Logo家電BOAT
空気清浄機とフィルターの寿命は何年?症状や買い替え時期を紹介!

目次

空気清浄機の寿命について

空気清浄機の寿命について気になることはあまりないかもしれません。ですが、近年の花粉やインフルエンザウイルス、そしてPM2.5対策など空気清浄機の活躍が期待されることは増えるばかりではないでしょうか。そんな時、自身で使われている空気清浄機が寿命で効果を発揮していなかったら悲しいですよね。
ですので、この記事では、空気清浄機の『寿命』について徹底解説をし、読者の皆様によりよい空気清浄機ライフを送っていただきたく思っております。

寿命のほかに空気清浄機のおすすめの『買い替え時期』も紹介しておりますので、「今使っている空気清浄機は寿命かな?新しい空気清浄機を欲しい!」なんて思われている人は参考にしてみてくださいね。

空気清浄機の寿命は平均何年?

正式の法定耐用年数は6年と言われていますが、実際6年以上、更に10年以上を使っている方も多くいらっしゃいます。

やはり、空気清浄機にとって、肝心な部品のフィルターが一番の原因になっていますね。一般の使用環境の条件で、フィルターの寿命は約10年です。フィルターを新品に交換をすれば、空気清浄機本体の寿命も延び、10年以上使い続けられる可能性があります。ですから、空気清浄機の平均寿命が10年と言われています

普段花粉やホコリ、タバコなどを吸い込んでる空気清浄機を、長持ちさせたい場合は、定期的にフィルター掃除のお手入れをすると、寿命がより長く使えることができます。

空気清浄機の寿命を判断する症状やサイン

空気清浄機 寿命

寿命を判断する症状①空気清浄機から異臭がする

空気中のホコリや汚れを取るための空気清浄機は、毎日運転をし続け、ある程度の時間が経ったら、逆に部屋中に異臭が充満してしまうことも珍しくありません。

原因はフィルターの中でカビと菌が繁殖していることです。カビにとって、繁殖しやすい条件は水分と汚れです、まさにフィルターがその条件を持っています。

空気清浄機からの異臭とカビの繁殖を防止するため、しっかりお手入れをしたほうがいいと思います。それによって体の健康を保つこともできると思います。

寿命を判断する症状②空気中のホコリや汚れが取れなくなって来た

空気清浄機の役目は、ニオイより、ホコリと汚れを取ることだと思います。ホコリと汚れを吸い込めば、先ず体の健康を守れます。

ホコリと汚れが取れなくなって来た場合は、フィルターの詰まりと、吸い込み口の詰まりの二つが原因になっています。先ず両方をしっかり掃除をしましょう。もしそれでもダメな場合は、もう空気清浄機の寿命ですね。早めに買い替えを進めたほうがいいでしょう。

寿命を判断する症状③空気中のニオイが取れなくなって来た

空気清浄機が寿命になって来た時、ホコリや汚れより、最初に感じたのは、ニオイが取れにくくなってくることだと思います

恐らく、フィルターが既に寿命の可能性が高いです。一度フィルターの掃除をしましょう。掃除してもダメな場合は、フィルターの交換を検討したほうが良いです。

寿命を判断する症状④運転しない

最後に、一番わかりやすい寿命を知らせるサインといえば、不作動があげられます。空気清浄機の電源をいれても運転しない。これはもう寿命です。買い替えか、修理に出すことをおすすめします。

但し、必ずしも寿命とは限らず、一度電源が抜けていないか、フィルターの部分脱落していないか、確認をしてみましょう。

次のページ : 空気清浄機のフィルターの寿命は?
前へ
1 / 3次へ

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Small 20171227033221
Written By
KOU
台湾出身の24歳です。日本語はまだまだ勉強中です。よろしくお願いいたします。

このカテゴリのおすすめ記事

スポンサー

この記事に似ている記事

スポンサー