Logo家電BOAT
おすすめの人気IH炊飯器ランキング8選!IH炊飯器とは?メーカーは?

目次

おすすめIH炊飯器

これからIH炊飯器を購入しようと考えておられる人の一助となるよう、「IH炊飯器とは何か?」「どんな原理で炊飯しているのか?」などといった疑問についての解説から、「メーカーごとの差異」「選ぶときのポイント」などを含めてランキングの紹介をしようと思います。

備考

今回IH炊飯器のランキングを発表するにあたって、選ぶときのポイントなどでなるべく正確な情報をお伝えできるよう、IHの原理とIH炊飯器について再勉強することにしました。
「IH炊飯器を選ぶ際そこまで気にする必要ないんじゃないか?」という点まで掘り下げていたりもしますが、筆者は理屈屋なので納得できない物を紹介したくないという信条故ですのでご理解いただければ幸いです。

IH炊飯器とは?

「IH炊飯器」とは「IH(Induction Heating/誘導加熱)」という加熱方法を採用している炊飯器全般を指します。
IHの仕組みなどに関しては各特徴の項目で説明しましょう。

特徴① IH炊飯器は加熱効率が良い

従来のマイコン炊飯器は電気で加熱するヒーターが熱源で、ヒーターが内釜に接触しそこから熱が伝わることで内釜を加熱するのですが、その際にどうしてもエネルギーのロスが生じます。
IH炊飯器であれば内釜そのものが熱源となるため、ロスが少なく効率の良い加熱ができます。

特徴② IH炊飯器だから内釜の加熱はすべてIHでおこなっている…とは限らない。

IH炊飯器の中にも従来のヒーターを併せて用いているメーカーもあり、必ずしもIHのみで加熱している炊飯器ばかりとは限りません。
メーカーごとに炊飯へのアプローチは違うので、それに応じた加熱方法を採用した結果なのでしょう。

特徴③ 内釜の素材が限られる

IHでない通常のヒーターであれば調理器具の素材を問わず加熱できるのですが、IHはその性質上「調理器具の素材(の一部)に電流が流れる物質を使わないと加熱できない」という欠点があります。

しかも通りが良すぎてもダメで、ある程度電気抵抗のある素材でないと上手く加熱できません。

銅やアルミなどは熱伝導性は高いのですが電気抵抗が少ないため加熱が起こりにくく、IH炊飯器の内釜には適していません。

ですので鉄製や鉄コーティングなど「鉄層を含んだもの」、アルミとステンレスを貼り合わせIHでも効率良く加熱&伝熱できる「クラッド材」などが内釜に用いられることが多いようです。

ちなみに接触で電気を通すわけではなく、磁力を用いて対象に電流を発生させる仕組みなので、内釜のIHヒーター部分に接する面が通電する素材である必要はありません。

特徴④ 高火力が期待できる

炊飯には経過ごとに火力調整が必須で、高火力が必要になる場面もあります。
そのときIH炊飯器なら内釜が直接熱源となるので、短い時間で強い火力にすることができるのです。

特徴⑤ ペースメーカーを使っている人は注意が必要。

IH炊飯器を含むIH調理器全般はその仕様上電磁波の発生が避けられないので、電磁波の影響を受けやすい「ペースメーカーなど」を使用している人は、事前に医師に相談をあおぎIH炊飯器や他のIH調理器を使っても問題ないかどうかを確認しておくなど細心の注意が必要です。

IH炊飯器とマイコン炊飯器はどう違う?

まだガス炊飯器が一般的だった頃マイコン(マイクロコンピューター)制御が売りの炊飯器をそういう名前で呼んでいた結果定着してしまい、現在はそれぞれ製品の特徴を的確に表していない製品名称になってしまっています。

火力の調整などはマイコン炊飯器もIH炊飯器もマイコンで制御しているので、それぞれの仕組みと名称を正しく表現するなら、マイコン炊飯器は「マイコン制御型電気ヒーター加熱式炊飯器」、IH炊飯器は「マイコン制御型IH(誘導加熱)式炊飯器」となりますが誰もそんな風には呼びません。

馴染んだ名前はなかなか変えられないものなのでしょう。
アース製薬が同様の悩みを抱え、製品の名前を一部変えるそうですが果たして定着するのでしょうか?

違い① 加熱方法

マイコン炊飯器は電気で発熱する熱源が「外釜」に付いていて、それを内釜にあてることによって加熱し炊飯を行います。
ヒーターの設置場所は一般的な「底部だけ」のものや「底部、側部、フタ部」の全面に付いていたりと炊飯器のグレードによって異なります。

IH炊飯器は「内釜自体が熱源となる方式」を用いています。
IH部分の搭載数などはメーカーやグレードによりピンキリで、フタ部分も含めた内釜全てを覆う形で搭載しているIH炊飯器もあれば、底部のみ採用で側部は通常のヒーターというものもあれば、底部のみしか付いていないIH炊飯器など様々です。

違い② 加熱効率

ヒーターが熱を持ちそれを内釜に伝導させて加熱するより、誘導加熱により「内釜自体」を熱源にさせるIH炊飯器の方が調理器具としては効率が良いです。

「瞬間的な消費電力だけならIHの方が高い」のですが「年間消費電力」で比べた場合、マイコン炊飯器よりIH炊飯器の方が少しだけ低くなる傾向があります。

ただ前述のようにIH炊飯器でも従来のヒーターを用いることもあるので、全てのIH炊飯器が省電力かというとそうでないのが難しいところです。

違い③ 火力調整

IH炊飯器は加熱効率が良いおかげで、火力(温度)調整もしやすいという利点があります。

「はじめチョロチョロ、なかパッパ~」なんて言葉が古くからあるとおり、炊飯は火力の調整が重要です。

現在の炊飯器は「全てマイコンで熱源の調整が自動化されている」ので火力調整を誤って炊飯に失敗するということがなくなりました。

米の量に対して適切な水量を守りさえすれば、IH炊飯器で炊き損ないのご飯を食べることはまず無いでしょう。

ih 炊飯 器 おすすめ とは

次のページ : IH炊飯器とガス炊飯器はどう違う?
前へ
1 / 3次へ

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Small 7cd9a8d2 4e76 42aa 9071 65a0696b6a53
Written By
HN: トゥルーデは俺の嫁
製品紹介はなるべく間違った情報を伝えないよう製品の説明書などで下調べをし、レビューはキッチリ使い込んだり比較してから書き始める派なので基本遅筆です。疲れたときの癒やしは飼い猫達をなでることです。
家電やガジェット好きの趣味が高じて、文章書き(パソコン関連ソフト&ハード、白黒家電、ガジェットなどの紹介記事、購入製品のレビュー etc...)をやっています。 広く浅くがモットーなので、それほど深い知識はありません。 なるべく正しい日本語で書けるようにIMEにATOKを使い、長い文章は少しでも誤字脱字が減るようにVOICEROIDに音読させて確認してから公開するようにしています。 違う目的の為に買ったVOICEROIDが思わぬ役に立っているので、もう一人買い足そうかと目論んでいます。 やっぱり弦巻マキの相棒といったら結月ゆかりですよね?

このカテゴリのおすすめ記事

スポンサー

この記事に似ている記事

スポンサー