赤ちゃんへのドライヤーはいつから使うべき?音が好きでも危険!

目次

赤ちゃんとドライヤー

髪の毛を乾かす場合に使用するドライヤーは、子どもから大人まで使っている人が多いと思います。

お風呂上りにドライヤーを使用する以外に、髪の毛のスタイリング時にも使う人も居ることから、家庭に1台はあるのではないでしょうか?        
  

                

子どもが使えるのなら、赤ちゃんも使えるのではないだろうか?

そもそも赤ちゃんの時にドライヤーなんて使った事ないけどどうなの?

やっぱり家電だから赤ちゃんに使ってはいけないのだろうか?

                                                                                       

赤ちゃんにドライヤーなんて使った記憶なんてないですよね?

中には、赤ちゃんにドライヤーを使った事あるし、使っています。という人も居ると思いますが、髪の毛が比較的少なく、乾くのが速い印象があり、敏感な赤ちゃんにドライヤーは必要なのか?と疑問を抱きますよね。

ですのでこの記事では、赤ちゃんにドライヤーを使用するのが危険な理由や赤ちゃんはドライヤーの必要はない理由、赤ちゃんにドライヤーを使いたい場合と対処法と赤ちゃんのドライヤーデビューはいつからなのか?ドライヤーの音が嫌いな赤ちゃんがいれば好きな赤ちゃんもいる、などご紹介したいと思いますので、ご参考にしていただけたらと思います。

赤ちゃんへのドライヤーが危険な理由

 
『赤ちゃん』『ドライヤー』『いつから』『音』

理由① やけど

赤ちゃんの皮膚は薄いため、刺激を与えやすいため、やけどをさせてしまう可能性が高いです。

また、使い終わったドライヤーは熱を持っているので、赤ちゃんが触ってしまっては危険です。

ですので、必ず赤ちゃんの手の届かない場所に置くようにしましょう。

引用元:https://hugooo.jp/eight-months/post-19204.html

理由② コード

ドライヤーに限らずですが、使った後のドライヤーを冷ますために机や台の上に置いておく人も多いと思います。

いくら赤ちゃんの手の届かない場所にドライヤーを置いているからといって、コードが下に落ちていては意味がありません。

よく動き、何でも口にいれてしまう赤ちゃんが、コードを見つけて触ったり口に入れたりした場合には、コードが赤ちゃんに絡まってしまったり、最悪の場合は首に絡まったりします。

それに感電してしまう場合もあるので、必ずコードもきちんと手の届かない場所に置きましょう。

理由③怖がる

ドライヤーを使用しても大丈夫な時期でも、赤ちゃんが怖がれば使用するのはやめましょう。

無理にドライヤーを使用すると、大きくなってもドライヤーを怖がってしまいます。

音も大きいドライヤーですので、赤ちゃんの様子を見ながら使用するようにしましょう。

赤ちゃんへのドライヤーは必要無い

赤ちゃんそれぞれ髪の量は異なりますが、赤ちゃんの髪の毛は少なくやわらかい毛質ですので、基本的にタオルドライで十分乾かすことができるので、ドライヤーの必要はありません。

また、髪の毛の量が多いと言われる赤ちゃんもタオルドライでしっかりと乾かす事ができますので基本的にドライヤーの必要はありません。

次のページ : どうしても赤ちゃんにドライヤーを使いたい時と対処法
前へ
1 / 3次へ

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Small 20e79f82 0430 47e7 9539 2ea40e12659b
Written By
x. Cheyon
皆様の検討・比較に役に立ってもらえる様な記事執筆を心掛けています。
色々な記事を執筆させて頂いています。皆様にとって「知りたかった事!」「知っていてタメになった!」と思ってもらえるように頑張りたいと思いますので宜しくお願いします。

このカテゴリのおすすめ記事

スポンサー

この記事に似ている記事

スポンサー