iRobot社の掃除機『ルンバ960』を購入者がレビュー!おすすめのルンバ980, ルンバ760も紹介!

目次

 

iRobot社の掃除機ルンバについて

数年前からなにかと話題のロボット掃除機ルンバ。最新機種であるルンバ960を購入しました。その機能と魅力を紹介したいと思います。
今回紹介するのはルンバ960とルンバ980の違いです。そして参考のためにルンバ700シリーズの中から780についてお届けします。
『ルンバの特徴』

『ルンバ960購入の理由』

『ルンバ960』の『仕様』と『特徴』

『ルンバ980』の『仕様』と『特徴』

『ルンバ780』についての『仕様』と『特徴』

掃除機を買い替えする方も、ルンバを購入する方も、是非、買う際の参考になさってください。

iRobot社の掃除機『ルンバ』の特徴

特徴① 自動で動いて掃除をしてくれるロボット掃除機です

いろいろな掃除機がありますが、ルンバは自動で動いて掃除をしてくれる掃除機の代表的な存在です。ロボット掃除機は現在、外国産から国産まで様々な製品が市場に出ています。

特徴② もちろんコードレスです。

ルンバ960

自分からドックで充電をして、動いてくれるコードの無い掃除機です。従来の掃除機のようにコンセントやコードをわずらう必要がありません。ドックと呼ばれる充電器をコンセントに差しておくと、ルンバはお家に帰るようにドックに自動で戻り、充電をはじめます。

特徴③ 紙パックは不要です。

ルンバにはサイクロン掃除機のような紙パックは不要です。本体にたまったゴミはカートリッジから直接ゴミ箱やゴミ袋へ捨てられます。週に1度程度の掃除が必要なフィルターが一つ付いています。フィルターを洗ったりする手間もなく、メンテナンスも楽です。

特徴④ 見た目は丸いですが、部屋の角(すみ)まで掃除してくれます。

ルンバ960

直径が35センチほどあります。もちろん真ん丸なので角まで届かないと思っていました。実際は角まで届くほどの回転ブラシがルンバ本体からでているので、90度の部屋の隅もきちんと掃除してくれます。搭載されているカメラとセンサーをフルに活用して部屋の真ん中も残さずにほこりやゴミを吸いながら掃除をしてくれます。
回転ブラシは椅子の足にたまったほこりも掻き出すようにとってくれます。

特徴⑤ ルンバのことをペットのようにかわいく思える。

ここまでくると主観的ですが、部屋の角まで床を滑るように掃除をしてくれる賢いロボット掃除機ルンバはペットのようにかわいいものです。座っている自分の周りにルンバがやってくると「ルンバくんがやってきた」とうれしい気持ちになります。大変な付加価値だと思います。

iRobot社の掃除機『ルンバ960』を購入した理由

理由① 掃除が嫌いだった。

ルンバ960の購入にいたったのはまず、私自身、お掃除が嫌いだったことが挙げられます。温かい日には掃除機をかけるだけで汗だくになり、本当に億劫でした。また体調を崩したことで家事の中でも掃除は後回しになり、なかなか掃除ができずに、ほこりは溜まっていきました。そこで解決策の候補に浮かんだのが以前から気になっていたルンバ960でした。

理由② マンションにぴったりでした。

今住んでいるマンションは4LDKで、約80平方メートルです。ルンバ960はメーカーのホームページによると1回の充電で最大で185平方メートルを掃除してくれるそうです。我が家はもちろん、家具や電化製品を置いてありますので、このルンバ960の掃除の性能には十分すぎるほど余裕があります。
また、マンションのため、夜に掃除をするのがためらわれます。ルンバですと、タイマー予約ができるため、昼間、家人の不在時に掃除をしておいてくれます。この機能は我が家にとって、うってつけでした。主人の在宅時に気兼ねをしながら掃除をする必要もないです。
また、マンションは段差の少ないワンフロアなので、ルンバ960が一筆書きで掃除ができる好条件です。ドアの床に8ミリ程度のサンの段差がありますが、1センチくらいなら乗り越えられると説明も受けて、購入に至りました。

ルンバ960

ルンバはタイヤがしっかりしているため、少々の段差なら乗り上げるパワーがあります。

理由③ カーペットと絨毯が我が家にないため、ルンバ960にしました。

ルンバ960の上位機種にルンバ980があります。定価で+38000円ほどの差があります。ルンバ980はカーペットブーストがついていますが、我が家にはカーペットも絨毯もありませんので、ルンバ960を選ぶことになりました。

iRobotルンバのおすすめ掃除機2選! ルンバ960、ルンバ980、そして参考にルンバ780

ルンバ960

仕様 アイロボット社はルンバ960のフローリング上での稼働時間は最大75分ととしています。その広さ、稼働面積は最大で112畳(185㎡)と言うことです。かなり広いお宅を思い浮かべますね。スマホからルンバの清掃をスケジュールすることもできます。残念ながら日本ではまだ外出先から遠隔操作を行うことは認められていません。バーチャルウォールは1個ついています。

特徴 700シリーズとカーペットの上で稼働し、比較したゴミ除去量は約1.5倍です。

価格 : 82800円
デザイン:
総合評価:
機能性:
コスパ:

ルンバ980

仕様 フローリング上での稼働時間は最大120分です。稼働面積は最大で112畳(185㎡)とされています。

特徴 カーペットの上での掃除をルンバの700シリーズと比較したゴミ除去量は約2倍です。ルンバ960の上位モデルです。ルンバ960がルンバ700シリーズの1.5倍ですが、さらに多い量を掃除できますね。

ルンバ980はアイロボットが「家中のフロアを掃除できる」とうたうフラッグシップモデルです。カーペットブーストが付いているので、カーペットのあるお宅には特におすすめです。アイロボットは「ルンバ史上最高の清掃力」とも言っています。
バーチャルウォールが2個ついています。

価格 : 107980円
デザイン:
総合評価:
機能性:
コスパ:

参考

ルンバ770

仕様 フローリング上での稼働時間最大60分とされています。バーチャルウォールは2個ついています。

特徴 ルンバ960,980はスマホからスケジュールを設定できますが、こちらはリモコンからの設定が可能です。


画像をクリックするとAmazonに移動します

まとめ マンションならお値打ちなルンバ960がおすすめ、カーペットがある家ならルンバ980がおすすめです。

ルンバ960がやってきて「家がきれいになったなあ」と帰宅した主人が何回か言っていました。私が掃除をするよりもルンバ960が掃除をした方が家中がきれいになるんです。本当に感動ものです。
我が家に賢いペットがやってきたようであり、毎日掃除をしきれいにしてくれて、楽しい日々はまだまだ続きそうです。
アプリではルンバに名前をつけることができます。我が家ではまだ「ルンバ」のままですが、購入した際は是非、ぴったりの名前をつけてあげてくださいね。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Written By
hanahana8787

このカテゴリのおすすめ記事

スポンサー

この記事に似ている記事

    スポンサー