Logo家電BOAT
バイオ式・乾燥式生ゴミ処理機に入れてはいけないものを徹底解説!

目次

はじめに

ごみの処理は自治体が収集し処理まで行っていますが、増加傾向にあり、自治体は頭を悩ましています。特に生ごみは80%が水分で、重量があるため、運搬や焼却にコストが多くかかっています。

自治体では、コンポストや生ごみ処理機の利用を勧めて、協力者に補助金を出すところも少なくありません。こうした背景があって、生ごみ処理機は着実に普及してきています。

ここでは、生ごみ処理機の種類と処理の仕方、および各生ごみ処理機の長所と短所を解説し、生ごみ処理機に入れてはいけないものについて言及します。

生ごみ処理機の機能と種類

生ごみ処理機は、生ごみの減量化を行う機械で、合わせて生ごみの汚臭を消す働きもします。生ごみの減量化を行うために、三つの方法があります。

乾燥式とバイオ式およびバイオ式と乾燥式を組み合わせたハイブリッド式です。乾燥式は加熱による温風で生ごみ中の水分を蒸発させる方式です。バイオ式は、微生物が生ごみの有機物を酸化分解して堆肥を作る作用を利用します。ハイブリッド式はバイオ式に温風を加えて微生物の働きを促進させるものです。

ハイブリッド式は、基本はバイオ式なので、大きくは、乾燥式とバイオ式の二つに分類されるといってよいでしょう。乾燥式は生ごみを除去する方式であり、バイオ式は微生物により生ごみを積極的に活用する方式であるといえます・

生ごみ処理機購入に対する自治体の補助金

多くの自治体では、ごみの減量化に補助金を出しています。生ごみ処理機の購入において自治体に申請を出すことによって補助金がもらえます。補助金制度の有無、補助金の対象になる期間、対象の生ごみ処理機、補助金の金額は、自治体によって異なります。

各自治体に問い合わせて、自分で申請することになります。生ごみ処理機という機械ばかりでなく、コンポストと呼ばれる、密閉容器に生ごみを入れて、放置または土中に埋めて堆肥を作る場合にも補助金を出す自治体もあります。また、申請を購入前に出すところもありますから、購入前から自治体に問い合わせると失敗がないでしょう。

生ゴミ処理機の2種類のタイプについて

乾燥式とバイオ式の2種類タイプの生ごみ処理機について詳述しましょう。

乾燥式生ごみ処理機

乾燥式生ごみ処理機は、ヒーターにより温風を発生させて、生ごみに当てて乾燥させる仕組みです。生ごみを攪拌し破砕させる可動部材が付いています。温度をかけて乾燥させますので、生ごみとは違った異臭が出てきます。活性炭の脱臭装置は付いていますが、完全ではありません。

生ごみの水分を蒸発させますのでかなりの温度が必要で、乾燥のための電気代がかかります。モーター音が大きいのが欠点です。大きさは比較的小さく、屋内設置型で、台所に置けます。処理時間は、生ごみの量によりますが、連続稼働で2~4時間くらいで、ごみ処理の時間としては短い方です。

機械としては、スイッチを入れるだけで、終了時は自動で止まり、後処理の手間がありません。生ごみは容器内で黒焦げの残骸になりますから、それを燃えるごみとして捨てればよいです。容量的には元の生ごみの7分の1くらいになります。黒焦げ残骸を砕いて灰として肥料にすることもできます。価格は数万円で、補助金をもらえると入手しやすい金額です。

乾燥式生ごみ処理機

バイオ式生ごみ処理機

バイオ式生ごみ処理機においては、バイオ剤と呼ぶ、微生物を含んだ土の上に生ごみを置いてバイオ剤を攪拌しますと、微生物が生ごみの有機物を分解させます。有機物は最終的に二酸化炭素と水に分解されます。微生物が活動しやすい環境にする、温度と水分が必要です。

微生物が生ごみの有機物を分解させた後のバイオ剤は、そのまま堆肥として利用できます。機械としては、攪拌機構を有します。水分量のチェックに水分センサーがあります。堆肥になるのが速いのが長所です。コンポストの堆肥よりもずっと早く堆肥として使えます。

電気代は攪拌作用の分だけですので、多くはかかりません。短所は、バイオ剤が入るために機械が大きく、重くなります。また、微生物が分解を行う際に臭いが発生します。さらに、分解が終わった後のバイオ剤を堆肥として処理する必要があります。したがって、機械を屋外に置くことになります。価格面では高いのも短所です。
バイオ式の発展形としてハイブリッド式があります。ハイブリッド式は、ヒーターにより50℃くらいの温度にして微生物の活動を活性化させます。有機物の分解が速いため、バイオ式よりも臭いがなく、また、有機物の分解がほぼ完全に進むために残りがなく、終わった後の処理の手間がかかりません。

屋内設置が可能です。電気代は加熱ヒーターの分だけバイオ式よりはかかりますが、低温ヒーターですから乾燥式よりは多くかかりません。短所は、価格が10万円上で、高いことと、バイオ式と同様に機械が大きいことが挙げられます。

生ごみ堆肥化容器の断面

生ごみ処理機に入れてはいけないもの

生ごみ処理機には、基本的には生ごみ以外は入れないことです。
生ごみであっても堅いものは不可です。機械の容器、部材が破損する恐れがあります。

堅いものとは、動物食品の骨、貝殻、カニの殻、果物の種があります。

魚の頭や骨で余程大きいものは入れないことです。
油、石油類、アルコール類は、乾燥式では引火の恐れがあり、バイオ式では微生物の活動を阻害しますので、入れてはいけません。
タバコ、ビニール、プラスチック、金属等の無機物、紙、繊維、木片、陶磁器も不可です。分解できません。
薬品あるいは洗剤は、元々不要ですから入れないでしょうが、特にバイオ式では微生物が活動できなくなりますから不可です。

生ごみ処理機の取扱説明書通りの使用にしないと危険であり、機械を壊しますから注意が必要です。

まとめ

生ごみ処理機の購入にあたって、どのタイプが適当かという選択をしなければなりませんが、屋内に置けるタイプの方が使いやすいでしょう。そうなると、乾燥式か、バイオ式のハイブリッド式になりますが、性能面ではハイブリッド式が勝ります。大きく高価であることに抵抗を感じる方は、乾燥式になります。

乾燥式でも十分役に立つといえます。生ごみ処理機を家庭に導入することにより、毎日の生ごみの廃棄の仕方が変わり、臭気の面でも衛生的な面でもかなり改善することが見込まれます。屋内用の小型の機械が市販されてきていますから、台所に置いて使いこなしていくのも生活の変化の一つといえるでしょう。

前へ
1 / 1
次へ

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Small bb9b808f 3b7d 4352 af44 f93aa66e5927
Written By
花透 PEACE43
家電情報を提供するライターです
家電の選択・購入あるいは使用のための情報を整理して、皆様がご覧のなれるように提供します。よろしくお願いいたします。

この記事に似ている記事

スポンサー