介するとともに「そもそも電磁波って一体何?」等をまとめていきます。

そもそも電磁波って?

IHクッキングヒーターの電磁波について

高校の物理や科学などの授業で聞いたことがあるであろう電磁波。この電磁波とは一体何なのか説明すると、電磁波とは空間における電場と磁場の変化によって形成される波のことです。といっても分かりにくいと思うので電磁波とは一体なんなのかを簡単に説明していきます。

まず電磁波について知るには、磁場という概念について知る必要があります。小学校で磁石に砂鉄や釘などが引き付けられる様を見たことがある方は多いと思います。それが磁場という概念になります。

その磁場が電場を作り、電場が磁場を作るように互いに影響し合うことで広がっていくのが電磁波です。

中々イメージしづらいとは思いますが電気が発生している裏には電磁波も発生しています。ちなみに電磁波を発生させるものにはIHクッキングヒーターの他、携帯電話、パソコン、電子レンジ等々あらゆる家電製品があります。

IHクッキングヒーターはどのくらい電磁波がでている?

それではIHクッキングヒーターの電磁波の出ている量はどれくらいになるのでしょうか。
IHクッキングヒーターの電磁波の放出量について調べた方がいるので紹介するとその量は200ミリガウス以上にもなったそうです。

※ミリガウスは電磁波の単位です(正確には磁界の単位ですがここでは詳しく書きません)

そしてこの200ミリガウスという計測結果は多いのかですが、WHO(世界保健機関)では4ミリガウス以下であれば問題ないという結論を出されています。よって200ミリガウスはすごく高いということになりますね。

もちろんIHクッキングヒーターから常時200ミリガウス以上が放出されているわけではありませんが便利な分リスクもある、ということを覚えておいた方が良いでしょう。

次のページ : IHクッキングヒーターの電磁波の人体への影響
前へ
1 / 3次へ

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Written By
タナカ タロウ
宜しくお願い致します。

このカテゴリのおすすめ記事

スポンサー

この記事に似ている記事

スポンサー